前髪はげの方がストレスなく生活していくために知っておきたい9つのこと

前髪はげの方がストレスなく生活していくために

前髪はげ…実は一番つらいはげのパターンかもしれません。

鏡を見るたびに嫌でも毎日はげてきている自分を思い知らされることになります。

前髪はげは薄毛の代表的なパターンで、治療するのが難しいといわれています。

今回の記事では前髪はげの原因や、治すために日々の生活で意識すべきこと、そして前髪はげにおすすめの育毛剤などを紹介していきます。

この記事を読めば、手ごわい前髪はげをどうやって克服すればよいのかが分かりますよ!

1.なぜ、人はかけがえのない前髪を失ってはげるのか…

はげにはさまざまな形があります。

全体的に髪の毛が薄くなっていくパターン、円形脱毛症という10円はげが出来るパターン、つむじの部分のみが集中的にはげるパターンなど多様な形をとるのがはげの特徴です。

①前髪はげの原因の一つはAGA

前髪はげ

ただし、多様なはげの中でも2つ、非常に治療に手間がかかるはげがあります。

それが頭頂部はげと前髪はげ。

この2つのはげはその原因としてAGAが疑われます。

しかし、AGAにはさまざまな治療法があり、専門クリニックできちんと治療することで克服することができます。

ただ、他の薄毛症状と比較すると、AGAの薄毛症状が克服しにくいものであるのは間違いありません。

②もう一つの前髪はげの原因は眼精疲労!

目の疲れ

前髪はげを引き起こすもう一つの原因として知られているのが眼精疲労です。

眼精疲労がたまってくると、その疲労回復のために体内に存在するシスチンと呼ばれるアミノ酸が大量に消費されます。

実はこのシスチン、髪の毛の原材料になるケラチンを生成する上では無くてはならない成分です。

眼精疲労がたまってくると、このシスチンが不足してくるため、髪の毛の成長がスムーズに進まなくなります

加えて、眼精疲労になると、目の周りの筋肉や血管が緊張するため、顔面の血行が悪くなります。

顔面の血行の悪化は、顔面近くの頭皮における血行悪化につながります

特に目から近い前髪部分の頭皮の血行が著しく悪化するため、前髪の髪の毛を作る毛母細胞にきちんと栄養が行き渡らなくなり、結果的に前髪はげが進行することになります。

2.前髪はげを引き起こす原因は?

???

上記で述べたことをまとめると、前髪はげを引き起こす原因は3つに集約されます

  • AGAによって生じる男性ホルモンの活性化
  • 眼精疲労によって生じるシスチンの不足
  • 眼精疲労によって生じる血行不良

この3つの原因によって前髪はげの症状が引き起こされています。

3.前髪を失って泣くな!前髪はげの進行を防ぐ方法

バツ!

さて、前髪はげを防ぐためには前述した3つの原因に対してアプローチする必要があります。

①AGAによる男性ホルモンの活性化

まずはAGAによる男性ホルモンの活性化です。

男性ホルモンの活性化を防ぎたいなら、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンを豊富に含んだ食材を食生活に取り入れるのがおすすめです。

このような食材の代表例としては豆乳・納豆といった大豆食品を挙げることができます。

豆乳 納豆

食材に含まれる栄養素や、それにどんな効能があるのか、などはこちらの記事にて詳しく解説していますので参考にしてみてください。
「食事からでもAGAは改善できる?AGAの食事による対策」

