若はげが進行した!でもまだ間にあう、原因究明と対処方法

アイキャッチ

男性型脱毛症のAGA、ほとんどの人が40代や50代の壮年期になってから薄毛症状が進んでいくもので、10代~30代くらいの年代の方は薄毛が顕著に進むこともないはずです。

しかし、実際には若い年代の方で薄毛に悩んでいる人も増えてきています。。。

そこで今回は、若はげと呼ばれてしまうような若い年代の方の薄毛についてまとめてみました。

若はげの原因はもちろん、若い人に特に多い生活環境の乱れがなぜ薄毛に影響するのか、そしてその対処法までをご紹介します。

0.AGAの仕組み

薄毛に悩む男子

AGAとは体内にある男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受け、非常に強力な男性ホルモンへと変化し、この強力な男性ホルモンが脱毛に作用し薄毛になってしまう症状です。

薄毛の人のおよそ9割はこのAGAであり、若はげもこの症状のケースが多いです。

AGAは主に、

  • 遺伝
  • 生活習慣の乱れ

から発症するといわれており、若はげは2つ目の生活習慣の乱れに起因している可能性があります。

AGAに仕組みについての詳細は下記記事を参考にしてみて下さい。
「AGAによる薄毛の原因と対策の総まとめ」

1.生活環境が乱れる4つの原因

四-min

生活習慣を整えるためには「ホルモンバランスの調整」「頭皮環境の改善」の2つのポイントを押さえることが大切です。

上記2つのポイントが乱れるときに考えられる要因として、以下の4点があります。

  • 質の悪い睡眠による乱れ
  • 食習慣の乱れ
  • ストレスによる乱れ
  • 不健全な嗜好習慣による乱れ

質の悪い睡眠による乱れ

睡眠2-min

質の悪い睡眠はホルモンバランスを乱すと共に、頭皮環境も悪化させてしまいます。

髪の毛を成長させる成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されますが、夜更かしをしたり、睡眠時間が短いと髪の毛を成長させるホルモンは少なくなります。

若い人は活動時間が夜のシフトしがちですので、そのような場合、毛髪を成長させるホルモンを分泌させる機会を逃しているという事になります。

また、夜更かしや睡眠時間が短いと自律神経を狂わせてしまいその結果、血行不良や、皮脂の過剰分泌を促し、頭皮環境を悪化させてしまうのです。

食習慣の乱れ

AGA 原因 飲酒3

これもホルモンバランスを大きく変動させる要因の一つで、時間的な不規則性と同じように、若年世代は健康的な食習慣とは言えない状態にある人が多くみられます。

たとえば、ジャンクフードを食べる機会が多いとか、スナック菓子など塩分や油分が多く体に良いとは言えない食品を多く摂りがちであるという事です。

油分は健康にとって重要ですが、過剰摂取と身体によくない油分は摂取量を少なくしないと頭皮に悪影響を及ぼします。

ストレスによる乱れ

ストレス

ストレスを感じている状態が続いてしまうと自律神経を乱し、ホルモンバランスにも頭皮環境にも悪影響を及ぼします。

人間関係でのストレスや仕事でのストレスなど、若い人にとってストレスと無縁でいるのは難しいことですが、長期間このストレスにさらされ続けると自律神経に異常をきたし、本来は休息できるはずの夜間なども緊張状態が続いてしまいます。

夜間は髪の毛を成長させる成長ホルモンが多く分泌されますが、リラックスした状態でなければこれらはあまり分泌されません。

その結果、髪の毛の成長は妨げられ、元気のない髪の毛に変わっていってしまうのです。

不健全な嗜好習慣による悪影響

一服一飲-min

これに関しては飲酒喫煙があげられます。

適度な飲酒は血行促進作用もあり、ストレスも軽減してくれますが、若い人では抑えが効かなくなってついつい飲み過ぎてしまう事があります。

適量を越えた飲酒は体内で「アセトアルデヒド」という有害物質を発生させますが、この物質はAGAの原因となる強力な男性ホルモンを増やしてしまいます。

喫煙に関しては適量という概念はなく、一方的に身体を不健康にします。

喫煙をすることで血流を阻害され、血行不良に陥るケースが非常に多く、また常習性があるので一日中、頭皮の血行不良状態が続いて毛根は常に栄養不足状態になってしまうのです。

2.生活習慣を整えるための対策

ここでは上記であげた原因に対する対策をご紹介します。

良い睡眠のとり方

良質な睡眠

良い睡眠とは身体がリラックスすることによって生まれます。

簡単にリラックスできる具体的な方法としては、

  • 週に1回は湯船につかる
  • 関節を回し、何回か伸びをしたり、ストレッチをする
  • 布団に入って電気を消してから深く深呼吸をする

などがあります。

湯船 ストレッチ 深呼吸

これらは全て副交感神経を高めることに繋がっています。

お風呂の温度は高すぎると身体の芯が熱くなってしまい寝付けなくなるので、ぬるま湯程度にするか入ってから少し時間をおきましょう。

食事の際に意識する

バランスの良い食事

栄養バランスや栄養素ももちろん大切ですが、大事な部分のエッセンスだけ抽出して2つだけご紹介するとこうなります。

  • 野菜や果物、海藻類を食べる
  • 肉よりも海産物を食べる

海藻類に関してはちょっと多いんじゃないか、と思うくらいの量を食べて丁度いいくらいになります。

イメージとしては「昔の日本人の食事+αが良い」という感じになります。

もっと詳しく知りたいという方はこちらを参考にしてみてください。
「食事からでもAGAは改善できる?AGAの食事による対策

ストレス解消

ストレス発散

ストレスを全く感じないというのはさすがに難しいので、ストレスをいかにして解消するかを考えましょう。

ストレス解消法はたくさんあり、旅行やカラオケ、ゲームや岩盤浴や運動など、自分にあったストレス解消法を見つけてみてください。

3.遺伝の場合

家系図-min

上記では生活習慣についてご紹介しましたが、もしも若はげが遺伝の影響だった場合、どのように対処すればよいでしょうか。

まず、髪の毛が薄くなったと思ったらクリニックに行き、AGAの遺伝子検査をしてもらいましょう。

原因が遺伝の場合、生活習慣の改善でAGAの進行遅延はできますが、発毛・育毛は難しいのでクリニックで治療しましょう。

注意点として、10代の場合はクリニックで治療を受けられないケースが非常に多いのですが、親御さんの同意書がもらえればOKな所もあるので、10代の方は真剣に親御さんに相談してみて下さい。

AGA遺伝子検査に関してはこちらの記事で詳しくご紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。
AGAの遺伝子検査ができる検査キットを利用して自分のはげリスクを知ることができる?」

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

大切なのは栄養豊富なよい血液、良い血流、そして健全な頭皮環境です。

また、薄毛は放置するとどんどん進行してしまいますので、生活習慣を改善するのと同時にAGA対策も考えなければなりません。

この記事でご紹介した内容には明日からできるものもありますので、ぜひ試してみてください。