育毛剤とドライヤーで育毛効果を高めろ!正しい方法と注意点

アイキャッチ

育毛剤とドライヤーってどちらを先に行うべきなのか、迷っている方も非常に多いです。

また、育毛剤もドライヤーも間違った方法で行っている方も少なくありません。

ただ、正しいやり方をしたからってそんなに変わるものなのでしょうか…?

そこで今回は、ドライヤーと育毛剤について詳しくまとめてみました。

ドライヤーと育毛剤の良くない使用法や、正しい使用法はもちろん、さらに効果を高められる方法についてもご紹介します。

1.ドライヤーと育毛剤の正しい順番

 育毛剤とドライヤーの順番

結論から言うと、ドライヤーの後に育毛剤が正しい順番になります。

また、髪の拭き方やドライヤーについても温風や冷風の使用タイミングがありますので、それも合わせてご紹介します。

①タオルドライ

 toweldry

まずはこちらをご覧ください。

髪を乾かすときはまずタオルに水分を吸わせますが、その時意識するポイントが3つあります。

  • こすらずに優雅に揉むように拭く
  • 頭皮の水分をタオルで吸収させるように意識する
  • 摩擦に気を付ける

摩擦は髪の毛にとっては良くないので、ゴシゴシとこするのではなく、まるでCMに出ている女優のような気分で拭くくらいが良いでしょう。

また頭皮が濡れてしまっている状態でドライヤーを当てても、髪の毛と頭皮の間に溜まっている水分が邪魔をして髪の毛が乾きにくくなってしまう可能性があります。

また、乾きにくい場合は必然的にドライヤーを当てる時間が長くなってしまうと思いますが、ドライヤーを当てる時間が増えれば増えるほど、髪の毛にダメージを与えてしまいますので、頭皮を必ず拭くようにしましょう。

②ドライヤー(温風) 

hairdryer-hotair 

タオルドライである程度水分を吸収したら、次はドライヤーで温風を当て、水分を飛ばしますが、ここで意識するべきポイントは下記のようなものになります。

  • 完全には乾かさない
  • 根元から乾かし、乾きやすい毛先は後で
  • 1か所に長時間当てず、ドライヤーのヘッドを左右に振りながら当てる

ここで一番重要なのは完全に乾かさないという事です。

完全に乾かしてしまうとオーバードライという状態になってしまい、簡単に言うと頭皮が砂漠みたいになってしまうのですが、これは髪の毛にも頭皮によくない事で、皮膚はある程度水分を保ったみずみずしい状態がベストなのです。

ドライヤーの当て方ですが、基本的にはキューティクルに沿ってドライヤーのヘッドを左右に振りながら温風を当てることを心がけることで、キューティクルへのダメージを防げます。

キューティクルに沿って、とは、根元から先の方に沿っての方向の事を言い、こうすることで髪の毛は自然な形で水分を飛ばすことができるので、毛へのダメージが少なくなります。

逆にキューティクルに反して温風を当ててしまうと毛の水分を余分にとってしまいますし、キューティクルが閉まらなくなって髪の毛がぱさついてしまう可能性がありますので注意が必要です。

③ドライヤー(冷風) 

hairdryer-coolwind

ある程度水分を飛ばしたら、冷風を当てましょう。

そうめんなどを思い返してもらうとわかりやすいかもしれませんが、最後は冷水で締めますよね。

原理は違いますが、そうめんと同じで髪の毛のキューティクルも最後に冷たい風を当てて締める必要があります。

冷風を当てるときも、髪の毛を乾かし過ぎないことに注意しましょう。

④育毛剤の塗布 

hairtonic-coat

最後に育毛剤を塗布します。

ポイントとしては薄毛や気になるポイントの「地肌」に塗布することです。

ドライヤーで良い感じに乾かした状態の頭皮は育毛剤も浸透しやすくなっていますが、この時により浸透させるために「塗布してから5分間」は放置しましょう。

これはその間にマッサージなどを行ってしまうことで手に付着してしまうのを防ぐためです。

浸透時間が終わったら、最後に頭皮マッサージをして、血行を良くして毛根を活性化します。

以上が正しいドライヤーと育毛剤の使用法です。

2.髪を乾かすときの注意点 

注意

髪を乾かすときの注意点としては以下の2点があげられます。 

  • ドライヤーは同じ部分ばかりに当てない
  • 髪は完全に乾かさない

ドライヤーは同じ部分ばかりに当てない

 同じ部分にドライヤーを当て続けない

ドライヤーの発する熱は、割と短い間でも同じ場所に当て続ける火傷してしまうぐらい高いです。

皮膚が火傷するくらいの温度ですから、頭皮も当て続けたら火傷しますし、髪の毛に当て続けたらもちろん髪の毛も焼けてしまいます。

やらなければいけないのは、温度を調節するためにまず、ドライヤーのヘッドを常に左右に振り同じ場所に高温の風が届きすぎないようにすること、そしてドライヤーを持っている手と反対の手で髪の毛をぱさぱさと動かしながら乾かすことです。

