フケと抜け毛は関係がある?2種類のフケとその対処方法とは!

抜け毛 フケ

フケというのは頭皮の角質細胞が剥がれることで発生し、汚いものという印象が強い方も多いかと思いますが、新陳代謝によって発生することが多く、誰にでも起こるものです。

ただ、そのフケが大量発生してしまうと、抜け毛の原因になってしまうとしたら、改善が必要になりますよね。

そこで今回は、フケと抜け毛についてまとめてみました。

この記事では、フケと抜け毛の関係性や、フケの原因から対処法、さらにはフケ症状に似た病気などについてもご紹介していきます。

1.フケで抜け毛が起こる仕組み

フケが毛穴に詰まることにより、抜け毛が発生する場合があります。

そもそもフケとは、肌のターンオーバーによって自然に発生するもので、誰でもフケが発生します。

ターンオーバーの周期が正常であれば問題はないのですが、ターンオーバーが早かったり、その他の理由でフケが増え、毛穴を詰まらせてしまうと頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えてしまうのです。

フケで抜け毛が起こる仕組み
~ターンオーバーとは?~

ターンオーバーとは新陳代謝の事で、角質細胞が皮膚の深いところから表面に押し出され剥がれ落ちるまでのサイクルのことです。

ターンオーバーは約1ヶ月周期で繰り返し行われていくもので、頭皮の場合、普段は目に見えないほどの小さなフケとして剥がれていきます。

2.フケの原因と起こる脱毛症

フケにはタイプがあり、下記の2種類に分けられます。

  • 乾燥したフケ
  • 脂性のフケ

そして、それぞれの原因や脱毛症に違いがあります。

乾燥したフケ

頭皮の乾燥が原因で、乾燥したフケは発生します。

頭皮の乾燥の原因としては、下記のようなものがあります。

  • 肌質に合わないシャンプーの使用
  • 室内外の温度差
  • 紫外線
  • 間違ったシャンプー方法
  • 生活習慣の乱れ

肌質に合わないシャンプーの使用

肌質に合わないシャンプーを使用することによって、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまい頭皮が乾燥する要因を作ってしまったり、刺激が強すぎることにより頭皮環境を悪化してしまいます。

ターンオーバーを乱す要因としては、肌質に合わないシャンプーを使用している場合が多く、ドラッグストアなどで市販されているシャンプーは安価で大量生産できる反面、洗浄力が強すぎる特徴があります。

もともと脂性肌の人ですとそれでも構わないのですが、乾燥肌や普通肌の場合はその強すぎる洗浄力が逆に頭皮環境を悪化させてしまいます

その結果、頭皮が徐々にひび割れてフケとして剥がれ落ちたり、かゆみを伴い掻いたことでフケが発生するようになります。

肌質に合わないシャンプーの使用

室内外の温度差

室内外の温度差により、頭皮にかいた汗が冷やされたり、冷やされた後にまた汗をかいたりと、それらを繰り返すことで頭皮の水分量が減少し、頭皮の乾燥に繋がっていきます。

これは夏場や冬場などによくみられる現象で、エアコンで快適な温度になっている室内と、室外の気温差で頭皮が乾燥し、フケが発生している人も少なくありません。

温度だけではなく湿度にも気を使いつつ、エアコンの風に直接当たらないなどの注意が必要になります。

室内外の温度差

紫外線

紫外線によって頭皮が炎症を起こし、乾燥してしまうことがあります。

日焼けなどを思い浮かべていただくと簡単ですが、紫外線を浴びすぎると頭皮も炎症を起こしてしまいます。

また、フケとは別になりますが、紫外線を受けることで髪の毛をつくる毛母細胞がダメージを受け、弱々しい髪の毛しか生えてこなくなり、その結果抜け毛が起きてしまいます

紫外線による乾燥

間違ったシャンプー方法

間違ったシャンプー方法を行うことで、頭皮に刺激を与え、フケやかゆみを発生させる原因になってしまいます。

間違ったシャンプー方法とは、爪を立てて洗うすすぎ残しがあるドライヤーでしっかり髪の毛を乾かすなどのことです。

爪を立てて洗う、すすぎ残しがある等は炎症を引き起こす原因になり、ドライヤーでしっかりと乾かしてしまうとオーバードライになり、直接頭皮が乾燥する原因になってしまい、その結果フケが発生してしまいます。

間違ったシャンプー方法2

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れによって、頭皮の健康状態を保つことが出来ずに乾燥してしまうことがあります。

