プロテインがAGAの予防に?ハゲを回避するために絶対知っておきたいこと

プロテインが

プロテインと言えば筋トレ後に摂取して筋肉をつけることを目指す、主にボディビルダーのためのものだというイメージが強いと思いますが、実際はこれに止まらず多くのアスリートに利用される人気商品となっています。

確かに筋肉の体積を増やす効果もありますが、何も本格的な筋トレだけでなく、マラソンなどの持久走でも筋肉は消費されますし、格闘技で筋肉に起きるダメージの回復を狙ったりと、多くの選手や一般の愛好者が愛用していますね。

ところがそのプロテインをAGAの予防や改善の為に飲むと良いのではないかという話題があり、実際に髪の毛の為に飲んでいるという人もいるようです。

また最近ではAGAに着目したプロテインも販売されています。

今回は、プロテインがAGAの予防や改善に役に立つのかどうかについて考察してみます。

1.そもそもプロテインとは?

???

①プロテインとは?

たまに勘違いされる方がいますが、プロテインはステロイド(筋肉増強剤)と違い薬剤ではありません

プロテイン 薬ではない

プロテインの正体はタンパク質であり、食品に分類されます

タンパク質は三大栄養素のうちのひとつであり、私たちの筋肉や血管、内臓などを作る材料となります。

私たちの普段の食卓に上がる食品の中にはこのタンパク質の摂取を目的に推奨される多くの材料があります。

例えば肉、魚、大豆製品です。

タンパク質2

お米など穀物にも多少含まれますが、含有量が少ないことと、実際の吸収率や体内利用のしやすさなどを考慮するとやはり良質なタンパク質を多く含む上記のような食材を摂取することが推奨されます。

プロテインはこのタンパク質を精製加工し、純度を高めた栄養補助食品の形で提供されています。

ゼリータイプやブロックバーなどの形で取りやすく工夫された製品もありますが、メインは粉タイプで水や牛乳などに溶かして飲むのが一般的です。

プロテイン

②プロテインを摂取する方法は?

プロテインも食品ですので普段の食事から十分にタンパク質を摂取できていれば得に必要のないものなのですが、精製加工された製品の優位性として、吸収されやすい良質なタンパク質を、高純度で、多量にかつ手軽に摂取できるという点が挙げられます。

③プロテインは吸収率が高い?

肉類でしっかりとタンパク質を摂取するとなるとどうしてもカロリーオーバーになりがちですし、魚や大豆製品のタンパク質は肉類に比べて吸収率や体内効率の点でどうしても劣ってしまいます。

「アミノ酸スコア」という指標があり、体内でタンパク質として有効に作用する率を示すものですが、自然食品ではこの数値がどうしても下がってしまうので、「効率」という面を考えると、吸収しやすく、体内で利用しやすい形にされたプロテインは優位性があると言えます。

プロテイン 吸収しやすい

特に筋肉を酷使し、速やかなリカバリーが必要な筋トレ愛好者やアスリートの方はこの点を考えてプロテインを取り入れる人も多いです。

そして、髪の毛もタンパク質でできていますから、これを補給することで髪の毛の育成に役立つのではないか、との考えから髪の為にプロテインを摂取する人もいるのです。

では育毛の為にプロテインを摂取することの有効性について次の項で検討してみましょう。

2.もし、プロテイン不足しているならば有効だが・・

げっそり

上述したようにプロテインはあくまでも食品ですから、医薬品のような効能は有していません。

そして栄養補助食品としての扱いなので、「足りないものを補う」という性格のものであり、基本的にそれ以上の期待はできないということを知る必要があります。

すなわち、本来必要なタンパク質を摂取できていない場合は筋力の低下や毛髪の発育不足につながるので、これを補給してやることでそのような不具合が起きないようにする、ということは期待できますが、タンパク質が十分に足りているならばそれ以上にプロテインを摂取しても単なる「摂りすぎ」となるだけ、ということです。

では人は通常どれくらいの量のタンパク質が必要なのでしょうか。

3.一日どれくらいのタンパク質が必要か?

