植毛後も治療薬を続ける必要はある?植毛前に気を付けたい3つのこと

植毛後も治療薬を続ける必要はある?植毛前に 気を付けたい3つのこと

薄毛で悩んでいた場所から再び髪の毛が生えてくる植毛手術。

AGA治療で満足のいく結果が出ていなかったり今後かかってしまう費用を考えると、費用は高いですが、一度で終わる植毛を最後の手段として検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、AGA治療を受けている人には注意が必要で、植毛後に薬をやめてしまうと再び薄毛になってしまう危険性が潜んでいます。

今回は、植毛手術後の薬の継続の必要性薬を続けるべき人の特徴をご紹介します。

1.AGA治療薬を続ける必要はある?

結論から言うと、植毛後も基本的にはAGA治療薬を続けることが求められます。

AGAは進行性の脱毛症であり、治療薬はその進行性を止めるという役割を持っています。

そのため、治療薬をやめると止めていたAGAが再び進行し、薄毛を強めてしまうのです。

AGAにも関わらず、植毛後AGA治療を止めてしまった場合、下図のように植毛した部分以外でAGAが進み不自然なヘアになってしまいます。

1.AGA治療薬を続ける必要はある?

AGA治療薬の服用の継続については、植毛だけに限らず、AGA治療で髪の毛を取り戻した後にも言えることです。

詳しくはこちらをご覧ください。
AGAの治療薬は一生必要!?発毛後の対策とは

2.植毛に向いてる人・向いていない人

植毛に向いている人

上記の述べたことから、植毛に向いている人は以下のような人だと言えます。

植毛に向いている人

薄毛の原因が生まれつきや精神的なストレス等であった場合、薄毛は理不尽に進行するリスクはないので、植毛後も薄くなってしまうということはあまりありません。

また、既にAGAが強く表れる前頭部・頭頂部がかなり進行して髪の毛がなくなってしまっている場合には、これ以上薄くなってしまうということは考えられず、AGAになりにくい部分の髪の毛を植毛することで完治に近いような状態になることがあります

植毛に向いている人-2

また、AGA治療薬は個人差で副作用に悩むことがありますが、植毛をして頭皮環境・髪質などが変わることによって薬の種類や容量を変更し、副作用を和らげる必要があります。

植毛治療に向いていない人

逆に、植毛に向いていない人は以下のような人です。

植毛治療に向いていない人

冒頭でも述べたように、AGAを発症している人は植毛をしても薬を飲み続ける必要があるため、植毛が本当に今必要な手段なのかどうか検討してみることが大事です。

もちろん、植毛をした分、発毛効果のある薬でなくAGAの進行を止める薬だけでよくなるので、費用は幾分か下がります。

しかし、「毎月数万円の治療費を払うくらいならいっそ…」という風に薬と断絶するために植毛に踏み切るという考えは少し危険かもしれません。

3.植毛をする前に気を付けたい3つのこと

植毛をする前には、以下の3つに気をつけて検討していきましょう。

3.植毛をする前に気を付けたい3つのこと

①自分の薄毛の原因を知る

①自分の薄毛の原因を知る

自分の薄毛の原因がAGAであるかそうでないかは、植毛を検討するうえで確認すべき重要なことです。

AGAである場合、まずはAGAクリニックで投薬の治療を見て様子を見ていくことで、植毛による失敗を避けることが出来ます。

薄毛の原因を調べるには、AGAクリニックに行くことで検査をすることが出来ます。

AGAの遺伝子を持っているかどうかを調べる検査であれば、クリニックに行くことなく検査キットを使って調べることが出来ますよ。
AGAの遺伝子検査ができる検査キットを利用して自分のはげリスクを知ることができる?

②きちんと金銭計画をする

②きちんと金銭計画をする

植毛、AGA治療は大きなお金が絡むため、必ず計画的に治療を行っていくようにし今一度見直してみましょう。

AGA治療を継続するより、一度の植毛をする方が長い目で見たときには得ですが、植毛後も治療薬を続ける必要がある場合、月のメンテナンス費はかかり続けます。

植毛をしてすべて終わりだと考えていては、再び薄毛が進行してしまったときに打つ手がくなってしまいますので、植毛後も薬を飲み続けることを想定して資金を用意しましょう。

AGA治療や植毛にかかる具体的な費用や関連記事はこちらをご覧ください。
植毛の値段ってどれくらい?費用を安くする6つのお得術もご紹介
AGA治療にかかる費用をご紹介!具体的な金額はいくら?