②シスチンの摂取

次にシスチンの不足についてですが、シスチンは肉類・魚介類・穀類などに多く含まれており、バランスの良い食生活をしていれば、比較的摂取しやすいものになります。

肉 魚 穀類

したがって、過度なダイエットや偏食にだけ気を付けていれば、シスチンを摂取するのに特別な食材は不要です。

それよりも前述したシスチン不足の原因になる眼精疲労を回復させる成分を積極的に食生活に取り入れるようにして下さい。

③頭皮マッサージ

また、血行不良を改善するのにおすすめの方法が頭皮マッサージです。

前髪はげの改善であれば、特に生え際の部分を重点的にマッサージしてやると良いでしょう。

頭皮マッサージのやり方ですが、おでこに沿って両手の指をくっつけて、そのまま指の腹で頭皮を上下に押し上げてやります。

これを毎日20秒間×3セットやってやるだけでも生え際の血行促進効果は抜群です。

参考サイト:肌らぶ

ちなみに、ここで述べてきたことは、どんなタイプのはげの人でも共通して効果を発揮する対策です。

前髪はげ以外のはげの改善にも力を発揮すると考えられます。

4.前髪はげの方に特別に行って欲しいはげ対策

医者 真剣

ただ、上記の対策方法とは別に、前髪はげの場合だけ特別に行って欲しい対策があります。

それが眼精疲労を改善するための対策です。

上記において、前髪はげの原因は眼精疲労であると述べてきました。

したがって、眼精疲労を回復するために、目に良いとされる栄養素を積極的に摂取するのが、前髪はげの場合は重要です。

①眼精疲労の回復のために摂取すべき成分

ちなみに、眼精疲労を回復することを考えた時に積極的に摂取して欲しい成分としてはアスタキサンチン・アントシアニンを上げることが出来ます

アスタキサンチンはドライアイが原因の眼精疲労を回復するのに特に効果を発揮します。

アスタキサンチンは赤い色をした魚介類に豊富に含まれています。

例えば、毛ガニ・いくら・鮭といったものがその例です。

毛ガニ いくら 鮭

また、アントシアニンも積極的に摂取して欲しい栄養素です。

アントシアニンとはブルーベリーに多く含まれている成分です。

ブルーベリー

ブルーベリーは目に良いと昔から言われていますが、その理由はこのアントシアニンが多く含まれているためです。

アントシアニンも眼精疲労の回復には優れた効果を発揮します

②アスタキサンチンとアントシアニンの摂取は育毛剤や育毛サプリの利用と併行して

さて、アスタキサンチンアントシアニン

前髪はげで悩む人なら摂取は必須です。

後述しますが、育毛剤や育毛サプリなどを用いて前髪はげの対策を行っていく場合、期待できるのは男性ホルモンの抑制や血行促進のみです。

つまり、そもそもの原因である眼精疲労を改善する効果は期待できません

したがって、眼精疲労回復に効果がある食材を摂取することだけは、育毛剤や育毛サプリの利用と併行して行うようにしましょう。

5.はげに朗報!この育毛剤なら、前髪を前進させることができる!本格的な治療方法について

薬 減らす

上記のような方法で前髪はげの進行を防ぐこともできます。

ただ、本格的に前髪はげの症状が進行してきた場合、やはり育毛剤を利用する必要があります。

ちなみに、育毛剤は星の数ほど存在しており、効果があるもの、効果が無いもの、玉石混合です。

この項目では前髪はげにオススメの育毛剤をご紹介して行きます。

①オススメの育毛剤は「薬用プランテル」

ところで前髪からこめかみの部分を「M字エリア」と呼ぶことがあることをご存知でしたか?

