AGA対策はこれで完璧!AGAの原因とタイプ別対策方法のまとめ

薄毛が気になってくると、「周りに気づかれる前に何とかしたい!」と思うのが人の性ですよね。

AGAかも?と思うのは、髪質が変化したり、抜け毛が増えたりで自分で気づくパターンか恋人や親友に「最近薄くなったんじゃない?w」といじられたタイミングがほとんどのようです。

この段階であれば、まだ薄毛だと気づかれる前なので、誰にも知られることなく、十分な対策をとることができますし、事前に対策できればそれこそ完璧になります。

そこで今回は、AGAの対策方法を自宅で簡単にできるものから、薬を使った方法まで、すべてご紹介します。

AGA対策はスピードが命です。気になった時が実行する一番のタイミングと言えます。

0.AGAかな?と思った時の一番の対策

AGAかな?と思ったときの一番の対策は、AGA専門のクリニックに行く事になります。

ネットや本で情報を集めたり、人気のシャンプーや育毛剤、サプリを使って自分1人で解決することもできますが、自分の今の状況を正確に知り、専門家に相談しながら対策する事が最も確実で早いAGA対策になります。

今回は、AGAのチェック方法~対策まで、AGA専門のクリニックに行かなくてもできる方法を多数ご紹介していきますが、

  • そもそもクリニックがない
  • クリニックに行く時間がない

という方以外は、迷わず専門のクリニックに行く事をおすすめします。

専門のクリニックはそれなりの費用が掛かりますが、「薄毛⇒髪の毛が生える」という印象が「薄くならない」という印象に変わることを考えたら、安い金額と言えるのではないでしょうか?

また、自分で対策するにしても、完璧にやろうと思うと、クリニックに通うのと同じくらいの費用が掛かってしまいます。

詳しい治療費については「1万円もいりません!意外に安いクリニックのAGA治療費」を参考にしてみてください。

1.AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という生理現象になります。

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが、毛根を攻撃することで起こる脱毛症で、薄毛に悩む男性の約9割がAGAと言われています。

ですので、AGAは数ある脱毛症の1種という事になります。

usuge gennin

2.薄毛とAGAの仕組み

ここからは、AGAと薄毛の仕組みについてご紹介していきます。

AGAの対策だけを行って薄毛の対策をしないと、効果が薄れてしまうので、AGA対策では必ず両方の対策をするようにしましょう。

薄毛の仕組み

頭皮の環境を田んぼだと想像してみて下さい。

薄毛に悩む男性は、左のように土が固く乾燥しており、栄養素が稲に届かずなかなか育たない状況です。一方で、薄毛に悩んでいない男性の頭皮は、右のように土も稲もすべて潤っているような状況です。

DHT field

土の乾燥度合いは、頭皮の柔らかさを示しており、頭皮が硬いとなかなか栄養素が届きません。

水分量は、血行の流れの良さや栄養素の量を表しており、いくら頭皮が柔らかくても、これがないと髪の毛は育ちません。

稲は、髪の毛を示しており、頭皮が柔らかく血行も良く、多くの栄養素があってはじめて、強く健康な太い髪の毛が生まれます。

AGAの仕組み

AGAは次の図のような仕組みになっています。

aga sikumi

まず、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを作ります。

DHTがアンドロゲンレセプターという頭皮にある遺伝子(受容体)と結びつき、毛根の細胞分裂を阻害することで、脱毛や薄毛を引き起こします。

dht androgen datumou

AGAの原因については、「AGAによる薄毛の原因と対策の総まとめ」で詳しくご紹介しています。

3.まずは基本の薄毛対策

AGAの対策方法の前に、薄毛対策の方法をご紹介していきます。

先ほどもお話しましたが、AGA対策は薄毛対策が基本になるので、まずはできるところからやっていきましょう。

しっかりシャンプーをしよう

薄毛対策は、頭皮環境を整える基本であるシャンプーを改善するとこからはじまります。

男性は女性と比べると、シャンプーを適当にしてしまっている人も少なくないので、正しいシャンプー方法を再度確認するだけでも、頭皮環境の改善に繋がります。

シャンプーをする前に、頭皮をしっかり濡らし、お湯で頭皮の汚れを落としていきます。

heakea3

実は、たったこれだけで頭皮の汚れの8割前後を落とすことができます。

その後シャンプーに入ります。髪の毛の長さによって時間は多少変化しますが、シャンプーをつけてから1分弱で洗い流すようにしましょう。(それ以上つけてしまうと、逆に頭皮を傷める可能性があります)

