育毛剤の効果と真実と絶対にオススメの育毛剤

育毛剤 効果

育毛と言えば育毛剤、というくらい現代の育毛の要となっている育毛剤ですが、その種類はかなり多く、実際に育毛剤を使ってみようと思うけど、

「何を選んでよいのか分からない…。」
「育毛剤を使ったけれど、思ったように改善されなかった…。」

という方も少なくありません。

そこで今回は、薄毛改善のための育毛剤に本当に効果があるのか説明したいと思います。

この記事では、育毛剤の効果や分類、そしておすすめの育毛剤などをご紹介します。

1.育毛剤の効果

育毛剤の効果としては下記のようなものがあります。

  • 男性ホルモンの影響を抑制する
  • 頭皮の血行促進
  • 皮脂の分泌を抑える

育毛剤は数多くありますが、どんな育毛剤でも必ず効果はあります

ただ、育毛剤は値段配合される成分それぞれ違うため、その効果が望むような効果であるとは限りません。

また、薄毛の原因や進行具合によって使用すべき育毛剤も変わってくるため、自分の望む効果をしっかりと出すためには薄毛の原因や育毛剤の成分などの知識が必要になります。

2.育毛剤の分類とは

医薬品には下記の2種類があります。

医薬品と医薬部外品の違い

この2つを分けるポイントは、人体に対する作用の強さです。

医薬品は効果が国に認められている代わりに、副作用のリスクもあり基本的に医師の処方箋無しで購入することが出来ません。

一方、医薬部外品は、人体に対する影響は弱いものの、副作用もリスクも少なく、安全ではあります。

ただし、どこでも買える反面、しっかりとした効き目は期待出来ないという部分もあります。

3.育毛剤に期待出来る効果

 医薬部外品と医薬品の2種類に期待出来る効果をご紹介します。

医薬部外品の育毛剤

 医薬部外品の育毛剤

こちらは正直に言うと、薄毛を大幅に改善する力はありません。

というのも、人体に対する作用が弱いため医薬部外品の扱いを受けているため、期待出来るレベルのその分低いものになります。

具体的に言うと、

  • 保湿によって頭皮を柔軟に保つ作用
  • 殺菌作用
  • 弱い血行促進作用

などです。

これらは育毛的に効果がありますが、やはり進行してしまった薄毛を改善するというところまではいかないでしょう。

医薬品の育毛剤

 医薬品の育毛剤

医薬品の育毛剤も効果が出る差は大きく、医師の処方なしで買える医薬品育毛剤は一部を除いて効果は限定的です。

例えば、処方が要らない医薬品育毛剤には「塩化カルプロニウム」という成分が含まれているものがありますが、これには血行促進作用があります。

しかし、日本皮膚科学会が定めた薄毛治療のガイドラインでの評価はC1、つまり「治療に用いることを考慮しても良いが、あまりおすすめ出来ない」という意味です。

このように、薄毛が進行してしまったものに対しては、現状維持がやっと、もしくは進行を遅らせる程度の期待しか出来ないと考えてよいでしょう。

ただし、一つだけ例外があります。

それは「リアップ」という製品で、これはAGAに特に有効とされる成分を含んでいるので、高い効果が期待出来ます。

4.「リアップ」について 

大正製薬から発売されているリアップシリーズは現在、発売当初の製品よりも有効成分の濃度を高めた「リアップX5」という製品が主流です。

リアップ

リアップに配合されている「ミノキシジル」という成分には、強い血流増進作用と、新しい血管を作る作用があります。

血行促進作用については他にもたくさんの成分が同じ作用を持っていますが、リアップの方が圧倒的に強いです。

また、頭皮の毛細血管を新しく作る作用もあるので、頭皮に栄養をたくさん送ることが出来ます。

AGAが進行してしまうと、毛根が弱ってしまい、最悪、頭皮の毛細血管も退化していきます。

そこにミノキシジルを投与すれば、強制的に血流量を回復させ、弱った毛根を蘇らせていきます。

minokisiziru

医療現場ではミノキシジルは外用薬のほかに内服薬としても使用することがありますが、市販されているものとしては外用薬でしか購入することは出来ません。

このようにミノキシジルは非常に強い効果を発揮し、AGA治療では治療の主軸の一つなりますが、注意が必要な点として、AGAの根本的な原因には作用出来ません。

AGAを効果的に治療するにはDHTの生成を抑えなければならずミノキシジルにはこの効果がないので毛根への攻撃は行われたままになります。

ミノキシジル DHT

ミノキシジルの効果や副作用についてはこちらで詳しく記載していますので参考にしてみてください
AGAでも髪が生えてくる!ミノキシジルタブレットの効果と副作用

5.医師が処方する育毛剤について

 医師チェック

この育毛剤については効果も強いため、使用する人の体質持病の有無によっては危険が伴うこともあります。

そのため医師の判断のもとで使用量などが検討されます。

この処方される育毛剤が「フィナステリド」になります。

フィナステリド 

ファイザー

AGA治療ではDHTをいかに抑えるかが決め手になります。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼの影響を受け、DHTになってしまうのがAGAですが、このDHTが脱毛シグナルを出し、抜け毛が起きてしまいます。

