抜け毛の原因はストレス?ストレスと抜け毛の関係と対策まとめ

抜け毛の原因はストレス?ストレスと抜け毛の関係と対策まとめ

抜け毛の原因には様々なものがあり、その代表的なものはAGAになります。

ただ、脱毛症ではないものの、日々のストレスによって抜け毛の量が増えてしまう方も多くいます。

そんなとき、どのようにストレスを発散させれば抜け毛が治るのかよくわかりませんよね。

そこで今回は、ストレスと抜け毛の関係についてまとめ、ストレス発散の方法をいくつかご紹介したいと思います。

また、ストレスチェックも紹介していますので、「ストレスかもしれない…」と心当たりがある人はぜひやってみてください。

1.ストレスと抜け毛の関係性

よく「ストレスで髪が抜けてしまった」という話を聞きますが、本当にストレスで髪が抜けてしまうんでしょうか?

…答えは「イエス」です。

ストレスがどのように抜け毛を起こすか見てみましょう。

1-1.ストレスが抜け毛を起こす原因

ストレスが抜け毛を起こす原因は「血行不良」です。

自分の身に危険を知らせるストレスを受けると、心身を活発化させるために神経が働き、血管を収縮させて緊張や興奮、筋肉をこわばらせます。

ストレスを溜めすぎると、この緊張状態が長く続くことになり、全身に血が行き届かなくなる血行不良の状態に。

血液は酸素や栄養を運んでいて、頭皮にじゅうぶん行き渡らないと頭皮環境や髪の生成に影響を与えてしまいます。

結果、強い髪をつくることが困難になってしまい、抜けやすい弱い毛ばかりになってしまうのです。

1-1.ストレスが抜け毛を起こす原因

1-2.ストレスの原因になるもの

ストレスの原因には次のようなものがあります。
1-2.ストレスの原因になるもの
不規則な生活習慣アルコールの過剰摂取睡眠不足や栄養不足なども心身に強いストレスを与えています。

インターネットの普及による監視社会化・高学歴化・長時間労働の増加など様々な理由が複雑に絡み合い、現代は「ストレス社会」と言われるほどストレスが溜まりやすくなっています。

ストレスの感じ方は人それぞれですが、自分の中でストレスを強く感じていると思うものはないか振り返ってみてください。

1-3.ストレスによる抜け毛の病気

強いストレスによって抜け毛の症状がみられる病気になってしまうことがあります。

例えば、

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 脱毛症
  • 抜毛症
  • 甲状腺異常

などが挙げられます。

これらはストレス対策だけではなく薬物療法など医療措置が必要になってきますので、自己判断の対応ではなく医療機関にかかりましょう。

AGAとストレスの関係性についてはこちらで書いていますので、是非見てみてください。
⇒「ストレスが原因でAGAになる理由とストレスと薄毛の関係

2.ストレスの発散方法5つ

ストレスを発散方法の例として、以下のようなものがあります。
2.ストレスの発散方法5つ
ストレスの原因がわかる場合はその原因をとってしまうことが理想ですが、人間関係や仕事関係だと難しいこともあるでしょう。

少しでもストレスが軽減されるよう、ストレス対策を行ってみてください。

2-1.しっかり睡眠をとる

しっかり睡眠をとることで、疲労回復やホルモンバランスを整えるメンテナンスが行われ、身体的なストレスを解消します。

寝ているときに分泌される成長ホルモンは毛髪の育成にも大きな役割を持っていますので、ストレス対策だけでなく抜け毛の対策にもなるんですね。

睡眠不足は自律神経の乱れや判断力の低下を引き起こし、慢性的にイライラしてしまう原因にもなります。

寝る前のPCやスマホの光は脳を緊張状態にして成長ホルモンを軽減させてしまうので、寝る1時間前にはやめるなど「質の良い睡眠」を工夫しましょう。

2-2.栄養バランスのよい食事をとる

バランスのよい食事は、ストレスの回復だけでなく、ストレスに強いからだを作り、髪の生成を行います。

特に、フルーツや緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCは心身を安定させる疲労回復や、ストレスへの対抗力を高めるので、積極的に摂取していきたいですね。

偏った食事が好きという人もいますが、一時的にはよくても長期的に継続するのはよくありません。とはいっても我慢はストレスの元なので、ちょっとした自分へのご褒美にするのもいいですね。

2-3.体を動かす

運動によってエンドルフィンといった神経伝達物質が分泌され、気分がすっきりする効果があります。

また、運動は血行を良くするので細胞のアンチエイジングにもいいんですよね。頭皮の環境の改善や、頭皮への栄養・酸素の運搬に貢献し抜け毛も抑制します。

1日30分ウオーキングやストレッチをしてみるだけでも十分効果はあるので、運動が苦手な人でも始められますよね。

2-4.ゆっくりお風呂につかる

ゆっくりお風呂に入って体が温まることで 、副交感神経が働いてリラックスし、ストレスを軽減させます。

また、筋肉の緊張がほぐれ血行がよくなり、体を動かすときと同じように頭皮に十分栄養を送ることもできるんですよ。

体の芯から温まることが必要なので、のぼせない程度の温度でゆっくり入ることがポイントですよ。

体が温まった目安としては、お風呂から脱衣所に出たときに「寒い」ではなく「涼しい」と感じるくらいです。

2-5.趣味を楽しんでリフレッシュする

趣味に没頭して楽しむことで、「楽しい」「嬉しい」というポジティブな感情を呼び、精神的なストレスを解消します。

友人と遊ぶ、カラオケ、アウトドア、ショッピング、ゲーム…など、自分の好きなことに打ち込んでみましょう。

ゲームで負けが続きイライラしてしまうというように、結果的にストレスをためないよう気を付けてくださいね。ポジティブな感情を呼ぶことが目的です。

2-6.今できる!ツボ押しでプチ改善

家に帰るまで、休日になるまで…など、上記にあげたストレス発散法ができないという人は、ストレスに効くこのツボを押してみてください。
2-6.今できる!ツボ押しでプチ改善
ぐっと押すと、地味に痛いような気がする場所です。

この合谷というツボはストレスだけでなく、頭痛や肩こり、無気力や便秘など様々な症状に効果がある「万能のツボ」とも言われているんですよ。

仕事の合間や電車の中でも、ふとしたときに押す習慣をつけるといいかもしれませんね。

3.ストレスの影響かチェックしよう

3-1.毛根の状態を確認してみる

それでは最後に、自分の抜け毛がストレスを受けているかどうか次のポイントに注意してみてみましょう。

3-1.毛根の状態を確認してみる

ストレスを受けた毛は、細く弱弱しいのが特徴です。
もし自分の毛がそのような状態になっていた場合は、ストレス対策をしましょう!

3-2.ストレスチェック

「抜け毛に悩むほどストレスをためているのかな?」と気になる人は、今どのくらいストレスが溜まっているのか調べてみましょう。

ストレス度診断 チェックテスト」(ストレスケア・コム)

80の項目にチェックをつけるだけのテストです。
ストレスを今どれだけ自分はため込んでしまっているのかを見ることができます。

80と聞けば多いように感じるかもしれませんが、今自分がどういう状態にあるかを見つめ直していくことができるので、少し頑張ってやってみてください。

4.まとめ

いかがでしたか?

抜け毛はストレスによって起こることがあり、放っておくと抜け毛をどんどん促進してしまいます。

ストレスを溜めやすいと感じている人は、積極的にストレス発散を行って頭皮にしっかり栄養を与えて抜け毛を抑えていきたいですね。