M字薄毛の悩み解決!AGA治療薬【ザガーロ】の効果とは

ザガーロ

最近、抜け毛が多いなぁと気になったり、誰かに指摘されたりと、髪の毛がだんだん薄くなってきているのではないかと気にされている方も増えてきています。

ここでは、今までのAGA治療薬プロペシアに変わり得るAGA治療薬ザガーロについて説明していきたいと思います。

M字薄毛の原因やAGAの事などがまるわかり!

薄毛の謎を少しずつ紐解いていきましょう!

1.治療薬、ザガーロとは?

ザガーロとは男性型脱毛症の治療薬で、AGA治療に用いられる錠剤です。

元々は2009年に「アボルブカプセル」という名前で前立腺肥大症治療薬として厚生労働省から認可を得ていましたが、名前とカプセルの色が変わり、2015年9月から認可された新たなAGA治療薬として注目を集めています。

ザガーロには0.1mg0.5mgがあり、基本的には0.1mgの方を服用しますが、必要に応じて0.5mgが処方されます。そこは医師の指示に従ってください。

効果

AGAの原因でもある5αリダクターゼを阻害する働きがあり、プロペシアよりも強力な効果があります。

ザガーロは臨床試験で脱毛の進行遅延に留まらず、発毛、増毛の効果も立証されています。

服用方法

一日一回、錠剤を服用するだけです。食前や食後などの食事の影響も受けません

24時間置きに服用することが望ましいため、服用の時間はあらかじめ決めておいた方が良いですね!

効果が出るまではもちろん個人差はありますが、少なくとも6ヶ月間の服用は必要です。

ただし!ザガーロには副作用がある事と、使用上の注意がいくつかあります。

使用上の注意

  • 妊娠中の女性が服用したり触れたりしないこと

女性のAGA(FAGA、女性男性型脱毛症)にはザガーロの成分であるデュタステリドの効果は期待できません

それどころか、触れるだけで胎児の外性器の発育の影響を及ぼす恐れがあります…!

触れる事による経皮吸収の程度は明らかになっていませんが、その危険性は否定できないため触れる事も危険です

  •  幼児に服用したりしないこと

幼児に対する適用性も、女性と同じく確立されていないため、服用や触れる事による経皮吸収も避けた方がいいでしょう

  • 20歳未満の方が服用したりしないこと

残念ながら20歳未満を対象にした臨床試験を行っておらず適用性が確立されてないため、服用しないでください。

  • ザガーロ服用時は輸血や献血ができない

これは日本赤十字社でも注意喚起していますが、ザガーロ服用中は輸血や献血ができません

これはAGA治療に有効な成分(フィナステリド、デュタステリド)が女性や妊娠中の女性に移ってしまうのを防ぐためです。

輸血や献血をしたい場合はザガーロなら6カ月プロペシアなら1カ月と、一定期間待たなければいけません。

2.ザガーロはM字薄毛にも効果がある?

ザガーロはM字薄毛にも効果がある“場合”もあります。

…というのも、M字薄毛の原因には

  • AGAによるもの
  • 遺伝によるもの
  • 生活習慣によるもの

の三種類に分けられます。

AGAによるもの

AGAとは男性型脱毛症のことです。これは一般的に男性ホルモンの影響によりヘアサイクル中の髪の成長期が短くなってしまうことが原因です。

正しいヘアサイクルがこちら。正しいヘアサイクル

 

そしてAGAのヘアサイクルはこちら…!AGAのヘアサイクル

 

このように成長期がかなり短くなってしまうのが特徴です。

ザガーロはこの男性ホルモンが発生するのを抑える働きがあります。

遺伝によるもの

遺伝により抜け毛が増えやすい人も、M字薄毛になります。

遺伝じゃあさすがにザガーロも効果ないか…と思いきや、効果はあるのです!

…とはいえ個人差はありますが、ザガーロは抜け毛の原因でもある男性ホルモンの発生を抑制してくれるので、遺伝により抜け毛が増えやすい人の男性ホルモンでもきちんと抑制してくれます。

生活習慣によるもの

食生活の乱れによる栄養バランスの偏った食事や不規則な生活による睡眠不足、大きなストレスや運動不足などによる頭皮環境の悪化が原因です。

これには残念ながらザガーロは効果がありません…

なので、

  • 暴飲暴食を避ける
  • きちんと睡眠をとる
  • 適度な運動をする(ストレス解消と運動不足解消)

などで、地道にですが改善していくことができます。

3.副作用は?