髪の毛は完全に乾かさない 

髪の毛を完全に乾かさない

先ほども紹介しましたが、ドライヤーを使用して完全に乾かすことはやめましょう。

艶のある正常な皮膚はもともと水分を含んでおり、それは頭皮も全く同じなので、肌が乾燥しきってしまうと角質が剥がれてきてしまうため、フケや痒みなどが発生します。

これは頭皮環境としては最悪な状態で、この状態で育毛剤を塗布しても育毛剤の成分のせいで肌が荒れてしまう可能性があります。

肌が荒れてしまうともちろん毛根にもよくないですし、かゆみを伴うので掻いてしまってさらに頭皮を傷つけてしまう可能性があるのです。

3.順番を間違えてしまうと育毛剤の効果が半減する? 

 育毛剤使用後にドライヤーをかけてはならない理由

頭部の発毛環境をトータルサポートする育毛剤ですが、ドライヤーの順番を間違えてしまうと効果が半減してしまいます。

ドライヤーの前に育毛剤をかけてはならない理由 

まずは頭皮とドライヤーの観点から説明します。

ドライヤーをする前に育毛剤をかけてはならないのは、ズバリ残っている水気にあります。

水気が残った状態のまま育毛剤を塗布してしまうと、残っている水分と混ざり合って育毛剤の成分が薄まってしまいます。

そうなると本来、浸透するはずの成分が浸透しなくなってしまう可能性がありますので、これらの水分を飛ばして頭皮をある程度乾かし、頭皮に育毛剤がうまく浸透するようにする必要があります。

育毛剤をかけたあとにドライヤーをかけてはならない理由 

今度は育毛剤の観点から説明します。

育毛剤をかけたあとにドライヤーをかけると塗布した育毛剤が蒸発してしまいます。

育毛剤は本来頭皮や毛穴に浸透させるためのものなので液体ですが、ドライヤーは水気を蒸発させて飛ばすための道具です。

育毛剤が蒸発してしまうだけではなく、育毛剤の中に含まれている成分が過熱によって変化してしまったり、破壊されてしまって本来の作用とは違う効果を起こしてしまう可能性があります。

ドライヤーを後からかけてしまうことは、育毛剤の効果を半減させるだけではなく、危険性もあるのです。

4.育毛効果をさらに高められる3つのポイント 

 3

ドライヤーと育毛剤の後に実行すると育毛効果をさらに高められるポイントとしては以下の3つがあります。

  • 育毛剤を塗布後、5分間放置する
  • 5分間の間に肩こりをほぐす
  • 5分経ったら頭皮マッサージを行う

育毛剤を塗布後、5分間放置する 

5分放置

育毛剤は浸透させなければ効果は薄いため、5分間放置し、育毛剤を頭皮や毛根部分に浸透する時間を作ります。

浸透させるための時間を作るという事実は、ネット上やネットで公開されている動画でもあまり紹介されておらず、すぐにマッサージに移ってしまうものが多いです。

すぐにマッサージに移ってしまうと、育毛剤が手に付着してしまい、塗布した範囲よりも広がってしまうため、効果が薄れてしまいます。

5分間の間に肩こりをほぐす 

セルフ肩揉み

放置している5分で肩こりをほぐすことで、頭皮への血流を促進させます。

脳に向かう血液の一部は肩を通り、首を通って頭頂部に向かうのですが、頭頂部に向かう道中が凝り固まってしまっていると、当然流れる血液の量も減ってしまいます。

5分間は自分で肩をもみ、首も凝っている場合はほぐしたりして、育毛剤が浸透するのを待ちましょう。

5分経ったら頭皮マッサージを行う 

 頭皮マッサージ

まずはこちらの動画をごらんください。

肩や首の道中の血液の通りを良くして、育毛剤が浸透したら、最後に行うのは頭皮マッサージです。

頭皮マッサージを行うことで毛根付近の血流を活発にさせます。

ゆっくりと揉みあげるように頭皮をマッサージしていきましょう。

5.まとめ 

育毛剤とドライヤーのつける順番についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事で覚えていただきたいのは、

  • タオルドライやドライヤーで水分を飛ばしてから育毛剤を付ける
  • ドライヤーで完全に乾かすことはしない
  • 育毛剤は塗布して5分間は放置し、その間にマッサージなどを行う

ということです。

育毛剤がしっかりと浸透する環境をドライヤーで作って、より効果のある状態を作り出してから塗布していくようにしましょう。