はげが気になる人が見直すべき食生活の改善ポイント7つ!

アイキャッチ

はげになってしまうのには主な原因には種類がありますが、その原因と食生活には深い関係性があるということをご存知ない方も非常に多いです。

でも、食生活を見直せばはげが改善するなんてイメージしづらいですよね。。。

そこで今回ははげと食生活についてまとめてみました。

この記事でははげと食生活の関係や押さえておきたいポイントはもちろん、良くない食生活はげによい食べものをピックアップしてご紹介します。

1.良くない食生活、実ははげる原因の一つだった? 

はげの主原因おさらい 

はげには以下の3つの原因があげられます。

  • 男性ホルモン(DHT)が増加する
  • 頭皮環境の悪化
  • 産後の女性ホルモンの増減(女性)

はげは遺伝、食生活、ストレス等、様々な要素によって起こってしまいます。

人によって原因が違うのですが、上記2つのうち「男性ホルモンの増加」「頭皮環境の悪化」に食生活は大きく関わっています。

食生活からくるはげのメカニズム 

ジャンク 脂っこい

簡単なメカニズムですが、身体に良くないものを食べることによって、男性ホルモンが増減し、頭皮環境も悪化します。

例えば、脂っこいものを食べるとそれだけで皮脂の分泌も活発になるので、頭皮環境が悪化したり、血液は頭皮に養分を運ぶ重要な役割を担っていますが、脂っこいものを食べた後に肝臓で生成されるコレステロールなどによって流れが悪くなります。

頭髪はもともと身体の中でもデリケートな部位の一つなので、食事といえども頭髪に様々な影響を及ぼすのです。

2.はげに良い!ここだけは絶対に押さえたい食生活ポイント 

食生活を改善する上でここだけは押さえたいというポイントは下記の4つになります。

  • 野菜と魚をメインに据える
  • 大豆製品を摂取する
  • 腹八分に留める
  • お酒は控える

野菜と魚をメインに据える 

サラダ 魚

野菜には体内で作ることができないビタミンを豊富に含んでおり、この中でも水溶性ビタミンは調理や加熱してしまうと破壊されてしまったり、水の中に溶け出してしまうため、生で野菜を食べられるサラダがおすすめです。

また、良い油トリプトファン、これらを摂取することができるのが魚を食べることのメリットです。

良い油とはオメガ3脂肪酸のことで、魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、豚や牛にはあまり多く含まれていない油でして、血を固まりにくくし、血圧を下げてくれる効果があります。

トリプトファンはセロトニン不足に作用します。

ストレスからくる過食は、トレスを抑えるためにセロトニンを消費し、それによって起きていると言われていますが、トリプトファンはこのセロトニン不足に作用するので、魚を食べることは過食の根本的な解決にもなります。

大豆製品を摂取する 

大豆イソフラボン

大豆には大豆イソフラボンが含まれており、この栄養素は男性ホルモンを抑える効果があります。

男性ホルモンがはげを促進させている主原因の一つなので、これを抑えることができる大豆は積極的に摂っていきたい食品の一つです。

さらに、大豆製品は消化がゆっくりなので、腹持ちが非常に良く、お腹が空きにくくなるので、暴飲暴食を避けることにも一役買います。

腹八分に留める 

食事

身体は空腹を感じているときにグレリンという物質を形成しており、グレリンというのは食欲増進効果のある物質です。

グレリンは生成されると知覚神経を刺激して「身体が食べ物を欲している」という事を認識させようとしますが、その過程で発毛因子のIGF-1という因子を増やす作用がある事がマウスによる研究で分かっています。

満腹になってしまうと、このグレリンの生成は完全に終わってしまいますが、腹八分で止めることによって分泌を完全に止めることはせず、因子を増加させることではげ対策を行うことができるのです。

