AGAの原因は睡眠不足かも!?睡眠と育毛の関係とは

大人になるにつれて寝る時間が遅くなったり、睡眠時間が短くなる人も多いと思いますが、抜け毛の不安などを考えると、ストレスを減らすために安定した睡眠を取りたくなりますよね。

睡眠中は髪の毛を育てるための大事な時間でもあり、睡眠不足になると髪が育つための栄養も不足してAGAが発症しやすくなります。

今回の記事では睡眠と育毛の関係や、AGAの発症を防ぐための睡眠方法などを紹介していきます。

睡眠と育毛の関係が理解できれば、薄毛の悩みも改善できるかもしれませんよ!

1.睡眠中は髪の毛が育つ時間帯!

睡眠中は、髪の毛を育てる役割を持つ成長ホルモンが分泌される時間帯なんです!

薄毛の原因がストレスかもと思う人は睡眠時間をしっかり確保して改善していく必要があります!

睡眠中の30分~3時間が深い眠りに入る時間帯で、この深い眠りに入っている間に成長ホルモンが大きく分泌されると言われています。

睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されにくくなって、更にストレスも溜まって血流が悪くなります。

髪の毛を育てる栄養は血液によって運ばれますので、血流が悪くなってしまうと栄養が毛根に行き届かなくなりAGAになってしまう恐れが出てくるのです…。

2.睡眠は何時間とればいいの?

寝れば寝るほど発毛が期待できるというわけではありませんが、睡眠不足によるストレスの影響が出ないように睡眠時間は最低6時間以上、忙しい人にとっては厳しいかもしれませんが8時間くらい睡眠がとれれば良いと言われています。

もちろん眠りの深さも重要なポイントです。

運動して疲れた身体と、運動せず食べてすぐに眠るような生活とでは、眠りの深さも違い、長時間眠っても逆に疲れてしまう可能性もあるので、睡眠の長さと質を意識すると良いでしょう。

3.こんな睡眠はAGAにつながりやすい!?

睡眠時間が確保できたとしても、髪の毛を育てる成長ホルモンが分泌されにくくなってAGAにつながる可能性があります!

AGAになってしまうとこのような症状が起きてしまいます。
「初期症状に気付いてる?AGAの3つのタイプと進行パターン」

睡眠中の成長ホルモンは髪以外にも働きかける!

睡眠中の成長ホルモンは髪の毛以外にも働きかけますので体調管理には注意が必要になります!

髪の毛は生命に関わるような部分ではないことにより、目が疲れていたり、肝臓が弱ったりすると、それらの回復を優先して成長ホルモンが働きかけるようになって、髪の毛が成長しにくくなります。

運動不足だと深い眠りに入れない?

成長ホルモンは、ぐっすりと深い眠りに入ることで分泌されるため、運動不足などで体にほどよい疲れが無い状態では深い眠りには入れず、髪も成長しにくくなります。

また、夜にカフェインを摂ったり、寝る前に携帯電話の画面を見たりしても深い眠りに入りにくくなると言われています。

深い眠りに入れない場合、長時間睡眠をとっても疲れがとれにくくなりますので注意が必要です。

4.忙しい人への2つのアドバイス

睡眠不足の改善方法が理解できたとしても、忙しくて理想の睡眠が取れない人はけっこういると思います。

そんな人たちがAGAになってしまわないように2つのアドバイスを書いていきますね。

遅くても0時には睡眠を!

深い眠りにつきやすい時間というものがあります。

人間の身体は深夜3~5時を境に深い眠りにつきにくくなると言われています。

つまりその前に寝付くことで深い眠りに入りやすいとも言えます。

寝付き始めてから3時間の間は成長ホルモンの分泌量が多いと言われていますので、その時間帯が深夜3~5時の間と被らないように、遅くても0時には就寝するよう心がけましょう。

睡眠不足でもイライラしないこと!

睡眠不足になるとイライラしやすくなりますが、イライラすると血流が悪化して発毛しにくくなってしまいます!

イライラは体に余計にストレスが加わるだけでなく、他人にも迷惑をかけてしまいます。

イライラしてしまった時は深呼吸をして気持ちを落ち着かせてみてください。

5.まとめ

今回は睡眠不足とAGAの関係性について書かせていただきました。

AGAは治療薬などを使用しなくても、生活習慣の改善だけで治せる可能性もありますので、まずは髪を成長させるために重要になっていく睡眠時間の確保からしてみるのはいかがでしょうか。