お金をかけずにはげ予防! 経済的に予防する方法とは?

お金をかけずにハゲ予防!

月額3万円、年額なら36万円

専門のAGAクリニックではげの治療を行うのであれば、このくらいの金額が平均的な治療費になります。

そして、これらの費用は毎月定期的な出費となってあなたの懐を苦しめます。

特にはげの症状が進行してから、AGAクリニックを受診するようになると、育毛メソセラピーのような頭皮注射治療場合によっては植毛治療をすすめられることもあります。

こうなったら1年ではげの治療費が100万円を超える出費になることもしばしば。

こういった状況になってから後悔しないため、髪の毛があるうちに、しっかりとはげの予防を心がけた生活を送ることが大切です。

今回の記事ではお金をかけずにはげを予防することが出来る方法について紹介していきたいと思います。

これを読めば、お金をかけずにはげの予防を行うことが出来ます。

1.もしはげたくないなら、生活習慣を改善して予防しましょう

はげ予防を考えたとき、一番大切になってくるのは生活習慣を改善することです。

生活習慣の乱れははげる原因に直結しています

はげないために生活習慣で気をつけるべきは次の4つのポイントになります。

  • 定期的な運動を行う
  • 食生活を改善する
  • 睡眠をしっかりととる
  • はげにつながる悪習慣をやめる

では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

①定期的な運動を行う

運動

運動ははげの原因になるストレスを発散する効果があります。

ストレスがたまってくると、人間の体の自律神経で、交感神経と呼ばれる神経が活発になります。

交感神経には体を緊張状態にする働きがあることが分かっています。

体が緊張状態になると、血管も収縮してしまうため、頭皮に血液が行き渡らなくなります。

この結果、髪の毛を生成するのに必要な栄養素が供給されなくなり、はげの原因になってしまいます。

したがって、はげ予防を考えた場合、ストレスを発散してやることは非常に大切なことになります。

また、運動の効用はこれだけではありません。

運動を行うことによって汗をかくと、その汗の中にDHTと呼ばれる物質も含まれて、一緒に体外に排出されることになります。

汗をかく

このDHTと呼ばれる物質は体内において男性ホルモン5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合して生み出された成分になります。

このDHTが髪の毛をつくる毛母細胞に栄養を供給する毛乳頭細胞の働きを阻害することによって、男性の薄毛症状であるAGAは発生することになります。

したがって、この体内で生成されたDHTを汗で排出してやることは手っ取り早いはげ予防のための対策になります。

DHTの排出についてはこちらの記事をご覧ください。
「薬だけじゃない!?DHTを排出する2つの方法とその効果」

できればウォーキングのような運動を、毎日30分くらい生活に取り入れることをおすすめします。

②食生活を改善する

バランスの良い食事

食事に意識的に取り入れていきたいのが亜鉛ビタミンBになります。

亜鉛は髪の毛の原料となるケラチンを生成する際には無くてはならない栄養素になります。

この亜鉛が体内で不足してしまうと、髪の毛を作ることが出来なくなり、結果的にはげの症状が進行してしまいます。

亜鉛は魚介類肉類乳製品などに多く含まれていますが、特におすすめしたいのは煮干しを摂取すること。

煮干し 肉 乳製品

また、ビタミンB頭皮環境の改善に効果がある成分になります。

特にビタミンB2は頭皮環境の悪化に直結する皮脂の過剰分泌を抑えてくれる効果があり、はげ予防には効果的です。

ビタミンB2はホウレンソウなどの野菜に多く配合されています。

ほうれん草

また、はげの原因になる男性ホルモンの活性化を抑制する効果のある食材も積極的に摂取することがオススメです。

このような食材の例としては納豆豆乳豆腐といった大豆製品を挙げることができます。

納豆 豆乳 豆腐

大豆製品には大豆イソフラボンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは体内に入ると、女性ホルモンと同じ働きをすることが分かっています。

ホルモンには女性ホルモンが活発になると、男性ホルモンの働きが抑制されるという性質があります。

つまり、大豆イソフラボンを摂取してやることにより相対的に男性ホルモンの働きを抑えてやることができます。

食材に関しての詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。
「食事からでもAGAは改善できる?AGAの食事による対策」