ひらめいた

①必要となるタンパク質の量は体重と運動強度に応じて変わる

一日に必要となるタンパク質の量は、個々人の運動強度によって変わってきます。

運動習慣がない方や散歩、30分以内の軽い有酸素運動のみの方であればそれほど筋肉量の減少を起こすことは無いので、このような方は一日で大体自分の体重×1(g)のタンパク質を接取すれば良いとされています。

プロテイン量1

例えば体重60キロの人であれば60g摂取すれば良いということです。

これが筋トレを趣味にしている人やマラソンなど高強度の負荷がかかる有酸素運動をする人では筋肉の消費量が多くなるので、自分の体重×1.5(g)必要になるとされています。

プロテイン量2

体重60キロの人は90gということです。

これがボディビルダーなど高強度の筋力トレーニングを行う場合は自分の体重×2g必要になるとされています。

②タンパク質は筋力トレーニング後に筋力を回復させるために必要

筋力トレーニング(無酸素運動)というのは、自分の筋肉に負荷をかけてわざと細胞を損傷させ、これを回復させる際に以前よりも強い状態にもっていく「超回復」というものを目指すもので、その回復の際に多量のタンパク質が必要になるのです。

有酸素運動は一般的には筋肉に負荷が無いようなイメージがありますが、長時間の有酸素運動では、筋肉をエネルギーにするために分解してしまう「カタボリック」という現象が体内で起こります。

これを回復させるにはやはりタンパク質が必要になるわけです。

一日に必要なタンパク質量は上記のとおりですが、人間の消化器官の吸収効率を考えると、できるだけ小分けにして少量ずつ摂取した方が有利です。

必要量が90gならば朝昼晩それぞれ30gずつ摂取するのが良いということです。

トレーニングを行う人は、トレーニング直後もタンパク質を吸収しやすいタイミングとなります。

③いつも食べるあの食品にはどのくらいのタンパク質が含まれている?

では、私たちが普段口にする食品にはどれくらいのタンパク質が含まれているのかというと、牛ひれ肉では大体一食分となる100gあたりでタンパク質は約19.1g鶏モモ肉100gでは18.8gゆで卵100gでは12.9g木綿豆腐100gでは約6.6gのタンパク質を接取することができます。

100g当たりのタンパク質量

穀物類にも若干のタンパク質は含まれていますが、肉や魚、大豆類と違って体内利用効率が悪いので筋トレを行う方々の間では通常タンパク質の摂取源としては考えないのが普通です。

高タンパクの食品をうまく組み合わせて一日の必要量を確保するのが理想ですが、朝は忙しく食事の準備ができないとか、夜は疲れているので軽く済ますなどしていると、割と簡単にタンパク質が不足することになるので、こういった場面では手軽に摂取できるプロテインは有効と考えることができます。

トレーニングや運動習慣があってタンパク質を多く取る必要のある人はさらに不足しやすくなりますから、普段の食事でタンパク質不足だなと思う時トレーニング直後などにプロテインを飲むことで不足分を効率的に補うことができます。

これを育毛的に考えると、摂取するタンパク質は筋肉や内臓など重要な器官に優先的に割り振られてしまうので、できるだけ不足が無い状態を維持して髪の毛の原料にまで回ってくるようにするという狙いがみえてきますね。

そして冒頭で少し触れましたが、最近は一般的なプロテインに工夫を加えて、AGA対策としてのプロテインも販売されていますので、これについて次の項で見てみます。

4.AGA用プロテインとは!?

育毛シャンプーで有名な「スカルプD」を生み出したアンファーが、薄毛治療を手掛けるメンズヘルスクリニック東京と共同開発したのが「AGAメンズプロテイン」です。

AGAメンズプロテイン

この商品の謳い文句としては男性の悩みで多い体の贅肉と薄毛、精力面へアプローチできるという点が挙げられます。

筋肉量を増やし、脂肪の燃焼をサポートするシトルリンアルギニンカルニチンと言った成分や、男性の活力をサポートするマカなどに加えて、AGAの主原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の抑制作用があるノコギリヤシ亜鉛、エネルギー生産や髪の毛の育成に必要になるビタミンミネラルなども含有しています。