生活習慣の乱れとは下記のようなものになります。

  • 偏った食生活
  • 睡眠不足
  • ストレスの貯め過ぎ
  • 運動不足
  • 過度な飲酒、喫煙

生活習慣が乱れると、栄養不足によって皮膚の水分が少なくなったり、血行不良で頭皮に必要な栄養が届けられなくなってしまいます

特に睡眠不足などは直接影響が出ますので、健康な生活習慣を意識しましょう。

生活習慣の乱れ3

上記でご紹介した5つの項目が頭皮を乾燥させ、フケを発生させてしまう主な原因となっている“と言われて”います

つまり、粃糠(ひこう)性脱毛症の原因はまだ明確にはなっていません

ただ、分かっていることとして、乾燥したフケが大量に発生した結果、粃糠(ひこう)性脱毛症が発症、フケが毛穴を塞いでしまい、雑菌が繁殖した結果、炎症が起きたり抜け毛が発生したりします。

脂性のフケ

マラセチア菌(癜風菌)が増えてしまうことが原因で、脂性のフケが発生します。

マラセチア菌(癜風菌)とは常在菌の一種で、人の肌に常時存在し、共存している菌の一種で、肌を弱酸性に保つ働きをしてくれ、皮膚を乾燥や刺激などから守ってくれる働きをしてくれます。

マラセチア菌(癜風菌)が増えてしまう原因としては下記のようなものがあります。

  • 過度な洗髪
  • 肌質に合わないシャンプーの使用
  • 気候や季節
  • 生活習慣の乱れ
  • 整髪料の洗い残し

過度な洗髪

脂性フケが発生する原因としては一番多いのが過度な洗髪になるのですが、過度な洗髪を行うことで頭皮は必要な皮脂が無くなったと認識、過剰に皮脂を分泌し、その結果マラセチア菌が増殖し、脂性のフケが発生してしまいます。

髪の毛や頭皮環境を綺麗にしようとして、1日2回以上シャンプーをするという方も少なくないのですが、実は洗髪は1日1回が適切な回数となっています。

1日2回以上行うことはむしろ逆効果で、結果的に皮脂を過剰に分泌してしまい、マラセチア菌が増殖してしまいます。

過度な洗髪

肌質に合わないシャンプーの使用

肌質に合わないシャンプーの使用も皮脂の過剰分泌を招き、脂性のフケを発生させる原因になります。

先ほどの乾燥したフケが発生せず、脂性のフケが発生する人の特徴としては、肌質が乾燥肌ではなく脂性肌という特徴があります。

つまり、合わないシャンプーを使うと自分の肌質によって乾燥したフケか脂性のフケが出てしまうということになります。

肌質に合わないシャンプーの使用2

気候や季節

気候や季節によって汗をかくと、汗と一緒に皮脂を分泌してしまい、その結果脂性のフケを発生させる原因になってしまいます。

これは季節や気候だけでなく、帽子を被っていても同じなのですが、蒸れた頭皮が原因でマラセチア菌が増殖してしまう可能性もありますので、しっかりと頭皮を乾かすことが重要になります。

気候や季節

生活習慣の乱れ

脂っこいものを食べたり、睡眠不足により皮脂の分泌が増えたりと、生活習慣が乱れることで皮脂のコントロールがうまくいかなくなり、脂性のフケが発生してしまいます。

生活習慣が乱れることで知らず知らずのうちにストレスも溜まってしまうのですが、ストレスも脂性フケが発生する原因の一つとして考えられています。

生活習慣の乱れ4

整髪料の洗い残し

整髪料の洗い残しにより、含まれる油分が毛穴に詰まったり、整髪料に含まれる成分の刺激で皮脂を過剰に分泌してしまった結果、脂性のフケが発生します。

よくあるケースとして、頭皮に刺激を与えないように洗髪した結果、整髪料やシャンプーのすすぎ残しがあったり、しっかり洗おうとして洗浄力の強いシャンプーを使った結果、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌を招いてしまう可能性があります。

整髪料の洗い残し

上記5つの原因によって脂性のフケが発生し、脂性のフケが毛穴に詰まり炎症が起きてしまいます(脂漏性皮膚炎)。

その結果、脂漏性脱毛症という脱毛症になり、抜け毛が発生してしまいます

3.フケの対処法

ここでは粃糠(ひこう)性脱毛症と脂漏性脱毛症の対処法についてご紹介します。

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症の対処法としては下記のようなものがあります。

  • 治療薬を使用する
  • 肌質に合ったシャンプーを使用する
  • 頭皮の保湿
  • 正しいシャンプー方法を学ぶ
  • 生活習慣を整える

粃糠性(ひこう)脱毛症の改善ポイントとしては、毛穴にフケが詰まらないようにする、つまりフケが出ないように対策していく必要があります。

ですので、皮膚科や薄毛治療専門クリニックへ行きステロイド剤ヒスタミン剤などの治療薬を処方してもらい、服用しつつ、シャンプーの変更正しいシャンプー方法を実践したり、生活習慣を整えることで改善していきます。

