生え際が後退する若はげを引き起こす3つの原因と対策・隠す方法まとめ

若はげ 生え際

【2018/1/16更新】

若はげの中でも、生え際が後退してしまうパターンがあります。

このパターンになってしまうと、風が吹いた時やお風呂に入った時など生え際が露出してしまい、暗い気持ちになってしまいますよね…。

しかし、若はげを直したくても原因が分からなければ対策が出来ませんし、「こういう運命だったんだ…」と絶望しかねません。また、どうして生え際だけが薄くなってきたり、進行してしまうのか不思議ですよね。

そこで今回は、生え際が後退する若はげを引き起こす3つの原因についてまとめてみました。

若はげの対策や、今日から出来る生え際隠しの方法も伝授しますよ。

1.生え際が後退する若はげの原因

若はげの中でも、生え際が後退するなどの症状が気になる若はげには、以下の3つが考えられます。

生え際が後退する若はげの原因

一つずつ解説していきます。

1-1.AGA

若はげの典型的な「M字はげ」や「U字はげ」は、AGA(男性型脱毛症)が主な原因となっています。

AGAとは

AGAは、強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と反応してしまうことで、毛の発毛や育毛の指令を出す毛乳頭細胞の機能を抑制し、抜け毛や薄毛の症状を出します。

AGAは年齢に関係なく発症する為、10代や20代といった若い年代の人が若はげとして悩みを持ってしまうことになります。

ホルモン受容体と若はげの関係

ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)は前頭部や頭頂部に多く集まっている為、それぞれ受容体の感受性が強い人は男性ホルモンの影響を受けやすく、若はげに繋がってしまうことがあります。

若はげには「M字はげ」「U字はげ」「O字はげ」の3つの種類があります。

若はげの種類

頭頂部の受容体の感受性が強い人はO字はげになりやすく、今回ご紹介している生え際が気になる若はげはM字はげやU字はげに分類され、前頭部の受容体の感受性が強いといえますね。

感受性の強さについては個人差体質、遺伝によって変わると言われています。

ホルモン受容体と遺伝についてはこちらの記事で紹介しています。
アンドロゲンレセプターの働きと薄毛の遺伝の真実とは!

1-2.病気

病気によって脱毛症状が起こり、結果的に生え際が後退してしまうことがあります。

例えば、以下のような病気が挙げられます。

病気によって脱毛症状が現れる病気

ただ、これらはAGAのようにダイレクトに生え際のみに症状が出るわけではありません

例えば、甲状腺異常膠原病(こうげんびょう)の場合は全体的な薄毛や抜け毛の症状梅毒では側頭部に円形の抜け毛脂漏性皮膚炎全体的な抜け毛や部分的な抜け毛が見られます。

また、これらの病気は急激な抜け毛など症状が分かりやすいこともある為、異常なまでに抜けてしまったり、体の調子がよくない場合は一般病院で診察を受けるようにしましょう。

脱毛症状が現われる病気についてはこちらで初期症状などを詳しく説明していますので是非ご覧ください。

抜け毛を起こす9の病気!症状や原因などを徹底解説

1-3.生活習慣

生活習慣がよくないと、体のバランスが崩れ若はげを進行させやすくなってしまいます。

以下のどれかに当てはまった生活をしていませんか?

偏った生活習慣

栄養不足は髪を育てることが出来ませんし、喫煙やストレス・肥満は血流を悪くしてしまいます。

遺伝や体質的に若はげのリスクのない人でも、生活習慣が悪いと若はげを発症させてしまうことがあります。

若いうちは体力が持つので、不規則な生活習慣をしていても大丈夫かもしれませんが、毛髪は悲鳴をあげてしまっています。

自分の髪の毛のSOSに一早く気付き、今後ずっと若はげで悩んでしまうことがないように対策をしていきましょう。

2.生え際が後退する若はげの対策

生え際が後退する若はげの対策として、以下の3つをご紹介します。

生え際が後退する若はげの対策

◎AGAクリニックで治療

若はげの原因がAGAである場合。AGAクリニックで治療することをおすすめします。

AGAクリニックは毛髪専門のクリニックなので、専門性に特化し、一般的なAGA治療である投薬治療に加え、薬剤を頭皮に直接注入するメソセラピーヘッドマッサージなど、クリニックによって特徴ある治療方針があるので、自分の症状に合わせることが出来ます。

