AGA治療の鉄板プロペシア!その効果と範囲、副作用を徹底解説

プロペシア

AGA治療といえばプロペシアというほど、AGA対策では有名な薬です。

実際、AGAについてネットで調べてみても、対策としてプロペシアを進めている記事は多く、「AGA治療相談室」でも初期症状が現れてからのAGA対策にはプロペシアを推奨しています。

そのくらい、AGAに対して効果のある薬ですが、一方で気をつけて使用しないと危険な副作用も多くあります。

そこで今回は、プロペシアとはなんなのかはもちろん、その使用方法や危険性についてもご紹介していきます。

基本的に、全ての男性にプロペシアの使用を推奨していますが、妊活中の男性は使用を控える事をオススメします。

1.プロペシアとは

プロペシアとは、AGAの治療薬であり、AGAの原因である5αリダクターゼⅡ型を抑える効果があります。主な成分はフィナステリドであり、このフィナステリドが5αリダクターゼⅡ型を抑える働きをします。

puropesia

5αリダクターゼは、AGAの原因であるDHTを作り出す酵素で、Ⅰ型Ⅱ型の両方にDHTを作り出す効果がありますが、プロペシアで抑えることの出来るⅡ型が、AGAに大きく関係していると言われています。

2.プロペシアの効果と効能が現れるまでの期間

先ほどもご紹介しましたが、プロペシアにはAGAの原因を作り出す5αリダクターゼⅡ型を抑える効果があります。(Ⅰ型を抑えることはできません。)

これから、実際に服用してから、効果が出るまでの仕組みや期間について詳しくご紹介していきます。

プロペシアの効果(仕組み)

AGAによって薄毛になる前頭部や頭頂部には5αリダクターゼⅡ型が多く発生しています。プロペシアを使って、それを抑えることでDHTの発生を防ぎ、AGA対策をすることができます。

ただ、プロペシアは飲み薬ですので、血流の影響を大きく受けます。

太い血管の多い頭頂部の薄毛に関しては高い効果を期待できますが、毛細血管の多い前頭部には効果が出にくいとされています。(5αリダクターゼそのものは前頭部にも多く存在しています)

特に、AGAになってからの期間が長ければ長いだけその傾向は強く、発症して5年前後経つと薄毛に対して効果がなくなると言われています。

また、プロペシアを服用すると、髪の生え変わりがおきるため、最初のうちは抜け毛が増えるケースもありますが、特に気にする必要はありません。

その辺の不安は、専門医に確認しながら進めていきましょう。

効果が出るまでの期間

プロペシアを服用し、実際に効果を体感するまでは、3,4ヶ月~1年ほどかかると言われています。

プロペシアは短期間で効果のでる薬ではなく、長期間飲み続けて初めて効果の出る薬と言えます。

3.プロペシアの副作用

ここからはプロペシアを飲むことで起きる副作用についてご紹介していきます。

プロペシアによる副作用は、主に次の2つになります。

  • 性欲減退
  • 勃起機能の低下

ただこの2つの副作用が発症する確立は極めて低く、性欲減退が1.8%、勃起機能不全が1.3%になります。

その他のものは、プラシーボ(プラセボ)効果によるものがほとんどです。

要は、「プロペシアの副作用で性欲がなくなってしまう…」と思い込んで薬を飲むうちに、性欲がなくなってしまったという状態です。(単なる思い込みです。。。)

プロペシアの副作用で最も気をつけるべき点は、この思い込みによるプラシーボ効果になります。

他にも、抑うつやだるさが出るという副作用がありますが、それはプロペシアに限った話ではなく、薬全般(風邪薬も含む)に言えることですので、特に気にする事はありません。

4.妊娠前後の女性にとってプロペシアは危険

プロペシアは、胎児や授乳中の赤ん坊への影響がある薬とされています。

2015年まで使用されていた「FDA基準(胎児危険度分類)」では、最低ランクがつけられており、妊婦は決して飲んではいけない薬に分類されていました。

今ではランク表記ではなく、具体的な文言で示すルールに変わりましたが、下記のように記載されています。

本剤を妊婦に投与すると、本財の薬理作用(DHT低下作用)により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。

つまり、妊婦には絶対に触れさせてはいけない薬になります。

プロペシアの成分は皮膚からも吸収されるため、文字通り触れさせてもいけない薬と言えます。

ただ、妊活中の男性が適正量飲む分には一切問題ないので、「妊婦が飲まない・触らないようにする」という認識で問題ありません。

献血も注意

プロペシアを服用している人は、献血を行うことができません。

プロペシアの服用をやめてから、1ヶ月以上経過するまでは血液中の成分が抜けきれないので、妊婦や授乳中の女性の女性の体内に入る恐れがあるからです。

5.プロペシアの使用方法と注意点

プロペシアは1日1回服用の服用が基本で、それ以上の服用は危険とされています。

というのも、飲めば飲むだけ良い薬というわけではなく、長期間・適量の薬を飲み続けて初めて効果のでる薬であり、適量を守らないと副作用のリスクが高くなってしまうからです。

プロペシアを飲むタイミングは決まっていませんが、24時間おきに飲み続けというのはとても重要です。

強いておすすめの時間帯を上げると「朝○時に飲む」と決めて服用することをおすすめします。夜はお酒を飲んだり、夜食を食べたりと、不規則になりがちですので、朝飲むことが最も24時間のリズムを守りやすいからです。

また、プロペシアは水で飲むようにし、飲み忘れた場合は翌日まとめて服用するのではなく、1日1錠(もしくは0.5錠)という用量を必ず守るようにしてください。

6.サガーロとの比較

プロペシアとよく似た薬として、ザガーロが2016年に販売されました。

ザガーロの主成分はデュタステリドというものであり、プロペシアのフィナステリドが5αリダクターゼⅡ型にしか効かないのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方に効くとされています。

プロペシアより高い効果が期待できる分、副作用のリスクも高まってしまいます。(副作用については、プロペシアと同条件で比較された事がないため、推測になってしまいますが、別条件の臨床試験では、ザガーロの方が副作用のリスクが高いという結果になりました)

AGA治療相談室では、「プロペシアを服用して効果がなければザガーロ」という流れを推奨していますが、実際服用する際は必ず専門医の診断を受け、診断通りに行動してください。

puropesia zagaro

7.ミノキシジルタブレットとの比較

AGAの症状を改善する方法として、プロペシアと同じくらい頻繁に効く薬がミノキシジルタブレット(ミノタブ)ではないでしょうか?

ミノキシジルタブレットは、主成分としてミノキシジルを使っており、頭皮の血流を良くし、頭皮環境を整える効果があります。

プロペシアが5αリダクターゼⅡ型を抑えるのに対し、ミノキシジルタブレットは、頭皮の血行を良くし、頭皮環境を整える働きをします。

puropesia minotabu

8.まとめ

AGAの治療薬として有名なプロペシアですが、効果が大きい分副作用にも気をつける必要があります。

AGA治療というと、高額なイメージがあり、プロペシアを個人輸入で購入する人もおおいですが、「AGA治療相談室」ではおすすめしていません。

頭皮環境や生活習慣は一人ひとり違うため、きちんと専門のクリニックに通い専門の医師の指導の下、適切な量を飲むようにしましょう。