AGAの原因は喫煙かも!?タバコと薄毛の3つの関係性とは

AGA 原因 喫煙

一日にタバコを何十本も吸ってしまう人は、体に良くないとわかっていても簡単にはやめることができませんよね。

薄毛に悩む成人男性は3人に1人と言われ、その原因は遺伝ストレスなどいろいろありますが、実は喫煙もAGAの原因と大きく関係しています!

今回の記事では、喫煙がAGAの発症につながる原因や、喫煙しない人にも注意が必要となるタバコの危険性について書いていきます。

喫煙とAGAの関係性が理解できれば、薄毛で悩んでいる男性だけでなく、将来の薄毛が心配な男性もAGA対策をキッカケにタバコをやめられるかもしれませんよ!

1. 喫煙が原因でAGAに!?

AGA 原因 喫煙1

最初にも説明しましたが、AGAの原因は遺伝やストレスなど、いろいろありますので喫煙が決定的な原因とは言いきれません。

しかし喫煙には、以下の3つのようなAGAとの大きな関係性があります。

1-1.AGAの原因となる男性ホルモンが増えてしまう

喫煙は、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを増やしてしまうと言われています。

ハーバード大学の公衆衛生学部では、中年男性およそ1200人を対象に喫煙者と非喫煙者の男性ホルモンの量を調査したところ、喫煙者は非喫煙者よりDHTが13%も増加していることがわかったそうです。

このDHTは成人男性にとっては、頭部の脱毛に大きく影響する恐ろしい男性ホルモンであり、AGAの治療をしている多くの人がDHTを抑えるための治療薬を飲んでいます。

DHTについての詳しいことはこちらの記事に書いてありますので、参考にしてみてください
薄毛はDHTが原因!DHTで薄毛になるメカニズムと抑制方法

1-2.タバコは血流を悪くしてしまう

タバコに含まれるニコチンは、体内に入ると自律神経を刺激して血管が収縮され、血流を悪くしてしまうと言われています。

髪の毛を育てる栄養は血流によって頭部へと運ばれて行きますので、血流が悪くなってしまうと栄養が十分に行き渡らなくなって、髪の毛が発毛しにくくなってしまうのです。

血行不良に関してはこちらの記事にも記載していますので興味があればぜひ。
男性でも油断禁物!血行不良になる原因を徹底解明

1-3.タバコはアミノ酸も消費してしまう

タバコには髪の毛を作り上げるために必要なアミノ酸の一つであるシスチンを大量消費してしまう作用もあります。

血行不良を改善する薬を使用したとしても、髪の毛を育てるためのアミノ酸が不足してしまったら発毛はしませんよね…

2.喫煙しない人にも注意が必要!?

AGA 原因 喫煙2

これまでの内容ですと、喫煙しない人にとっては何も関係のない記事のように感じるかもしれませんが、実は喫煙しない人もタバコの煙には注意をしなくてはなりません!

喫煙者が口から出した煙や、タバコの先端部分から出る煙は副流煙と言うのですが、この副流煙は喫煙者がタバコで吸う煙よりも有害物質の濃度が非常に高いと言われています。

つまり喫煙しない人も、家族や会社の人などでタバコを頻繁に吸う人が近くにいると、その煙を貰ってしまい喫煙者以上にAGAの発症につながる可能性が出てきてしまうのです!

喫煙席での接待などの場合は仕方ないかもしれませんが、タバコを吸わない人は喫煙中の人にはなるべく近寄らないことをおすすめします。

3.禁煙ができるなら禁煙を!

AGA 原因 喫煙3

喫煙はAGAを発症するいろいろな原因を作ってしまいますので、禁煙ができるのであれば禁煙することをおすすめします

しかし、タバコをやめることでイライラやストレスが溜まってしまうと、それはそれで血流の悪化などで発毛を妨げてしまう恐れが出てきます…

なかなか難しい問題ではありますが、禁煙は目的を持って行うのが良いかもしれません。

例えば、1日で1箱450円のタバコを使い切る人が30日分我慢すれば、13,500円使わずに済むことになります。

そのお金で美味しいものを食べたり、どこかに出かけたりなど、楽しみな目的を考えていけば、ストレスを溜めずに禁煙ができるかもしれませんよ。

~タバコをやめれば良いことがたくさん~

タバコをやめることで、AGAになる原因を防げるだけでなく、朝の目覚めが爽やかになったり、肌の調子も良くなります!

洋服や部屋のタバコの臭いも消えて、タバコによる口臭もなくなるので、自分の健康だけでなく周りにも迷惑がかかりません

禁煙を開始したもののストレスを感じて辛くなってしまった時は、禁煙して健康になった姿を想像してみれば、まだまだ頑張れると思いますよ!

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

喫煙はDHTの増加による脱毛と、血行不良などによる発毛の妨げになる原因を作ってしまいます。

AGAの治療薬などを使用しても喫煙により薄毛が改善されない可能性も出てきますので、やはり禁煙ができると一番良いですね。

禁煙は大きな目的がないと簡単にはできないものかもしれませんが、AGAを治療したいという気持ちが強くなればきっと禁煙できると思いますよ!