ただし、改善までは時間がかかりますので、根気よく続ける必要があります。

粃糠(ひこう)性脱毛症の対処法

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症の対処法としては下記のようなものがあります。

  • 治療薬を使用する
  • 生活習慣を整える
  • シャンプーは1日1回、自分の肌質に合ったものを使う
  • 正しいシャンプー方法を学ぶ

脂漏性脱毛症を抑制するポイントはマラセチア菌の増殖を防ぐところにあります。

ですので、治療薬はもちろん、皮脂が過剰に分泌しないようにシャンプーに気を使い、生活習慣を整えることで、皮脂の過剰分泌を抑え、改善していくことができます。

脂漏性脱毛症の対処法

4.フケの対処におすすめの育毛シャンプー

粃糠(ひこう)性脱毛症でも脂漏性脱毛症でも、どちらもシャンプーは自分の肌質に合った、刺激の強すぎないものを使う必要があります。

そこで今回は、皮脂を適度に残しつつ洗い流してくれるアミノ酸系シャンプーをご紹介します。

チャップアップシャンプー 

チャップアップシャンプー画像

ボタン2

チャップアップシャンプーの特徴

ここがおすすめ

  • RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用
  • 男女兼用出来、誰にでも合う

チャップアップシャンプーは美容師と毛髪診断士が共同開発しただけあって、美容のプロが注目しているシャンプー1位に輝いており、その他にもPoco’ceやandGIRLの雑誌でもその実力が認められています。

一番の推しは5つのアミノ酸系洗浄成分をバランスよく使用しているところで、アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱く、泡立ちも良くないという弱点がありますが、チャップアップシャンプーは泡立ちもよく、洗い上がりもさっぱりとしています。

また、チャップアップシャンプーには10種類のオーガニック成分が含まれており、トラブルを起こすことなく頭皮環境を綺麗にしてくれます。

誰が使っても味方になってくれるチャップアップシャンプーですが、さらにすごい事に定期便を利用すると、使用量によっては1日53円で済むコスパも素晴らしいポイントです。

ボタン2

U-MA シャンプー プレミアム 

U-MAシャンプープレミアム商品画像

ボタン2

U-MAシャンプー特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • ガゴメ昆布エキスに含まれるフコイダンにより頭皮を雑菌や乾燥から守る
  • 髪の毛の元になるたんぱく質「ケラチン」を配合

U-MAの推しは何と言っても馬油を配合しているところです。

馬油は人間の皮脂に非常に近い性質を持っており、肌に浸透しやすく、頭皮や毛髪の保湿効果があります。

また、フコイダンという成分の効果で頭皮を雑菌や乾燥から守ってくれますので、AGAなどの薄毛対策というよりは、頭皮環境を第一に考えたシャンプーになります。

また、髪の毛の90%を形成している「ケラチン」というたんぱく質を構成している18種類のアミノ酸全てが配合されていますので、髪の毛の成長にも効果はあります。

ただ、単品で購入する場合は税込4,320円定期購入だと3,460円と高価な部類ではあるとは思いますが、頭皮環境の事を考えれば、それに見合った効果を発揮するのではないでしょうか。

ボタン2

ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント 

ボタニストボタニカルシャンプー画像

ボタン2

ボタニストボタニカルシャンプー特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • 490mlで税込1,512円なのでお財布にやさしい
  • ダブルフレグランスでリッチな香り

ボタニスト ボタニカルシャンプーの良いところは安価で大容量なのに、成分にもきちんとこだわっているところです。

モイストスムーススカルプという3種類のタイプがありますが、それによって含まれている成分に若干の違いはあります。

しかしボタニカルという名前だけあって、どれもこだわりの植物由来成分を配合しており、弱酸性のせっけん成分になっているので、汚れを落としつつ、やさしく洗えます。

また、ダブルフレグランスという、異なる2種類の香りをミックスすることで今までにない華やかなでやさしい香りを楽しむことができ、この香りの虜になり、リピーターになった人も少なくありません。

ボタン2

5.フケ症に似た病気

フケ症に似た病気として下記のものがあげられます。

  • 乾癬(かんせん)
  • しらみ
  • アトピー性皮膚炎

一見フケ症状が出ているように勘違いする上記の病気、基本的に乾燥したフケや脂性のフケでご紹介した特徴に当てはまらない人はこちらも疑ってみてください。

その他の病気

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

フケは誰にでも起こるからこそ、ちょっとしたきっかけで大量に発生し、脱毛症になってしまう場合もあります。

頭皮環境は育毛を目指す上で非常に重要ですので、フケを抑えつつ良い頭皮環境を目指していきましょう。