AGAに効果のあるシャンプーってあるの?薄毛とシャンプーの関係性

AGA シャンプー

育毛シャンプーはドラッグストアなどの店頭で購入できる製品もあれば、通販専用で販売されているものもあります。

しかし実際にAGAの治療や予防にどのよう程度効果があるのでしょうか?

そこで今回はシャンプーに焦点を当てて、AGA対策としてどこまで有効かを説明したいと思います。

育毛シャンプーといわゆる普通のシャンプーの違いはもちろん、育毛シャンプーの効果やAGA対策として有効なのか、さらにはおすすめのシャンプー等もご紹介します。

1.育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いとは

育毛シャンプーも市販されているシャンプーも、基本となるシャンプーの効用としては全て同じで、頭皮と毛髪の洗浄作用は共通しています。

ただ、大きな違いとしては付加価値がついているかどうかで、安価な製品は安価な洗浄成分で構成されているのに対し、値の張るものは髪の毛にツヤを出す成分などが含まれています。

一般のシャンプーの特徴

一般シャンプー

一般的なシャンプーは、その製造コストを下げるために硫酸系の洗浄剤が配合されることが多いのですが、硫酸系は高刺激性のため頭皮に負担をかけ、頭皮環境を悪化させることで問題になっています。

また、髪の毛にツヤを出したりコーティングする作用を持つシリコンも多くのシャンプーに配合されており、これが毛穴詰まりの原因となり、薄毛を促進するともいわれています。

市場への大量流通によって利益を上げるには顧客層への強烈な訴求と低コスト化、大量生産が必要になるためこのような成分内容になってしまうのですが、薄毛予防を第一に考えると最適なものとはいえません。

育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプー

育毛シャンプーは、育毛や薄毛予防に関して意識の高い、別の客層へ向けて開発された製品で、成分内容は個別の製品によって異なりますが、多くの製品に共通するのが下記の項目です。

  • 刺激性の成分を含まない
  • 頭皮環境を悪化させない
  • シリコンを配合せず、頭皮環境を整える各種の生薬成分などを配合

中には一部の育毛剤に含まれているヒオウギエキスオウゴンエキスビワ葉エキスなどを配合するものもあります。

これらの成分はAGAの主原因でもあるDHTの生成を抑制する作用がありますが、このように育毛や薄毛予防に重きを置いて開発、販売されているため一般のシャンプーよりも割高になっています。

2.育毛シャンプー単体でAGAの進行を止められる?

結論から言うと、かなり高価な育毛シャンプーを用いても単体ではAGAの進行を止めるのはかなり難しいでしょう。

AGAの原因でもあるDHTを抑制する成分を含んだものもありますが、シャンプーという特性上、洗い流さなければならないため効果が出にくいところではあります。

また、髪の毛が細くなる軟毛化が始まる前であれば、薄毛予防の効果はある程度期待できるという感じではありますが、やはり単体での効果は薄いため育毛剤や育毛サプリメントなど、その他の施策と併せていく必要があります。

育毛剤 サプリ

ただ、AGA以外の原因で起こる抜け毛の改善には育毛シャンプーは適切な効果を生むと考えられます。

体内のホルモンが原因ではない脂漏性脱毛症や、ひこう性脱毛症は、それぞれ皮脂過剰やフケ過多が原因ですので、頭皮環境の改善作用が強い育毛シャンプーの使用は非常に効果的と言えます。

ただし、皮脂過剰やフケ過多の場合も、生活習慣などにも影響を受けますから、その改善も含めた総合的な対処が必要になります。

3.育毛シャンプーで最低限チェックすべきポイント

そもそも育毛シャンプーというものの定義は決まっておらず、店頭品と通販専用の育毛シャンプーがある程度育毛に効果が期待できるものならば、それらは全て育毛シャンプーになります。

