薄毛はAGAで進行する!薄毛の原因とその対策方法

AGA 薄毛

薄毛の事が気になりだすと、「AGAかも?」と考える男性は少なくありません。

AGAと関連したCMが多く流れているので、そう考える男性が増えたのですが、実際に9割くらいの男性の抜け毛はAGAが原因と言われています。

しかし、AGAになったからと言ってあきらめる必要はありません。

AGAによる薄毛は改善できる可能性が高く、多くの治療法が存在します。

今回は、AGAと薄毛の関係はもちろん、適切な治療法についてもご紹介します。

1.薄毛の原因と改善方法

AGAについてお話する前に、まずは薄毛の原因と改善方法をご紹介します。

薄毛の原因には、大きく次の3つがあります。

usukenogennin

① ホルモンバランスの乱れ

【原因】

ホルモンバランスの乱れと聞くと女性をイメージする人も多いと思いますが、男性でもホルモンバランスが乱れることはあり、AGAの原因でもあるDHTも男性ホルモンになります。

【改善方法】

ホルモンバランスの乱れは、生活習慣を改めることである程度改善できるはずです。

不健康な毎日を送っているのであれば、できるところから生活習慣を改めていきましょう。

② 血行不良

【原因】

薄毛になる人は、頭皮への血のめぐりが悪くなってしまっています。

肩こりや湯船につからないことが、薄毛の原因と言われることも少なくありませんが、これらは血行不良の原因になります。

【改善案】

血行不良は、ホルモンバランスと同様に生活習慣を見直すことで、ある程度改善が見込めます。

ただより本格的にやるのであれば、湯船に使ったり頭皮マッサージをしたりすることをオススメします。

血行不良に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。
「男性にも血行不良?原因と改善するための方法」

③ 間違ったヘアケア

【原因】

男性がしてしまいがちな、よくある間違ったヘアケアを5つ紹介します。

  • 髪を洗う前によく濡らさない
  • 刺激が強いシャンプーを使う
  • シャンプーやリンスの洗い残し
  • 髪を乾かさずに放置
  • 毎日同じ箇所で髪を分ける

こうしたことは、頭皮環境を悪くしてしまい、薄毛の原因を作ります。

【改善方法】

ヘアケアに関しては、これまでの間違った方法をただし、ヘアケア用のシャンプーに切り替えるだけで、改善が見込めます。

「シャンプーの前に髪の毛をよく濡らし、ヘアケア用のシャンプーを使い、しっかり洗い流し、ドライヤーでしっかり乾かす。」という一連の流れをしっかり守れれば問題ありません。

髪型はある程度仕方のない部分でもあるので、休日は分け目を変えるなど、ちょっとした工夫を心がけるようにしましょう。

間違ったヘアケアや正しい方法については下記記事で詳しくお話しています。
「薄毛改善!絶対にやってはいけないヘアケアと正しい頭皮ケア」

2.AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症のことで、男性が薄毛になる原因の約9割がこれと言われています。

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)が毛根を攻撃することで薄毛になっていく生理現象です。

病気と勘違いしている人も多いですが、AGAには男性ホルモンが大きく関係しているため、生理現象というくくりになっています。

AGAの詳細についてはこちらの記事で詳しく説明しています。
「AGAによる薄毛の原因と対策の総まとめ」

3.AGAは自然治癒しない!?

DHTは、男性ホルモンの一種ですので、一度AGAになると、自然治癒で治ることはありません。

ストレスが原因で髪の毛が抜けていく円形脱毛症は、原因のストレスを解消することができれば、自然と髪の毛が生えてきますが、AGAは生理現象ですので、しっかりと改善を行わなければ、髪の毛が生えてくることはありません。

4.AGAによる薄毛の進行サイクル

AGAになると、ヘアサイクルが乱れて薄毛になって行きます。

heasaikuru

通常、髪の毛が「生える⇒成長期⇒休止期⇒退行期⇒抜ける」というサイクルを繰り返していくのですが、AGAになると成長期が短くなってしまうため、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまいます。

heasaikuruaga

健康な髪の毛の成長期が4年前後であるのに対し、AGAの場合は1年前後しかありません。

このヘアサイクルの乱れによって、最終的には髪の毛の生えてこない状態になってしまいます。

一般的には、髪の毛の生えてこない状態になるまでにかかる期間は5年と言われているので、薄毛に気づいたら早い段階で専門医に相談する必要があります。

ヘアサイクルをピックアップした記事はこちらになりますのでぜひ。
「ヘアサイクルの乱れとAGAは関係あるの?ヘアサイクルを整える方法」

5.AGAの発見方法

AGAは簡単なアンケートに答えたり抜け毛のチェックをすることで、セルフ診断することができます。

アンケートを使った簡単な方法をご紹介します。

まずは次のアンケートに答えてみてください。

簡易版!AGAセルフチェック





いかがでしたでしょうか?

4つ以上当てはまると黄色信号ですので、AGA対策を心がけましょう。

より詳しい方法や目安については、下記記事で詳しくご紹介しています。

「AGAをセルフチェック!~手遅れになる前に正しい頭皮ケアを~」

6.AGAの症状とは?

AGAによる脱毛の症状は、大きく次の3つに分類されます。

  • 前頭部から薄毛になっていく
  • 頭頂部から薄毛になっていく
  • 前頭部と頭頂部から薄毛になっていく

AGAの原因となっているDHTの影響を受けやすいのが、前頭部や頭頂部になるので、AGAになると、この部分から髪の毛が抜けていきます。

この3つのタイプに関して詳しくはこちらの記事で紹介しています
「初期症状に気付いてる?AGAの3つのタイプと進行パターン」

7.薄毛の症状はAGAだけではない

先ほど、ストレスが原因で髪の毛が抜けていく円形脱毛症をご紹介しましたが、AGA以外にも髪の毛が抜けていく主な症状が2つあるので、簡単にご紹介します。

ひこう性脱毛症:ひこう性脱毛症は、頭皮のフケが原因で起こる脱毛症
脂漏性脱毛症:頭部の皮脂の分泌が過剰に増えることで起こる脱毛症

他にも様々な原因がありますので、AGAではないと思っても、専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。

8.まとめ

男性が薄毛になる原因の約9割がAGAです。

実際にAGAが進行してしまうと、専門医のアドバイスを受けながら対策をすることが最も効果的です。

しかし、「薄毛になりそう」「そろそろ怪しい気がする」という段階であれば、冒頭でご紹介した、薄毛の改善方法を試してみてください。