AGA的に特に重要になるのはやはり抗AGA作用を持つノコギリヤシと亜鉛が配合されていることで、ここにAGA向け製品としてのネーミングの由来をみることができます。

ノコギリヤシ 亜鉛

亜鉛は髪の毛が発育する過程で、毛母細胞が細胞分裂をして成長する際に必要になる栄養素であり、食品からの摂取が比較的難しいとされている成分です。

ノコギリヤシは食品からは摂取できないのでサプリメントで摂取しなければ取ることができません

またこの製品はタンパク源として他のプロテインと差をつけるために、髪の毛の組成成分の一つである「シスチン」というアミノ酸を高濃度で配合しています。

この商品に用いられているのは大豆を主原料にしたソイプロテインですが、通常のソイプロテインの約5倍の濃度でシスチンを配合しています。

プロテイン=タンパク質ですが、そのタンパク質はいくつかのアミノ酸の集合体からできており、そのアミノ酸の中でも髪の毛を作る原料として重要なシスチンを多く配合していますよ、というのが強みになっているわけですね。

また、他にもおすすめのプロテインについての記事がありますので、こちらをご参照ください。
本当に効果はあるの?育毛とプロテインの関係性とは?

確かに一般的なプロテインと比べると、AGAを意識した成分配合となっている点で「AGA向け」を謳うのも一応納得できそうですが、この製品がおススメされる人はどういう人なのか、次の項で考えてしてみましょう。

5.AGAプロテインがおススメされるのはどんな人?

では、実際にAGAに対する予防や改善効果を狙ってこのAGA用プロテインを導入することが勧められるのはどういう人か、考えてみましょう。

①日常的にタンパク質が不足している人

最も効果が感じられるのはやはり当該製品が含有する有効成分が日常的に不足している人です。

特にハードトレーニーの方は慢性的にタンパク質が不足しやすいですから、これを補うことで髪の毛の原料を補充することができます。

ハードトレーニング

特にトレーニングをしていない人でも、普段の食生活を鑑みてタンパク質が不足している印象がある人も、その不足分の補充を行うことで効力を発揮してくれると思います。

②AGA用プロテインが普段摂取しているプロテインに比較して栄養素が充実している

また、普段からすでにプロテインを導入している人は、値段と内容量、成分を比較して利があれば髪の健康を意識してAGA用プロテインに切り替えても良いかも知れません。

プロテイン AGAプロテイン

一般のプロテインにもタンパク質だけでなくビタミンやミネラルなどを配合したものとそうでないものがあるので、ご自身が使用しているものと比して利があるようであれば一度切り替えて試してみても良いのではないでしょうか。

製品の宣伝上不足しやすいと指摘されているシスチンですが、普段の食事でバランスが取れていれば極端に不足することはまずありません

肉や魚介類、豆などのタンパク源以外でも、穀物類や野菜類からもシスチンは摂取できるので、偏食しない限りはそれほど心配する必要はないとされています。

ですから、ビタミンやミネラルと同様、通常のタンパク質接取を心がけていればシスチンが多く含まれていることのアドバンテージはそれほど高くないのではないでしょうか。

また、DHTを抑制する作用があるノコギリヤシと亜鉛についてですが、確かに多くの育毛サプリメントに配合される成分ですのでAGA対策を考える際にはキーワードになってきます。

ただ、これだけを目的にプロテインを導入するのは少し大がかりですので、製品の本質であるタンパク質不足を補うという、根本の目的も兼ねる場合でなければお金がもったいないかもしれません。

ノコギリヤシと亜鉛はドラッグストアで単体で安く購入できますし、本格的な育毛サプリメントにもほぼ配合されているので、タンパク質補充という目的が無ければアドバンテージはほとんどなくなってしまうからです。

6.まとめ

今回はAGAとプロテインの関係を見てきましたが、プロテインの本質を見抜けばAGA対策として導入すべきかどうかは「タンパク質が不足しやすい環境かどうか」によって変わってくることが分かります。

一人暮らしや調理スキルが無い、忙しくて食事の準備が難しいなどでタンパク質が不足しやすい人、普通の人よりも筋肉の消費が激しいトレーニーアスリートの方比較的強度の強い運動習慣のある方等はタンパク質の必要量も増えるので通常の食事では不足が出るかもしれません。

こういった方々にはプロテインは一定の効果をもたらすことが期待できます。

また、AGA用に開発されたプロテインは抗AGA成分を含み、髪の材料となるアミノ酸のバランスにも配慮されているので、費用対効果の観点から上記のようなタンパク質不足を自認される方でなおかつAGAにも対処したいという場合には一考の余地があるのではないでしょうか。