③植毛以外の手段も検討する

③植毛以外の手段も検討する

植毛後も薬を飲み続ける可能性がある場合、植毛ではなく他の手段を検討してみることも手です。

例えば以下のような手段があります。

  • 増毛
  • SMP
  • かつら
  • メソセラピーやHARG治療

これらは植毛程費用はかからないので、まずはこのような方法を試してみるということもしてみてください。

どうしても植毛に賭けてみたいという場合は、治療薬を続けることを前提にクリニックに相談してみてくださいね。

増毛の仕組み大公開!3つの増毛法とそれぞれの特徴
育毛メソセラピーの効果と治療法、副作用を徹底解説
HARG療法ってどうなの?気になる効果とリスクを徹底調査!

4.植毛もAGA治療も出来るクリニック

植毛手術だけでなく、AGA治療にも強いおすすめクリニックを3つご紹介するので、ぜひクリニック選びの参考にしてみてください。

植毛もAGA治療も同一のクリニックで行うことによって、薬の種類や治療経過など情報の引継ぎの手間がないうえ、今までの治療に合わせた的確な処置を行ってくれます。

TOMクリニック

TOMクリニック

TOMクリニック

TOMクリニックは「AGA治療も植毛治療も視野に入れて治療していきたい」という人におすすめです。

AGAと植毛の治療を同時に取り入れた「BUSH治療」で、薄毛の悩みを根本的に解決します。

ロボットを用いたARTAS植毛は人件費を削減するので費用が抑えられ、費用は基本料金30万円に、2500グラフトで125万円と安さが魅力です。

詳細ボタン

親和クリニック

親和クリニック

親和クリニック

通常で使われる植毛専用のパンチより細いパンチを使う為、傷跡が目立ちにくく密度も出せるFUE植毛を行っています。

通常の植毛では刈り上げる後頭部を刈り上げずに行うことが出来るので、ばれずに植毛を行うことができ、オプションに洗髪があるのでケアもばっちりです。

AGA治療薬やメソセラピーの価格も比較的安いので、AGA治療と併せて検討できるクリニックです。

詳細ボタン

湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック紹介画像

湘南美容外科クリニック紹介画像

美容外科として絶大な知名度を誇る湘南美容も植毛を取りあつかっています。

なんといっても幅広い治療メニューが特徴で、自毛植毛だけでなくAGA治療のメソセラピー治療薬の処方、頭皮環境を整えるヘッドスパ頭皮への脂肪注入ボトックスなど美容外科らしさがあります。

ロボットを使ったARTAS植毛も選択することが出来、職網手術の選択肢を広げて検討することが出来ます。

詳細ボタン

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック キャプチャ

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックは国内シェアNo.1(2013〜2015年)の植毛治療クリニックで、累計2万人以上の手術実績を持っている信頼性のあるクリニックです。

時間をかけすぎるとドナーを死滅させてしまうため推奨されなかったFUE法での大量植毛(メガセッション)を成功させた実績もあるので、傷跡を残したくないという人におすすめです。

通常であればドナー部分を採取しやすくするために髪の毛を刈り上げるのですが、アイランドタワークリニックは刈り上げずとも植毛を行える「刈らないDirect」法もあり、その技術力がうかがえます。

さらに、交通費・施術当日の宿泊費はクリニックが負担してくれるので、遠方からの人のお財布にも優しいです。

そして今なら、ここで記載されているサイトから無料カウンセリングを予約すると、基本治療費である20万円がなんと無料になるキャンペーンも行っているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

詳細ボタン

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

薄毛に原因がAGAである場合、植毛をした後に薬をやめると再び症状が進行してしまうため、防ぐためにはAGA治療薬の継続が必要になります。

しかし、植毛手術はほぼ確実な効果が見込めるので、薬を飲み続けることを前提とした上でなら得られるメリットは大きいのではないでしょうか。