お酒は控える 

過度の飲酒 バツ

肝臓でアルコールを分解するためにアミノ酸を使用してしまうのですが、アミノ酸は髪の毛を生成するために必要です。

ですので、飲み過ぎてしまうと髪の毛に回ってくるアミノ酸の量が減ってしまうことは明らかです。

また、血行を良くする作用がありそうなので良いと思いがちですが、血管的な観点から見るとアルコール摂取をすることによって動脈硬化が起こります。

3.絶対に改善すべき!はげに極めてよくない食生活 

上記でご紹介した4つよりもさらに身体によくない、絶対に改善すべきポイントをご紹介します。

絶対に改善すべきポイントとしては以下の3点があります。

  • 暴飲暴食
  • 油脂が多いものを多量に食べる
  • 栄養が偏ってしまうような偏食

暴飲暴食 

暴食

暴飲暴食をすると身体の内部のストレスを上昇させてしまいます。

はげ対策をする上で大切なのはホルモンバランスを保つことですが、ストレスもはげに大きく作用していると言われています。

ストレスが上昇してしまうとホルモンバランスが崩れてしまい、結果的に発毛関係や頭皮環境の悪化につながってしまいます。

これは精神的な物でも、体内的なものでも同じで、暴飲暴食がストレスを上昇させ、結果的にホルモンバランスを崩してしまうのです。

油脂が多いものを多量に食べる 

油 頭皮 血管

多量の油分は2つの意味ではげの敵です。

・頭皮環境の観点からみる多量の油分による影響

油脂が多いものを多量に食べると、当たり前ですが油分が大量に身体の中に侵入してくることと同義で、これは身体的には異常事態です。

この異常事態を解消するために身体を油分を減らす動きをします。

具体的には皮脂を分泌するのですが、もちろん頭皮からも皮脂を分泌するため、結果として頭皮環境の悪化を招いてしまいます

・血流の観点から見る多量の油分による影響

油脂が多いものに関しては、飽和脂肪酸などを含んでいる場合があります。

これらの油分は肝臓でコレステロールへと変換されてしまい、血液中で凝固し、血液の流れを阻害します。

血液の流れを阻害されてしまうと、阻害されてしまった先に血液が行き届きにくくなり、毛細血管に影響が出やすく、栄養が行き届かなくなり、発毛が阻害されてしまいます。

栄養が偏ってしまうような偏食 

貧血

栄養が偏ってしまうと身体に異常をきたし、身体はその異常を調整するために動きます。

例えば、程よい量を取っていれば髪の毛にプラスの作用を働いてくれる亜鉛も、多量に摂取してしまうと、貧血症状抗酸化機能が低下してしまうというような症状が起きてしまいます。

4.とりあえず牡蠣を食べろ!牡蠣のはげ対策の凄さを知る 

牡蠣

上記でいろいろ説明しましたが、具体的に何を食べたらいいのかわかりませんよね。

ここでおすすめしたいのは牡蠣です。

ただ、大事なのはミネラルバランスを保つことなので、牡蠣を大量に食べたら良いというわけではありません。

牡蠣がなぜすごいのか、成分から牡蠣の凄さを知る 

栄養面

牡蠣 栄養

牡蠣には髪の毛の生成に必要だと言われる亜鉛が食品の中でも最高クラスに含まれています。

また、鉄も多量に含んでおり、通常の鉄ではなく、吸収の良いヘム鉄を大量に含んでいるので、吸収効率もかなり良いです。

さらには鉄の吸収を高める銅も多量に含んでおり、吸収効率の高いヘム鉄と高い銅の含有量によって鉄の吸収効率が上がっているため、比率に十分近づけることができるすごい食品なのです。

水溶性であるビタミンB群も十分な量が含まれているのですが、ポイントは牡蠣は生で食べても美味しいというところです。

水溶性なので、文字通り水などを使用して調理してしまうとその中に溶け出してしまってあまり吸収することができないビタミン群なのですが、牡蠣は生で食べることができるので、これらの水溶性ビタミンをそのまま身体の中に取り入れることができるのです。

食べ過ぎに注意 

牡蠣 食べ過ぎ

牡蠣は髪の毛に良い食べ物を多量に含んでいるので、普段の食事の中に取り入れていきたい食品ですが、ミネラルを過剰に取り過ぎてしまうと身体に異常をきたします。

ちなみに亜鉛を取り過ぎることによって起こってしまう急性亜鉛中毒は1,000mgをいっぺんに摂取することによって起こります。

牡蠣を食べ過ぎたことによって急性亜鉛中毒を起こしたという報告は少ないためあまり心配する必要はないですが、慢性的に亜鉛を過剰摂取することによって貧血症状などが出てしまうこともあるので、程よく食べるようにしましょう。

食べ方は生がおすすめ? 

カキフライ

水溶性ビタミンも豊富に含んでいるのでこれらを摂取するために生で食べることを先ほどおすすめしました。

亜鉛や鉄などのミネラル側の事だけを考えると、熱調理することもおすすめで、理由は亜鉛や鉄は熱処理を施すことによって増えるからです。

代わりにビタミン群が犠牲になってしまうので、これらのビタミンを取るために他の食品から補う必要があります。

生牡蠣は簡単に手が出せるようなものではないので、カキフライなどがおすすめですね。

5.まとめ 

いかがでしたでしょうか。

この記事で特に覚えていただきたいポイントは、

  • ミネラルバランスを意識する
  • 暴飲暴食をやめる
  • 肉を減らして野菜と魚をよく食べる
  • カキフライをたまに食べる

という事です。

これを意識することによって食生活を少しでも改善し、はげの中で食生活が起因している部分をなくしてしまいましょう!