hormone 5α DHT

フィナステリドはこの5αリダクターゼの発生を阻害し、DHTを抑制します

DHT 防ぐ

フィナステリド製剤は主に内服薬として使用されるので効果も強いものですが、生殖機能精神系への副作用も確認されています。

発生頻度は1%くらいなので、医師の判断がきちんとしていれば心配はいりません。

フィナステリドについてはこちらの記事でも詳しく書いていますので参考にしてみてください。
プロペシアの主成分フィナステリドの効果と副作用

ミノキシジル 

ミノキシジルタブレット

処方される育毛剤としてもう一つ、代表的なものが先程も説明したミノキシジルです。

このミノキシジルとフィナステリドを併用すれば、進行してしまった薄毛でもかなりの改善が見られるでしょう。

6.おすすめの育毛剤

それでは最後に、市販されている中でおすすめの育毛剤についてご紹介します。

チャップアップ 

チャップアップ画像

ボタン2

チャップアップの特徴紹介

ここがおすすめ

  • 育毛剤で一番多い81種類の成分数
  • 単品で購入する場合の費用が一番安い

最近、電車などの広告で多く見かけるこのチャップアップ、その知名度だけではなく効果も認められており、非常に多くの人に使われています。

81種類の成分が配合されているにも関わらず、無添加・無香料なので頭皮や肌が荒れる心配もありません。

また、チャップアップの大きな特徴の一つとして「永久返金保証制度」というものがあります。

これは文字通りいつでも返金保証を受けられるというもので、商品に自信があるからこそ出来る制度ですね。 肝心な成分もしっかりしており、

  • ミノキシジルと同等の育毛力を持つ「M-034」
  • 頭皮の血行を促進する「センブリエキス」
  • 炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」
  • かゆみやアレルギーなどを抑える「ジフェンヒドラミン塩酸塩」

これらの他にも育毛に良い成分が配合されています。

どんな育毛剤が良いのか迷った時には、とりあえずこれを使っておけば大丈夫とおすすめ出来る程、魅力的な育毛剤です。

ボタン2

BUBKA

BUBKAの画像

ボタン2

BUBKAの特徴画像

ここがおすすめ

  • 定期購入なら初回が5,980円で購入出来る
  • AGAの原因である5αリダクターゼを抑制出来る

BUBKAの特徴の一つとしては、独自開発した「ナノリッチ製法」というやり方でM-034を濃密に配合しており、その濃度は業界でもトップを誇っています。

またコラーゲン成分を配合しているため頭皮にハリが生まれ、その結果、頭皮の血行が良くなります。

そして、育毛剤では初となる分子をミセル化することで、育毛成分が極小化され驚異の浸透力を実現しています。

BUBKAにも全額返金保証はありますが、30日以内という縛りはあります。

ボタン2

フィンジア

フィンジア画像

ボタン2

フィンジア特徴画像

ここがおすすめ

  • 副作用の出る成分を含んでいない
  • 定期便の解約は1カ月からでもOK

フィンジアの一番の推しは、新しい育毛成分であるキャピキシルとピディオキシジルを5%ずつ配合している点です。

簡単に効果を説明すると、キャピキシルにはAGAの原因である5αリダクターゼの抑制効果が、ピディオキシジルにはミノキシジルと同じ血行促進の効果があります。

つまり、効果の出方の差はありますが、フィンジア1本でAGA治療薬のメインであるプロペシアとミノキシジルの効果を受けることが出来ます。

それでいて、AGA治療薬のように副作用は出ない成分ばかりを配合しているので、AGA治療薬が合わなかった人や、副作用が怖い人に特におすすめです。

ボタン2

7.まとめ 

いかがでしたでしょうか?

薄毛を治療するのなら、薄毛治療専門のクリニックが一番安心ではありますが、クリニックが遠かったり、薬の副作用が嫌だったりと様々な理由で通えない人も少なくありません。

そんな時は今回ご紹介した育毛剤や、育毛サプリや育毛シャンプーを併用し、自宅で治療するという方法も考えてみてください。