プロペシアより強い治療薬ザガーロには副作用があり、次のようなものがあります。

① 性機能障害

副作用の一つとして一番多く報告されているのが勃起不全性欲減退、精子量の減少などの性機能障害です。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドが男性ホルモンの生成を阻害するためにこのような症状が出ると考えられています。

男性ホルモンの影響で進行する抜け毛を抑えるための薬なのでこれは仕方ないことなのかもしれませんね。

② 精神障害

数は少ないですが抑うつ症状神経過敏などが確認されています。

これも男性ホルモンが人間の「やる気」に関係しているからだと考えられています。

③ 胃腸障害

これについては腹痛から腹部不快感消化不良など様々な症状が確認されています。

ちなみに

副作用については他にも乳房障害や皮膚および皮下組織障害などが報告されています。

0.1mgと0.5mgでの副作用が発生する割合にそれほど差はありませんが、プロペシアに比べると副作用が強いとされています。

4.AGAの原因とは?

ここまではザガーロのことを説明しましたが、そもそもこの薬はAGA治療薬です。

では、AGAの原因とは何でしょう…?

AGAの原因

 AGAの原因は「ジヒドロテストステロン」という強力な男性ホルモンによるものです。

「ジヒドロテストステロン」は「テストステロン」という男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素の働きにより変化させられたことで発生します。

この強力な男性ホルモン、「ジヒドロテストステロン」が毛乳頭にある「アンドロゲンレセプター」と結合することにより抜け毛が増えてしまうのです。AGAの原因

5αリダクターゼ

AGA治療にはこの5αリダクターゼがとても重要で、この酵素には1型2型の2種類があります。

1型は側頭部後頭部などの皮脂腺に多く、2型は前頭部頭頂部などの毛乳頭に多く存在しています。

5αリダクターゼ

今までAGA治療で使われていたプロペシアは、2型の5αリダクターゼにしか効果はありません

その一方で、ザガーロは1型と2型どちらにも効果があります。

つまり、プロペシアとザガーロは同じ治療薬ですが、AGAの原因となる2種類の5αリダクターゼを抑えることができるので、ザガーロの方が強力なのです!

…ですが、どうして同じ治療薬なのに後に承認されたザガーロの方は1型と2型、どちらにも効果があるのでしょう?

それは、それぞれの治療薬に含まれる成分の違いにあります。

5.プロペシアとの比較 

AGA治療薬であるザガーロとプロペシアの二つを簡単に比較してみました!

ザガーロ プロペシア
有効成分 デュタステリド フィナステリド
種類 0.1mg 0.5mgの2種類 0.2mg 1.0mgの2種類
特長 1型2型5αリダクターゼを阻害 2型5αリダクターゼのみ阻害
副作用 性機能障害

精神障害

胃腸障害

性機能障害

肝機能障害

精神障害

飲み方 24時間置きに1錠服用が望ましい。

食事の影響は受けない。

使用期限 3年 0.2mgが30カ月

1.0mgが3年

価格 約9,000円 約4,500円~約7,000円

補足

  • ザガーロの0.1mgとプロペシアの1.0mgは同じ効果があります。
  • 価格については処方されるクリニックによって違いはありますが、命に関わる医療行為ではないため自由診療となっており、保険適用外なので少し高めの金額になっています。

6.他の治療方法の選択肢

ミノキシジル

他の治療方法としてミノキシジルというものがあります。この薬にも2種類あり、

飲むタイプの内服薬と、塗るタイプの外用薬があります。

外用薬はおそらく一度は耳にしたことがある方もいると思いますが、有名な育毛剤「リアップ」として発売されています。

この薬を一番効果的に使う方法はミノキシジルとザガーロ、ミノキシジルとプロペシアなど、併用して使用する方法が一番効果的と言われています。

メソセラピー

この治療方法はAGA治療における効果が実証されている成分(フィナステリドやデュタステリド)を直接頭皮に注射するやり方です。

個人差はありますが、僅かな頭髪の変化もカウントすれば、ほぼ確実にAGAが改善されていることが確認されています。

HARG療法

この治療方法も注射による治療ですが、メソセラピーとは違い、細胞成長因子と呼ばれる成分をメインに注入していきます。

細胞成長因子は脂肪由来の幹細胞から抽出された成分で、自らも成長因子を分泌しつつ、毛母細胞を活性化させる役割があります。HARGについて

 

自毛植毛

文字通り、自分の毛髪を薄毛の部分に植毛する方法です。

5αリダクターゼが2種類あり、自毛植毛で植毛する毛髪は5αリダクターゼの影響を受けにくい部分の毛髪を植毛します。

これにより影響を受けにくいという性質を持ったまま定着するので、生涯成長することができます。

しかし、デメリットもあり、

少し痛みが伴ってしまうことや、植毛を行った後もAGA治療薬を続けなければいけないこと、そして稀にきちんと定着しないこともあるようです…。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか?

M字薄毛やAGAについて、知識があれば安易に間違った選択をせずに済みそうですね!

ここで紹介した治療薬や治療方法も症状によって対処の仕方が違うので、医師と相談しながらどのような治療をするのか決めるのがベストだと思います。