③睡眠をしっかりととる

良質な睡眠

また、睡眠をしっかりとるというのも非常に大切です。

髪の毛は寝ている時間に生成されることが分かっています。

忙しくても7時間程度の睡眠時間を確保するのが、はげ予防を考えた時には理想的です。

加えて、髪の毛の生成は寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きが大きくかかわってきます。

この成長ホルモンの分泌が最も活発になると言われているのが、22時〜翌2時までの時間帯になります。

この時間帯は睡眠のゴールデンタイムとも言われていますが、最近では寝付いてから3時間がゴールデンタイムとも言われていますので、あまり気にしなくても良いのですが、7時間は眠るようにしましょう。

睡眠に関しての詳細はこちらの記事でも解説していますので参考にしてみてください。
「AGAの原因は睡眠不足かも!?睡眠と育毛の関係とは」

④はげにつながる悪習慣をやめる

喫煙

そして、最後がはげにつながる悪習慣をやめることです。

このような悪習慣の代表例に喫煙があります。

まず、断言しておきます。

喫煙者はタバコをやめることが一番のはげ予防になります。

タバコを吸うことによって、体内にニコチンと呼ばれる物質が吸収されます。

このニコチンを分解する際、体の中のビタミンが大量に消費されてしまうことが分かっています。

ビタミンには先ほど紹介したビタミンBはもとより、それ以外にもケラチンを生成する際の原料になるなど重要な役割を果たしているものも多く存在します。

したがって、ビタミンを大量に消費することはそのまま髪の毛の生成を阻害することにつながります。

喫煙をすることははげるのを促進しているといっても過言では無いでしょう。

また、喫煙をした際のニコチンの影響で体の血管が収縮状態になります。

これによって血行も一気に悪化してしまいます。

血行の悪化は髪の毛をつくる毛母細胞への栄養供給を滞らせ、髪の生成に重要な問題を発生させます

血行の悪化も喫煙の大きなデメリットになります。

もう一度言いますが、タバコを吸っている人は一刻も早く禁煙するようにしましょう

禁煙

それが実は最大のはげ予防の対策につながります。

2.適切なシャンプーにはげの予防効果がある?

シャンプー ボリューム

①適切なシャンプーにははげの予防効果がある?

さて、生活習慣に気を付けるだけでなく、日々の生活で使っているシャンプーにもこだわることがはげの予防には効果を発揮します。

具体的に言うと、普通のシャンプーでは無く頭皮ケアに特化した頭皮に優しいシャンプーを利用するということです。

②はげ予防効果のある「頭皮に優しいシャンプー」とは?

ポイントはシャンプーに含まれる洗浄成分にあります。

洗浄成分と言うのはその名の通り、髪の毛や頭皮についた汚れを洗い流すための成分になります。

この洗浄成分、通常のシャンプーであれば、ラウリル硫酸ラウレス硫酸といった名前の洗浄成分が使われています。

石油系シャンプー

このような洗浄成分が使われているシャンプーのことを石油系シャンプーと呼んでいます。

③石油系シャンプーの注意点

この石油系シャンプー、非常に洗浄力が高いシャンプーになります。

ただし、あまりに洗浄力が高いため、頭皮に存在する皮脂を根こそぎ洗浄してしまいます

皮脂というのは頭皮に存在する脂のような成分で、頭皮の表面に薄い皮脂膜という膜を張っています。

この皮脂膜と呼ばれる膜は外敵となる菌や紫外線のような刺激から頭皮を守っています。

頭皮のためには無くてはならない成分がこの皮脂になります。

ただ、石油系シャンプーのような洗浄力の高いシャンプーで毎日洗髪していると、この皮脂を必要以上に洗い流してしまいます

人間の体は皮脂が洗い流されると、頭皮を守るために皮脂の分泌を促すようになります。

ここまでは良いのですが、この際、以前よりも大量の皮脂を分泌することで頭皮をしっかり守ろうとする働きが体には備わっています。

このような流れで皮脂が大量に分泌されるようになると、それをエサにする雑菌が頭皮で異常に繁殖するようになります。

これにより頭皮に炎症が発生すると、髪の毛を生成する働きも著しく低下するようになり、結果的にはげの症状につながっていくことになります。

④アミノ酸系シャンプーがオススメ!