なので、成分のチェックは非常に重要です。

購入を考えるときに最低限チェックすべきなのは下記の成分になります。

  • 低刺激性を意味する「アミノ酸系」
  • シリコンの入っていない「ノンシリコン」

当然ですが高値であればあるほど様々な成分が入っており、さらに頭皮環境改善作用血行促進抗炎症作用抗AGA作用などが入っているものが良いですが、ひとまずは上記の成分が含まれているかをチェックしてください。

育毛シャンプー ラベル

4.正しい育毛シャンプーの使い方 

ここでは正しい育毛シャンプーの使い方についてご紹介します。

まず、整髪料を使用している方はいきなり頭皮を洗おうとせず、先に髪の毛の洗浄によって整髪料を落とすことから入ります。

heakea2

この時、高刺激性のある成分を含むものはできるだけ避けたいところですが、育毛シャンプーがもったいないと思うのであれば、安い別のシャンプーを使うのも良いでしょう。

整髪料を使用していない方はまず、お湯で予備洗いを行い、ほこりや汚れをある程度洗い流します。

次に、育毛シャンプーを手にとり、泡立ててから頭皮を洗います。

heakea4

この時は、髪の毛を洗うというよりは地肌を洗浄することを意識しましょう。

爪を立ててゴシゴシこするのはNGです。

指の腹を使ってやさしくマッサージするようにして行いましょう。

まんべんなく地肌を洗ったら、髪の毛の洗い方に移ります。

heakea6

汚れを泡で包み込んだらすすぎに入りますが、洗う動作にかけた時間よりも若干長い時間を使って十分にすすぎを行います。

育毛シャンプーに含まれる有効成分を洗い流すのはもったいないと思う方がおおいのですが、すすぎを怠るのはそれ以上に悪い作用をもたらすので、しっかり行ってください。

リンスやトリートメントを使用するのは構いませんが、使い方には注意しましょう。

まず、髪の根元からベタっとつけないことです。

頭皮に付着すると毛穴詰まりの原因になりますし、リンスやトリートメントは毛先から少量ずつ馴染ませていくのが正しい使用法です。

そして、これらもシャンプーと同じくなじませたとはしっかりすすぐことが大切です。

また、シャンプー後は自然乾燥はいけません

生乾きによって雑菌が繁殖し、痒みや炎症を起こして頭皮環境を悪化させてしまいます。

できればまず、タオルドライをかけた後にドライヤーを使用します

heakea7

ドライヤーは髪の根元から風を当てていきますが、適度に冷風に切り替えて頭皮と毛根を熱風から守ってください。

頭皮と髪の毛をしっかり乾かしたら頭皮をマッサージしてあげます。

heakea8

抜け毛や薄毛が気になる部分を集中的に行っても良いですし、側頭部→生え際→前頭部→頭頂部というように順番にマッサージをかけてあげると効果的です。

注意点として、指の圧力ですが、ゆで卵がつぶれないくらいの圧力でやさしく行わなければなりません。

あまり強いと逆に頭皮や毛根にダメージを与えてしまいかえって逆効果です。

5.育毛シャンプーと相乗効果を生む育毛剤

育毛剤+育毛シャンプー

育毛シャンプーと合わせて使いたいのが育毛剤です。

育毛シャンプーと育毛剤は大変相性が良く、相乗効果を期待できます

特にAGA対策を考えて育毛シャンプーを導入する場合、少しでも抜け毛の増加や軟毛化が見られた段階ですぐに育毛剤を追加導入するのが賢明です。

自分でできる自己治療は医師が処方する治療薬よりは効果が低いので、早めに考えられる範囲で効果の高い手当を組み合わせて実行する必要があります。

育毛剤を選ぶコツ 

育毛剤の分類

育毛剤は値段も効果もピンキリですが、AGAを意識するならDHTに作用できる製品を選びましょう。

あるいはAGA治療効果の高いミノキシジルを配合したリアップも良いですが、こちらはなかなかの値段がするのと、DHTの抑制効果がない、という事は知っておく必要があります。