育毛剤の中には、M字エリアのはげ治療に特化して、「M字はげ専用育毛剤」をうたっているものがあります。

それが「薬用プランテル」です。

薬用育毛剤プランテル
http://www.plantel.biz/plantel/index.html

薬用プランテルは前頭部のM字エリアのはげ治療に特化しており、前髪はげの治療にも効果的な成分が配合されています。

前髪はげの大きな原因になるのはAGAによる男性ホルモンの活性化です。

薬用プランテルには男性ホルモンの活性化を防ぐための成分として、ヒオウギエキスが配合されています。

ヒオウギエキスはイソフラボンを豊富に含んでいる育毛成分です。

イソフラボンの効果で男性ホルモンの活性化を抑えて、AGAによる薄毛症状が進行するのを防いでくれます。

②プランテルサプリを併用するとより高い効果を得られる

また、薬用プランテルにはプランテルサプリという育毛サプリメントもセットで提供されています。

プランテルサプリ
http://www.plantel.biz/supply/index.html

プランテルサプリに豊富に配合されている成分にミレットエキスがあります。

ミレットはいわゆる「キビ」のことです。

日本では育毛成分のイメージがほとんど無いキビですが、西洋では髪の毛にハリ・コシを与えたいなら、ミレットを摂取するといいというのは常識になっています。

なお、ミレットには豊富なシスチンが含まれています。

したがって、プランテルサプリを併用することで、眼精疲労によるシスチン不足にも対応することが出来ます。

③「薬用プランテル」は血行を促進する成分も配合

そして、最後は眼精疲労による血行悪化を食い止め、血行を促進する成分です。

薬用プランテルは血行促進のための成分として3大成分を配合しています。

そのうちの2つがセンブリエキスグリチルリチン酸2Kです。

センブリエキスはセンブリと呼ばれる漢方成分から抽出されたもの、グリチルリチン酸2Kも甘草と呼ばれる漢方成分から抽出されたものになります。

これらの成分には血行促進効果があることが分かっています。

ちなみに、センブリエキス、グリチルリチン酸2Kは育毛成分としての評価が高く、市販の育毛剤の多くに配合されている定番の育毛成分です。

したがって、センブリエキス、グリチルリチン酸2Kを配合していることは、薬用プランテルを選ぶ決め手にはなりません

④「薬用プランテル」が育毛剤としてオススメの理由は?それは「セファランチン」

薬用プランテルが抜群の血行促進効果を発揮して、「M字はげ専用育毛剤」を高らかにうたっている理由は3つ目の成分にあります。

それがセファランチンです。

セファランチンを配合している育毛剤は薬用プランテルをはじめとして指を数えるほどしかありません

セファランチンはツヅラフジ科の植物から抽出されたエキスで、円形脱毛症の治療薬として用いられています

このセファランチンには末梢血管を拡張する働きがあることが分かってりおり、末梢血管を拡張することで、血行促進の効果があります。

ただし、このセファランチンは2010年段階で日本皮膚科学会がAGA治療薬として用いることを推奨しないと表明した成分になります

加えて、セファランチンは単体ではそれほど優れた血行促進効果があるとは言えません

これもあって、ほとんどの育毛剤ではセファランチンの配合が見送られる結果になっています。

ただ、このセファランチン、単体では確かに血行促進効果は小さいのですが、決して使い道のない成分ではありません。

センブリエキスやグリチルリチン酸2Kの血行促進効果がアップすることを期待して、あえてセファランチンを配合したのが薬用プランテルです。

実際、薬用プランテルは優れた血行促進効果を持つ育毛剤として、その名を育毛の世界で知られています

前髪のはげに悩んでいるなら、まずは前髪の薄毛に特化している薬用プランテルを試してみることをおすすめします

6.まとめ

さて、上記の文章では前髪はげの原因とその対策について述べてきました。

前髪はげの原因は下記の3点になります。

  • AGAによって生じる男性ホルモンの活性化
  • 眼精疲労によって生じるシスチンの不足
  • 眼精疲労によって生じる血行不良

これらの前髪はげとなる要因を日々の生活で改善していく必要があります。

例えば、頭皮マッサージを行ったり眼精疲労を回復するための成分を摂取してやるという生活習慣を取り入れると良いでしょう。

また、育毛剤を使う場合は前髪部分のはげに特化している薬用プランテルがおすすめ。

セファランチンセンブリエキスグリチルリチン酸2Kという3つの成分の相乗効果で、優れた育毛効果を発揮して前髪はげを改善してくれます。

上記で紹介したような生活習慣の改善と育毛剤の使用を合わせて行うことで、手ごわい前髪はげを克服していきましょう。