はげを予防したいと考えるのであれば、このような洗浄力の強い石油系シャンプーを利用するのではなく、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを利用することをおすすめします。

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分にココイルコカミドココアンといったアミノ酸系の成分を含んでおり、洗浄力を抑えたシャンプーになっています。

アミノシャンプー2

洗浄力が抑えられているため、過剰に皮脂を洗い流すといったようなことも無く、頭皮の炎症を引き起こすこともありません

頭皮環境の悪化ははげの原因に直結します。

頭皮環境の悪化ではげてしまわないためにも、しっかりとアミノ酸系シャンプーを利用してはげの予防を行っていくようにしましょう。

⑤シャンプーのやり方にも注意!

また、シャンプーを行う際にはもう一つ注意してほしいことがあります。

それがシャンプーのやり方になります。

爪を立てて頭皮をゴシゴシこするような洗い方をしている人が多いのですが、これはご法度です。

このような方法でシャンプーを行ってしまうと、頭皮に傷をつけてしまい、はげの原因になる場合があります。

シャンプーをする場合は指の腹を使って頭皮を揉んでやるようなイメージで行っていくのがポイントです。

heakea5

シャンプーのやり方についてはこちらで詳しく説明していますのでぜひ参考にしてみてください。
「AGAに効果のあるシャンプーってあるの?薄毛とシャンプーの関係性」

3.頭皮マッサージもはげ予防策の一つ!

マッサージ

お金をかけずに簡単に日々の生活に取り入れることが出来るはげ予防のための習慣を一つ挙げるのであれば、頭皮マッサージを紹介したいと思います。

頭皮マッサージに取り入れてほしいのは2つのマッサージ方法。

生え際のマッサージ頭頂部のマッサージになります。

生え際と頭頂部の2つははげが進行しやすい部位になります。

この2つの部位をマッサージして血行を促進してやることがはげの予防につながることなります。

①生え際のマッサージ

生え際のマッサージはおでこに沿って両手の指をくっつけてやることからスタート。

この状態で両手の指を使って頭皮を上下に動かしてやります。

これを20秒×3セット行います

②頭頂部マッサージ

また、頭頂部のマッサージは頭皮を両手で覆ってやり、その状態で頭皮を頭頂部に寄せる形で押してやります。こちらについても20秒×3セット行うことになります。

heakea8

これらのはげ予防のためのマッサージをお風呂上りなどの血行が良くなっている状態の時におこなってやることがおすすめです。

これによって頭皮の血行が促進されます。

頭皮の血行が促進されると、毛母細胞にきちんと髪の毛を生成するために必要な栄養素が供給されるようになり、髪の毛の生成が進みます。

頭皮マッサージは簡単でありながら、意外に効果の高いはげ予防の方法でもあります。

生え際のマッサージ・頭頂部のマッサージ、併せても1日3分程度の時間で済みます

この程度の作業ではげを予防できるなら、安いものです。

ぜひ生活に取り入れてみて下さい。

4.まとめ

さて、上記の文章ではお金をかけずに実行できるはげ予防のための方法について紹介してきました。

上記で紹介したはげ予防の対策は比較的簡単に生活に取り入れることが出来るため、明日からでもぜひやってみてほしいと思います。
特に下記の3つのはげ予防法は取り入れやすいと思います。

  • 煮干し・大豆製品を食生活に取り入れる
  • シャンプーをアミノ酸系シャンプーに変える
  • 頭皮マッサージを1日3分行う

はじめにこれらのはげ予防の対策からスタートして、徐々に他のはげ予防の対策を生活に取り入れていけばよいでしょう。

いったんはげてしまって、育毛剤の利用AGAクリニックへの通院をスタートすると、簡単にははげ治療をやめることは出来なくなり、はげ治療のための治療費が家計を圧迫し始めることになります。

そういった事態に陥ることの無いように、薄毛が気になり始めた今の段階からしっかりとはげの予防につながる習慣を日々の生活に取り入れていくようにしましょう。