抜け毛は食べ物で防ごう!抜け毛を止める食べ物と促進する食べ物

抜け毛 食べ物

抜け毛というのは誰にでも起こりうる現象であり、個人差はありますが、毎日50~150本ほどの髪の毛は抜けてしまうものです。

ただし、病気や脱毛症などでその抜け毛の量は簡単に増えてしまいます。

そして、それを日々の食事で防ぐことができれば…と考える人も少なくありません。

そこで今回は、抜け毛と食べ物についてをまとめてみました。

この記事では、抜け毛を抑制する食べ物と、促進する食べ物おすすめのメニューその他の対処方法までをご紹介します。

1.食べ物で抜け毛は防げる?

食べ物で抜け毛を防ぐことはできます。

そもそも髪の毛の主成分は「ケラチン」というたんぱく質ですので、この「ケラチン」を形成する、もしくは形成を助ける栄養素を摂取することで、抜け毛を防ぐことができます。

しかし、栄養の行き渡る順番というものがあり、内臓や筋肉などの重要性の高い臓器・器官の方が優先度は高く、生命の維持に関わりのない髪の毛は優先度が低くなっています

ですので、髪の毛にとって良い栄養をたくさん摂取しても、抜け毛予防がせいぜいで、薄毛治療というほどの効果は得られないでしょう

2.抜け毛を抑制する食べ物

抜け毛を抑制する食べ物としては下記のようなものがあります。

  • 牡蠣
  • アーモンドなどのナッツ類
  • 牛乳などの乳製品
  • 緑黄色野菜
  • 鮎やいわし

髪の毛にとって特に重要な栄養素として、

  • たんぱく質
  • ビタミン類
  • ミネラル

などがあげられますが、上記の食材はこれらの栄養素を含んでいます。

それぞれに含まれる栄養素

これらの他にもトウガラシなどの辛い物に含まれる「カプサイシン」や、大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」なども髪の毛に良い栄養素として知られています。

3.抜け毛を促進する食べ物

逆の効果で、抜け毛を促進してしまう食べ物としては下記のようなものがあります。

  • 揚げ物やラーメンなどの脂っこい食べ物
  • 栄養バランスの偏ったファーストフード
  • 炭酸飲料やビールなどの刺激物
  • ケーキなど糖分が過剰に含まれるもの

上記の食べ物は、髪の毛に必要な栄養素を逆に消費してしまったり、血流を詰まらせ、弱く細い髪の毛しか生えないようにしてしまう可能性があります。

抜け毛を促進する食べ物

また、注意しなければいけないのは食べ物だけではありません。

注意すべき食生活

これらは髪の毛の成長を妨げる悪い食習慣で、血行不良や栄養不足を招き、健康すら脅かす可能性がありますので、今現在、上記のような食生活を頻繁に繰り返しているようであれば注意してください。

4.明日からできるおすすめメニュー

明日からできる簡単なメニューとしては下記のようなものがあります。

  • 鶏肉とカシューナッツの野菜炒め
  • 納豆乗せ冷奴
  • 夏野菜カレー

鶏肉とカシューナッツの野菜炒め

鶏肉とカシューナッツの野菜炒め イメージイラスト

カシューナッツには亜鉛ビタミンB1が含まれており、サラダやそのまま食べたりなど、多岐に渡る使い方があるため、非常に便利な食品です。

ただし、亜鉛は摂取しすぎると急性亜鉛中毒になる恐れがあるので、カシューナッツも食べ過ぎには注意してください。

鶏肉に関しては、含まれるコラーゲンが頭皮の乾燥を防ぎ、皮脂のバランスも程よく保ってくれます。

また、タンパク質も多く含まれており、低カロリーのため、髪の毛に良い食材です。

これにピーマンなどの緑黄色野菜を加えることでビタミンを摂取することができ、頭皮と髪の毛、両方に良い料理になります。

納豆乗せ冷奴

納豆乗せ冷奴 イメージイラスト

火を使わずにあっという間にできる、簡単レシピです。

豆腐も納豆も元をたどれば大豆ですので、大量のイソフラボンを摂取することができ、食卓を飾るもう一品としても、抜け毛で悩む人にも、かなりおすすめの一品です。

夏野菜カレー

夏野菜カレー イメージイラスト

野菜を多く摂ることで、各種ビタミンを豊富に摂取することができます。

ニンジンブロッコリーかぼちゃパプリカなんかを加えると良いでしょう。

また、カレーのスパイスの効果で血流が良くなり、栄養を髪の毛まで届きやすくしてくれます。

ただし、スパイスもやり過ぎると逆に脱毛の原因を引き起こす可能性もありますので注意してください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

食事は毎日摂取するものなので、食生活を整えるだけで、髪の毛だけではなく、健康にも一役買ってくれます。

メリットはあれどデメリットはないので、この記事を参考にぜひ明日から試してみてください。