育毛剤についてはこちらで詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
「育毛剤の効果と真実と絶対にオススメの育毛剤」

6.おすすめの育毛シャンプー

それでは最後に、おすすめの育毛シャンプーをご紹介します。

haru 黒髪スカルプ・プロ

haru黒髪スカルプ・プロ商品画像

ボタン2

haru黒髪スカルプ・プロ特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • 100%天然由来で化学成分は入っていない
  • 天然の精油が髪の毛をコーディングするのでリンス&コンディショナー不要

このharu 黒上スカルプ・プロというシャンプーの一番の推しはキャピキシルが配合されているというところです。

キャピキシルというのはAGAの主原因の一つである5αリダクターゼの抑制してくれたり弱った髪の毛を修復してくれたりと、注目を集めている成分です。

そして男女ともに兼用でき、400ml(約2カ月分)で税込3,888円定期購入の場合3,110円で買えるところや、公式HPにも書いてありますがリンスとコンディショナーが不要という、コスパが良いところも嬉しい点です。

リンスとコンディショナー不要という点に関しては、使い始めてすぐは髪の毛がギシギシになってしまう可能性もありますが、使い続けていくうちに髪の毛がシャンプーに慣れて髪もしっとりしていくので、定期コースで使用し続けるのがおすすめです。

ボタン2

U-MA シャンプー プレミアム 

U-MAシャンプープレミアム商品画像

ボタン2

U-MAシャンプー特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • ガゴメ昆布エキスに含まれるフコイダンにより頭皮を雑菌や乾燥から守る
  • 髪の毛の元になるたんぱく質「ケラチン」を配合

U-MAの推しは何と言っても馬油を配合しているところです。

馬油は人間の皮脂に非常に近い性質を持っており肌に浸透しやすく頭皮や毛髪の保湿効果があります。

また、フコイダンという成分の効果で頭皮を雑菌や乾燥から守ってくれますので、AGAなどの薄毛対策というよりは、頭皮環境を第一に考えたシャンプーになります。

また、髪の毛の90%を形成している「ケラチン」というたんぱく質を構成している18種類のアミノ酸全てが配合されていますので、髪の毛の成長にも効果はあります。

ただ、単品で購入する場合は税込4,320円定期購入だと3,460円と高価な部類ではあるとは思いますが、頭皮環境の事を考えれば、それに見合った効果を発揮するのではないでしょうか。

ボタン2

ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント 

ボタニストボタニカルシャンプー画像

ボタン2

ボタニストボタニカルシャンプー特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • 490mlで税込1,512円なのでお財布にやさしい
  • ダブルフレグランスでリッチな香り

ボタニスト ボタニカルシャンプーの良いところは安価で大容量なのに、成分にもきちんとこだわっているところです。

モイストスムーススカルプという3種類のタイプがありますが、それによって含まれている成分に若干の違いはあります。

しかしボタニカルという名前だけあって、どれもこだわりの植物由来成分を配合しており、弱酸性のせっけん成分になっているので、汚れを落としつつ、やさしく洗えます。

また、ダブルフレグランスという、異なる2種類の香りをミックスすることで今までにない華やかなでやさしい香りを楽しむことができ、この香りの虜になり、リピーターになった人も少なくありません。

ボタン2

7.まとめ 

いかがでしたでしょうか。

薄毛予防の効果があるとされる育毛シャンプーでも単体でAGAの進行を食い止めるような強い作用はありませんので、育毛剤や育毛サプリメントなどを併用して効果を高める必要があります。

それでも、育毛シャンプーは頭皮環境の改善効果が強いので、AGAの進行を助長する他の要因にアプローチすることは出来ます。

体内ホルモン以外の原因で起きる脂漏性脱毛やひこう性脱毛にも効果があるので、薄毛予防を目的として早めに導入するがカギとなります。

育毛シャンプーをうまく活用して薄毛を予防、改善しましょう!