生え際が気になる旨を伝えれば、きっと最適な治療法を提案してくれるでしょう。

主なAGAクリニックと特徴については、こちらを参考にしてみてください。

主なAGAクリニックと特徴

あなたに合ったクリニックが見つかる!都内のAGA専門病院8選

しかし、AGAの治療は保険が適用にされないので治療費が高額になりやすく、若はげを発症する10代20代にとっては厳しい金額になるかもしれません。

ローンも組むことが出来ますが、自分の将来や治療予算をよく考慮してから契約を行うようにしてください。

その場合は、次にご紹介する育毛剤を検討してみてください。

◎育毛剤を使う

育毛剤を使うことで頭皮に直接育毛成分を浸透させ、若はげを改善していくことが出来ます。

完全に薄毛になってしまってから始めるもの、と誤解されやすい育毛剤ですが、育毛剤は今ある髪の毛を強く育てる為にあります

無くなってしまったところに育毛剤をつけても効果はないのです。

育毛剤はAGA治療と比べて安価なものが多く、AGA治療で使われる内服薬の成分と似た働きを持つ成分が含まれていることがある為、若はげに悩む世代でも取り入れやすいのではないでしょうか。

育毛剤選びで見るべき点は何よりも成分です。こちらの記事で「ノコギリヤシ」「リデンシル」など32種類の育毛成分を分析していますので、是非育毛剤選びの参考にしてみてください。
育毛剤の成分を徹底分析!32種類から最高のものを探し出す!

◎生活習慣の見直し

生活習慣を見直し、頭皮への栄養や血流を良くして若はげを改善させましょう。

生活習慣の見直し

「生活習慣をきちんとする」、説教臭く聞こえるかもしれませんが、これって本当にとても大事なことなんです。

また、生活習慣を正しておけば、本当は別の病気なのに生活習慣が悪いことで若はげが進んでいる、と誤診をされることも無くなります

自分自身でも、生活習慣は乱れていないのに調子が悪いことにすぐ気付けるので、自分の体をより気遣うことも出来るようになるでしょう。

一早い若はげの改善の為には、自分で対策出来る限りのことはしておきましょう。

食事で摂りたい栄養素など、生活習慣で気をつけたい具体的な若はげ対策はこちらの記事を見てみて下さい。

生活習慣の改善は若はげに効果あるの?乱れる原因と具体的な対策

3.生え際を隠す方法

生え際を隠す方法には、以下の方法があります。

生え際を隠す方法

先述した、育毛剤や生活習慣の改善のような対策を行っても、効果に即効性があるわけではありません

少しずつ効果が出てくるまで、生え際をうまく隠していってみてくださいね。

◎スタイリングで隠す

スタイリングで隠すことによって、風を心配しないで良いだけでなく、身だしなみを整えることが出来ます

スタイリングの方法が分からない人は、こちらの動画を参考にしてみてください。
悩み別!スタイリングのコツ:生え際を隠したい(髪のせんせい)

慣れるとコツも分かってくるので、自分の隠したい部分もうまく調節していくことが出来ます。

注意点としては、きちんと毎日髪を洗ってスタイリング剤を落としておくことです。

スタイリング剤が残っていると、頭皮に汚れや皮脂が溜まって脂漏性皮膚炎やフケなどの頭皮トラブルを起こしてしまうので気を付けましょう。

◎帽子を被る

帽子を被ることによって、生え際だけでなくつむじも隠すことが出来、更にオシャレを楽しむことが出来ます

おすすめは、頭に密着するニット帽やキャップです。

M字の部分を隠すことが出来、何より誰が見てもすぐに若はげだと気付かれることもないでしょう。

つばの広いハットは見た目のボリュームがあるだけに、外した際のギャップが出てしまいます。

また、帽子を被ることは紫外線を避ける為にも良いことで、頭皮へのダメージを軽減してくれますよ。

「帽子を被っている人ははげやすい」なんて言葉も聞きますが、ムレない程度に浅く被り、定期的に帽子を洗うなど衛生に気を付けていれば大丈夫です。

なぜ帽子ははげを進行させるのかということが広まったのかや、帽子の選び方など、帽子とはげの関係性はこちらで解説しています。

帽子ではげが進行する、そんな勘違いしていませんか?

◎髪型を変える

スタイリングや帽子は1日、その場しのぎという側面も持っていますが、髪型を変えることで煩わしさがなくなります。

髪を伸ばして生え際を目立たせないようにするという人が多いと思いますが、それはかえって髪の分け目から目立っていることもあります。

特に、日本人の髪の毛の色は黒色なので、頭皮の色が分かりやすく見えてしまいます

おすすめの髪型は「ツーブロック」です。

大胆にサイドを刈り上げるという、後退を隠すのではなく「あえて見せる」というやり方です。

恥ずかしいかもしれませんが、「生え際が気になる」という悩みを美容師の人に打ち明けておくことによって、生え際に合わせた髪型を提案してくれるでしょう。

ツーブロック以外でおすすめなヘアスタイルはこちらの記事を読んでみてくださいね。

芸能人もやっている!はげでもかっこいいヘアスタイルとは?

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

生え際が後退する若はげには、主にAGAが考えられることが多く、更にホルモンの受容体の感受性が関係しているんですね。

AGA専門クリニックでは無料カウンセリングを行っているので、治療方針や費用を相談した上で、育毛剤や生活習慣で直していくかを検討していってみましょう。