heakea6

シャンプーは頭皮ケア用のシャンプーを使うのが理想ですが、男性用のシャンプーであれば、無理に高いものにする必要はありません。

市販されている女性向けのシャンプーは、女性用に作られているので、男性にはあまりよくありません。ただ、ヘアケアシャンプーであれば男性・女性関係なく、頭皮や髪の毛に良い成分が詰まっているので、使用して大丈夫です。

シャンプーが終わったら、髪の毛を乾かす前に頭皮マッサージも行いましょう。

髪の毛をドライヤーで乾かす前に、頭皮マッサージをすることで、より頭皮環境をよいものにできます。

heakea8

頭皮マッサージが終わったらドライヤーで髪の毛を乾かしていきますが、8割くらい乾かした後は、自然乾燥させることがポイントです。

シャンプーや頭皮マッサージについては、「薄毛改善!絶対にやってはいけないヘアケアと正しい頭皮ケア」で、おすすめのヘアケアシャンプーについては「AGAを食い止めろ!薄毛対策におすすめのシャンプーは?」を参考にしてみてください。

頭皮に良い食事をこころがけよう

頭皮環境をどれだけ良くしたところで、髪の毛を育てる栄養がなければ元も子もありません。

髪の毛に良い栄養分は、次の5つになります。

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル
  • イソフラボン
  • カプサイシン

これらの入った食事をバランスよく摂ることで、髪の毛にとって適切な栄養素をたくさん得る事ができます。

食事改善

具体的にどんな食事にこれらの成分が入っているかは、「食事からでもAGAは改善できる?AGAの食事による対策」こちらの記事で詳しくご紹介しています。

血行の流れを良くしよう

いくら頭皮環境を良くしたり、髪の毛によい栄養分を吸収しても、その栄養が頭皮まで届かなければ意味がありません。

そこで大事になってくるのが、血行の流れになります。

血行の流れをよくするためには、食事や運動等の生活習慣を改善し、マッサージをすることが基本になります。

肩こり眼精疲労喫煙飲酒等は、血行の流れを阻害してしまう習慣になってしまうので、注意するようにしましょう。

血流の促進

血行の流れをよくする方法については、「男性でも血行不良?原因と改善するための方法」で、血行の流れを悪くしてしまう原因については、「男性でも油断禁物!血行不良になる原因を徹底解明」で詳しくご紹介しているので、参考にしてみてください。

4.いますぐできるAGA対策

ここからは、AGAの対策方法についてご紹介していきます。

「そもそも自分はAGAなのか?」

と疑問をお持ちの方は、「AGAをセルフチェック!~手遅れになる前に正しい頭皮ケアを~」を参考に、AGAかどうかのセルフチェックをしてみてください。

テストステロンを正常な量にする

AGAの原因であるDHTはテストステロンという男性ホルモンによって作られます。

テストステロンそのものは、身体にとって非常に大事なのですが、その量が多すぎたり少なすぎた場合、必要以上のDHTを作ってしまうので、ホルモンバランスを整えることはとても重要です。

ホルモンバランスは、加齢・ストレス・生活習慣で乱れます。

つまり、ホルモンバランスを整えるためには、ストレスを軽減し生活習慣を見直すことが一番になります。

ホルモンバランスの具体的な整え方については、「ホルモンバランスを整えるためには普段の生活を見直そう」でご紹介しています。

また、ストレスについては「男性にも関係大!ホルモンバランスがストレスで崩れる要因と解決方法」、生活習慣については「男性必見!ホルモンバランスに影響する生活習慣と整える方法」でもご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

