5αリダクターゼの役割と抑制する方法~食事やサプリ・薬の使用法~

5αリダクターゼ 抑制

5αリダクターゼを抑える事は、AGAを予防し薄毛の進行を止める効果が期待できます。

ご存知の方も多いかと思いますが、AGAの原因であるDHTは5αリダクターゼによって作られるので、5αリダクターゼを抑える事が出来れば、AGAを改善できる可能性があるということになります。

今回は、5αリダクターゼの抑え方はもちろん、役割や仕組み等もご紹介していきます。

5αリダクターゼを抑えて、薄毛の恐怖とおさらばしてしまいましょう。

1.5αリダクターゼとは

5αリダクターゼとは、体内で生成される酵素であり、遊離テストステロンと反応しDHT(ジヒドロテストステロン)という、AGAの原因物質を作り出します。

5αリダクターゼは、ある意味AGAの原因でもあるので、5αリダクターゼを抑制することができれば、AGAの症状を改善することができます。

5αリダクターゼには、次の2つのタイプがあります。

  • 5αリダクターゼⅠ型
  • 5αリダクターゼⅡ型

5αリダクターゼⅠ型

5αリダクターゼⅠ型は、皮脂腺にある5αリダクターゼになります。

Ⅰ型の5αリダクターゼが多いと、皮脂の分泌が多くなってしまうため、油っぽい体質になってしまい、ニキビや肌荒れの原因にもなります。

そのため、AGAには大きく影響しないと考えられています。

5αリダクターゼⅡ型

5αリダクターゼⅡ型は、毛乳頭にある5αリダクターゼになります。

Ⅱ型の5αリダクターゼが多いと、毛が濃くなったり身体の毛が多くなったりします。ただ、テストステロンと反応しDHTになることで、毛根を攻撃してしまう原因にもなります。

5αリダクターゼⅡ型は、AGAに大きく関係していると考えられ、AGA治療ではこのⅡ型の量を抑える事からはじまります。

5αリダクターゼⅠ型と5αリダクターゼⅡ型の場所の違い

Ⅰ型とⅡ型は下記の図の位置にあります。

5α location

2.5αリダクターゼの役割とメカニズム

5αリダクターゼがAGAの原因と聞くと、身体にとって余計なものの気もしてきますが、必要な役割も果たしています。

これから、5αリダクターゼの役割と分泌されるメカニズムについてご紹介していきます。

5αリダクターゼの役割

5αリダクターゼは、テストステロンと反応しDHTを作り出しますが、男性の性器等はこのDHTによって作られます。

また、テストステロンが男性の筋力や骨格等を作り出す役割をしているのですが、テストステロンが足りなくなると、DHTを作り出しその働きを補助しています。

大事な成分なのに抑えて大丈夫?

AGA対策で5αリダクターゼを抑える場合、必要以上のものを抑えるだけですので、専門医の指導の下行うか、食事やサプリによる抑制をする程度であれば問題ありません。

5αリダクターゼが分泌されるメカニズム

5αリダクターゼは、優性遺伝子と言われ、父方や母方に関係なく活性な遺伝子を持っていれば、子供に遺伝します。

つまり、5αリダクターゼが分泌される量は、遺伝によって決まります。

「ハゲは遺伝する」というのは、あながち嘘ではないということでもあります。

3.5αリダクターゼの抑える3つの方法

5αリダクターゼを抑制する方法は、大きく次の3つが挙げられます。

3tunoyokuseihouhou

抑制方法1.食事を使った抑制

5αリダクターゼを抑制する成分の中で、食事で取れるものは亜鉛やアロイン、イソフラボンが挙げられます。

牛乳 アロエ 豆腐

亜鉛は、しじみ、豚レバー、卵黄、納豆、牛乳等に含まれ、普通に食事をしていれば、不足することはないと言われています。ただ、亜鉛に関しては適量あることがベストであり、亜鉛の量が増えたからといって、DHTが抑制されるわけではありません。

アロインは、アロエに含まれている成分なので、アロエを食べる必要があります。

イソフラボンは、大豆食品に含まれているので、納豆や豆腐、豆乳を食べることで摂取できます。

抑制方法2.サプリを使った抑制

サプリメント

食事で取れるものもサプリを使って摂取することが出来ますが、サプリでしか摂取できないものもあります。

それが、ノコギリヤシやオウゴンエキス、キャビキシルになります。

こういった成分はサプリでしか取ることが出来ませんが、その分効果も高いです。

抑制方法3.薬を使った抑制

薬で取れる成分では、フィナステリドやデュタステリドが有名です。

フィナステリドはプロペシア、デュタステリドはザガーロで摂取することが出来ます。

プロペシア剤 ザガーロ剤

AGA治療は、なんと言っても薬を使用することが最も効果的で、経済的にもお得です。特別な事情がない限りは、こうした専門の薬を利用して、5αリダクターゼを抑制することをおすすめします。

プロペシアとザガーロについての詳細は下記の記事で紹介しています。
「AGA治療の鉄板プロペシア!その効果と範囲、副作用を徹底解説」

「M字薄毛の悩み解決!AGA治療薬【ザガーロ】の効果とは」

プロペシアは個人で購入しない

プロペシアは個人で購入することも出来ますが、必ず専門医の診断を受け使用するようにして下さい。

副作用のリスクがあるので、個人の判断で使用することは危険です。

4.5αリダクターゼ以外の薄毛対策

5αリダクターゼの抑制以外で薄毛対策をするのであれば、頭皮の血行促進が最も効果的です。

市販の育毛剤ではリアップが効果的で、リアップに含まれているミノキシジルという成分が血行促進を促してくれます。

医薬品にもミノキシジルを含む育毛剤はありますし、ミノキシジルタブレットという飲み薬もあります。

AGA治療の鉄板は、先ほどご紹介したプロペシアとミノキシジルを使ったものになります。

本気で薄毛対策を考えるのであれば、専門医指導の下、まずはこの5つを試してみることをおすすめします。

5.まとめ

5αリダクターゼを抑えることは、DHTを抑える事に繋がり薄毛対策をすることができます。

食事やサプリで気をつける程度であれば良いですが、薬を使って本格的な対応をとる場合は、必ず専門医指導の下行うようにしましょう。

また、AGAが進行し始めてからは、なかなか薬を使わない対策と言うのは難しいので、AGA専門のクリニックを受診することをおすすめします。