AGA治療で起こる副作用を徹底解説!もう副作用は怖くない!

図1-min

これからAGA治療を始める方の中には、治療薬の副作用が怖いという方は非常に多いです。

そのため、副作用の症状が重くない育毛剤や育毛シャンプーなどで治療を始めるという方も少なくありません。

実際、副作用が重かったり痛かったりしたら嫌ですよね。。。

そこで今回は、AGA治療における副作用についてまとめてみました。

副作用の症状や発症率はもちろん、副作用が発症してしまった場合どのくらいで消えるのか、そして治療薬以外のAGA治療には副作用があるのかなど、他の選択肢についてもご紹介いたします。

0.主なAGA治療薬

薬

AGA治療の基本はAGA治療薬による治療になります。

主に使われる治療薬には、

  • プロペシア
  • ミノキシジル

の2種類があり、だいたいどのクリニックや一般病院でも処方されます。

この2つの治療薬の詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。
「AGA治療の鉄板プロペシア!その効果と範囲、副作用を徹底解説」
「AGAでも髪が生えてくる!ミノキシジルタブレットの効果と副作用」

1.確認されている副作用

副作用

ここではプロペシアとミノキシジルの副作用についてご紹介いたします。

プロペシア

プロペシア-min

プロペシアには男性ホルモンを抑制する作用があるので、性機能に関する副作用が非常に多いです

また、男性ホルモンはやる気や男性的な肉体づくりなどに作用するので、うつや倦怠感などの症状が現れたり、女性化乳房など身体つきも女性らしくなってしまいます

また、重篤な副作用として肝機能障害が報告されていますが、ほとんどの薬が肝臓に負担をかけるリスクはあり、他の薬と比べるとそのリスクはかなり低いと言われています

ミノキシジル

ミノキシジル-min

ミノキシジルには血流促進効果があるため、低血圧になりやすく、促進された血流に乗って栄養が全身に行き渡るため、多毛症やにきび、肌荒れなどが引き起こされます。

むくみ、しびれや動悸、息切れなども同様で促進された血流による影響だと考えられています

性機能障害については要因が明らかになっていないので、ミノキシジルの副作用だと言い切ることは出来ませんが、注意が必要です。

2.副作用の発症率

2腹痛-min

どちらのAGA治療薬も副作用の発症率は極めて低いです。

プロペシアならば1~2%以下、ミノキシジルならば多毛症以外の発症率は2~3%です。

ミノキシジルは血流を促進し、栄養を行き渡らせ髪の毛を生やそうとする薬なので、発毛を実感したほとんどの方に多毛症が見られる傾向にあります

また、内服薬ではなく外用薬を使用した場合の方が副作用の発症率は低くなっていますが、外側から塗布するため、内服薬よりも治療効果がゆるやかになってしまいます

ミノキシジルと多毛症について興味があればこちらの記事を参考にしてみてください。
「ミノキシジルで体毛が濃くなる!?副作用の多毛症とその対処方法とは」

~こんな人には注意が必要~

プロペシアの主成分フィナステリドは女性には禁忌とされていますので、プロペシアを服用する際に、女性に服用させたり、触らせないでください

その理由はこちらを参考にしてください。
「女性はプロペシアを触るだけで危険!?女性の薄毛の正しい改善方法」

また、ミノキシジルは元々は高血圧の治療薬として開発されていたので、低血圧の病気を患っている方は服用しないでください

3.副作用が消えるまでの期間

ピースサイン

副作用が消える、つまり体内からAGA治療薬の成分が抜けるまでの期間はプロペシアでは3週間ほど、ミノキシジルに関しては3日~1週間ほどで抜けます。

注意点として、プロペシアに関しては服用を中止し、主成分フィナステリドが体内から抜けても副作用の症状が続く「ポストフィナステリド症候群」と呼ばれているものがあります

特徴としては症状が永続的に続く事と、具体的な治療方法がないという事ですが、プロペシアの副作用の発症率自体が低いので、ポストフィナステリド症候群が発症する確率は極めて低いものとなります

4.他のAGA治療法による副作用

ナース1-min

その他AGA治療法には主にこの3種類があげられます。

  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • 育毛剤

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーとは、頭皮に直接、をダイレクトに頭皮に届ける方法で、薬剤にはプロペシアの主成分であるフィナステリドやミノキシジル、そして育毛をサポートする効果のある成分で構成されています

この治療法の副作用としては、

  • 頭皮の赤み
  • かゆみ
  • 痛み

などがあげられますが、注射器を使用するのでこの副作用は仕方ないことですし、事例としても多くないので、それほど気にする副作用ではないでしょう。

育毛メソセラピーについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。
「育毛メソセラピーの効果と治療法、副作用を徹底解説」

HARG療法

HARG療法も育毛メソセラピーと同じく頭皮に直接注射する方法です

育毛メソセラピーとの違いとしては薬剤の成分になるのですが、最近ではその違いもあいまいなものになってきています。

副作用についても育毛メソセラピーと同じです。

HARG療法についての詳しいことはこちらの記事を参考にしてみてください。
「HARG療法ってどうなの?気になる効果とリスクを徹底調査!」

育毛剤

育毛剤でも副作用はあります。

育毛剤には「医薬品」と医薬部外品」があり、副作用が出やすいのは「医薬品」の方です

医薬品の育毛剤はミノキシジル配合の「リアップ」シリーズしかありませんし、この育毛剤の副作用はミノキシジルの副作用と同じものになります。

医薬部外品の方に関しては副作用が軽い代わりに効果の方もあまり期待できないものとなっています。

育毛剤の詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。
「育毛剤の効果と真実と絶対にオススメの育毛剤」

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

副作用は確かに無視できない存在ですが、その発症率も低いものです

もしも副作用が心配で治療薬での治療が嫌だという場合は、育毛メソセラピーやHARG療法などもありますし、AGA自体は治療できませんが、増毛や植毛などの選択肢もあります。