5αリダクターゼを抑える

5αリダクターゼは、テストステロンをDHTに変化させる酵素であり、これを抑える事は、AGA対策においてもっとも効果のある方法になります。

実際、薬を使ってAGA対策をする場合も、この5αリダクターゼを抑える事が第一目標になります。

5αリダクターゼは食事で抑える事もできますが、サプリメントで抑えてしまうのが最も効率的で効果のある方法になります。

5αリダクターゼを抑える成分は、ノコギリヤシオウゴンエキスキャビキシルですので、これらが入っているサプリを使うようにしましょう。

5αリダクターゼの種類や抑える方法については、「5αリダクターゼの役割と抑制する方法~食事やサプリ・薬の使用法~」を、サプリについては「栄養不足は育毛サプリメントでの摂取がおすすめ!」を参考にしてみてください。

DHTはしっかり排出しよう

DHT(ジヒドロテストステロン)は、生成される前に抑える事が基本ですが、DHTを排出することもできます。

DHTを排出する方法は、次の2つになります。

  • 汗をかいて排出する
  • 尿として排出する

これまでご紹介してきた対策と比べると効果は薄いですが、汗をかくという事はストレスが発散され、代謝や血流もよくなる等、様々な副次的な効果をもたらすので、結果的にAGA対策として効果的と言えます。

DHTの排出方法については、「薬だけじゃない!?DHTを排出する2つの方法とその効果」や「DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制し薄毛の悩みとおさらばする方法」でもご紹介しています。

5.専門のクリニックで受けるAGA対策

ここまでは、個人でできるAGA対策をご紹介してきましたが、ここからは専門のクリニックで受けられるAGA対策をご紹介していきます。

AGA対策で使用する薬は、個人で輸入することもできますが、必ず専門のクリニックで専門家の指導の下利用するようにしてください。

AGAの薬には危険な副作用があり、誤った服用をしてしまうと副作用のリスクが高まってしまいます。

詳しくは「副作用にバイバイ!AGA治療薬の副作用に悩まされない方法とは?」を参考にしてみてください。

プロペシアやザガーロで5αリダクターゼを抑える

プロペシアザガーロは、5αリダクターゼを抑える薬で、AGA対策のスタンダードになります。

5αリダクターゼには、AGAの原因の中心であるⅡ型とそこまで影響しないⅠ型があり、プロペシアはⅡ型のみザガーロは両方を抑える事ができます。

puropesia zagaro

プロペシアについては、「AGA治療の鉄板プロペシア!その効果と範囲、副作用を徹底解説」で、ザガーロについては「M字薄毛の悩み解決!AGA治療薬【ザガーロ】の効果とは」で詳しくご紹介しています。

ミノキシジルタブレットで血行促進

ミノキシジルタブレットには、全身の血行をよくする効果があり、頭皮の血行も良くすることができます。

これにより、頭皮に必要な栄養素をしっかり届けることができるようになります。

minokisiziru

ミノキシジルタブレットについては、「AGAでも髪が生えてくる!ミノキシジルタブレットの効果と副作用」で詳しくご紹介しています。

AGA対策では、プロペシアやザガーロと一緒に、ミノキシジルタブレットを服用するというのが、最も効果の高い治療方法の1つとされています。

頭皮に直接栄養素を届ける

AGA対策の必殺技として、頭皮に直接注射をして栄養素を届けるHARG療法育毛メソセラピーがあります。

HARG療法には、髪の毛の成長を促す成分が多く含まれており、育毛メソセラピーには、AGAを改善する成分が多く含まれています。

これらは、高額な治療費を必要としますが、その分効果や即効性は他の方法とは比べ物にならないものがあります。

HARG療法については、「HARG療法ってどうなの?気になる効果とリスクを徹底調査!」で、育毛メソセラピーについては、「育毛メソセラピーの効果と治療法、副作用を徹底解説」で詳しくご紹介しています。

6.まとめ

AGA対策では次の事が重要になります。

  • 頭皮環境を整える
  • しっかり栄養補給を行う
  • 血行を促進する
  • ホルモンバランスを整える
  • 5αリダクターゼを抑える
  • DHTを排出する

これらを行うために、シャンプーをしっかりしヘアケアを行ったり、健康的な食事やサプリメントを取ったり、運動したり、薬を使っていきます。

AGAは生理現象ですので、きちんとした対策をとれば、十分に対策できる脱毛症になります。