食事からでもAGAは改善できる?AGAの食事による対策

アイキャッチ画像

AGAの治療方法はいくつか種類があり、継続して治療を行わないといけないため、費用もそれなりにかかってしまうと思います…

でも、時間もお金もかけて治療するなら、最大限の効果を発揮させたいところですよね!

今回はAGA治療の効果を最大限にするために、食事による対策を説明していきたいと思います。

いったいどんな食べ物が良くて、どんな栄養素が必要なのか、一緒に学んでいきましょう!

0.栄養バランスの偏りによる薄毛

バランスの良い食事

栄養バランスの偏りは薄毛と関係してきます。

不摂生な食事により栄養素が偏ると、皮脂の分泌が増えたり血行不良を引き起こし、頭皮の環境を悪くします。

その結果、髪の毛に栄養が行き届かなくなり、抜け毛が増えてしまいます。

AGAに直接効果があるわけではありませんが、頭皮環境を整える事こそ、AGA対策の第一歩になります。

AGAに関して詳しく記載した記事はこちらになります。
「AGAによる薄毛の原因と対策の総まとめ」

1.必要な栄養素と食材

頭皮環境の改善に対して有効とされる成分は大きく分けて5つあります

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル
  • イソフラボン
  • カプサイシン

これから1つずつ、その解説とどんな食材に含まれるのかを説明していきたいと思います!

タンパク質

有効とされる成分の中で、タンパク質が一番重要な働きをしています。

…とは言っても、直接タンパク質が髪の毛になるわけではありません。

ここで、とても重要な栄養素、「ケラチン」が登場します。

髪の毛の90%は「ケラチン」というタンパク質で形成されており、この「ケラチン」を形成することが食事で行う対策としては重要になってきます。

しかしこの「ケラチン」、食べ物から摂取できるわけではなく、アミノ酸を摂取することで「ケラチン」が形成されていきます。

では、アミノ酸はどうやって摂取すればいいのでしょう…?

実は、タンパク質を分解することでアミノ酸を摂取することができるのです!

タンパク質をアミノ酸に分解し、再合成することで髪の毛にとって必要な「ケラチン」に変換されていく、というわけです。

イラスト①

じゃあ、がんがんタンパク質を摂取すればいいのかというとそういうわけでもありません。

イラスト②

タンパク質には

  • 動物性タンパク質
  • 植物性タンパク質

の2種類があり、どちらも髪の毛の健康のためには必要なもので、バランスよく摂取することが大切です。

動物性タンパク質を摂取するのに最適な食材は

イラスト③

こんな感じになっており、植物性タンパク質を摂取するのに最適な食材は

イラスト④

このようになっています!

ビタミン類

次はビタミン類です。

ビタミン”類”というだけあって、様々なビタミンがあります。

イラスト⑤

ビタミンAは細胞分裂を正常に行えるようにしてくれるビタミンで、頭皮の乾燥を防ぐ役割もあります。

ビタミンAを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑥

このようになっています!

ビタミンB群は

イラスト⑦

この5つがあります。

  • ビタミンB1

糖質を分解するときの補酵素として働く

  • ビタミンB2

皮膚や髪、爪などの細胞の再生に関わる

  • ビタミンB6

皮脂の過剰分泌を防ぎ、頭皮の炎症を抑えてくれる

  • ビタミンB12

葉酸と協力し、赤血球が正常に分化するのを助ける

  • 葉酸

ビタミンB12と協力し造血を助ける。皮膚を健康にし、免疫力を高める

 

ビタミンB群はタンパク質からアミノ酸を分解してくれる働きがあるので重要なビタミンだと言えます。

ビタミンB群を摂取するのに最適な食材は

イラスト⑧

補足

卵には「アビシン」という成分が含まれており、「アビシン」は髪の毛の成長を妨げる働きがあるため、白身を除いた黄身だけで食べる方が良いです。

ただ、過熱を行うと「アビシン」は無力化するので、火を通して食べるなら大丈夫でしょう。

ビタミンCは抗ストレスホルモンの分泌を促進させ、ストレスを和らげることで頭皮の環境を良くし、なおかつ抗酸化作用があります。

ビタミンCを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑨

ビタミンEにも抗酸化作用があり、血管を広げてくれるので、血行促進効果があります。

ビタミンEを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑩

というような感じになっています。

ミネラル

このミネラルは、アミノ酸からケラチンに再合成する際に必要な栄養素です。

イラスト⑪

ミネラルといってもヨウ素、鉄分、カルシウムなど種類は様々ですが、中でも特に重要なのが亜鉛です。

亜鉛は体内で作り出すことができないので食事で摂取するしか方法はないのですが、AGAの原因でもある5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

男性は亜鉛が不足しがちな傾向にあるので、意識的に亜鉛を摂取すると良いでしょう!

ミネラルを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑫

このようになっています。

イソフラボン

イソフラボンは、大豆に含まれているポリフェノールの一種で、これもAGAの原因である5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

イソフラボンを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑬

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子などに含まれる辛み成分で、血行を良くすることで栄養素を送りやすくする効果があり、イソフラボンと一緒に摂取すると相乗効果があり、より育毛効果があります。

カプサイシンを摂取するのに最適な食材は

イラスト⑭

という感じになっています。

もちろん、どの栄養素も摂取のし過ぎはNGなので、ほどよく食べていきましょうね!

2.飲み物について

飲み物にも髪の毛に良い栄養素が含まれているものがあります。

ポリフェノール

ポリフェノールには抗酸化作用抗炎症作用抗菌作用血行促進作用などがあり、頭皮を健やかに保ってくれる役割があります。

摂取するのならココアなどがおすすめ!

ポリフェノール、ココア

カフェイン

カフェインには利尿作用があり、抜け毛を促進させるジヒドロテストステロンなど身体に不必要な成分を排出することができます。

また、血管を広げる作用もあるので血行が良くなり、栄養素が行き届きやすくなります。

おすすめはコーヒーです!

カフェイン、コーヒー

補足

コーヒーにはヘアサイクルを長くするものと短くするものの両方の成分が含まれているので、薄毛が気になる方は浅煎りのコーヒーにしておくといいでしょう。

カテキン

カテキンには血圧の上昇を抑えてくれる働きがあります。

また、リラックスさせる効果もあり、ストレスの軽減にも効果があります

カテキン摂取には緑茶がおすすめです!

カテキン、緑茶

アルコール

適量であればアルコールは血行促進やリラックスさせる効果があり、抜け毛の予防には効果がありますが、過度の飲酒はアルコール分解のためにアミノ酸が使われてしまい、逆効果になります

3.よくない食品

頭皮にとって良くない食事は大きく分けて

頭皮によくない食品

この2種類です。

糖分の過剰摂取

糖分を過剰摂取することで髪の毛の成長に必要なビタミンB群や亜鉛などが糖分を消化するために使い切られてしまうのです…

高脂肪の食品

カロリーが高いと、血管を詰まり、血流を悪化させ、栄養が行き渡らなくなってしまう可能性があります…

4.食事の効果は?

残念ながら医学的にAGAと食事の関連性が証明されているわけではないですが、様々な栄養素によって抜け毛を防ぐといったサポートの効果があると思われます。

健康的な食事は健康的な身体を作り、メリットはあっても、デメリットはないでしょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

日々のきちんとした食生活で治療のサポートができれば最高ですよね!しっかり気を使ってきた方も、あんまり気を使わなかったという方も、この記事を読んだ今日から、意識して食事を見直してみましょう!