HARG療法ってどうなの?気になる効果とリスクを徹底調査!

アイキャッチ画像

AGA治療法の一つであるHARG療法、治療薬による治療とどう違うの?費用はどうなの?と、気になる点は多いと思います。

今回はHARG療法の気になる効果やそのリスク、詳しい治療法などを解明していきたいと思います!

1.HARG療法とは?

HARG療法とは、頭皮に直接注射することによって毛髪を再生させるAGA治療のことです。

HARG療法について

プロペシアやミノキシジルなどの治療薬による治療法と違い

  • 脂肪幹細胞から抽出した成長因子AAPE
  • ビタミン類
  • アミノ酸

などの栄養素を主成分とするHARGカクテルという薬剤を頭皮に直接注射します。

脂肪幹細胞とは?

自身の脂肪細胞から抽出した幹細胞のことで、分化したり、自らを複製する能力を持った細胞の事です。

こちらがAGAの毛周期サイクルです。

AGAのヘアサイクル

HARG療法では、上記の毛周期サイクルを

正しいヘアサイクル

このように正常化させるのが目的です。

2.4つの施術方法

HARG療法と言っても4つの施術方法があります。

パピュール法

このパピュール法が最もよく使われるのですが、表皮と真皮の間にHARGカクテルを注入、浸透させる方法です。

短期間で高い発毛効果を期待できるので、確実性の高い方法と言われていますが、痛みを伴います

パピュール法で使われる注射針は0.26mmですが、新しい注入法としてメドジェットというものがあり、0.03mmのジェット水流を皮膚面に噴射することで痛みの70%が軽減されると言われています。

ちなみに、蚊の針が0.06mm~0.08mmなので痛みを感じないような気がしますね!

フラクショナルレーザー法

ちょっとかっこいい名前のこの方法は、フラクショナルレーザーで頭皮に目では見えないくらいの極小の穴を開け、そこからHARGカクテルを流し込む治療法です。

痛みがほとんどない上にダウンタイムが短いのが特徴です。

ダウンタイムとは?

施術してから日常生活を取り戻せるまでの時間の事で、主に痛み、腫れ、内出血、糸などの事です。

ナパージュ法

この方法はパピュール法と同様に頭皮に注射することにより有効成分を注入します。

パピュール法と異なる点は頭皮の浅い部分に注入するため痛みがほとんどない事ですが、浅い部分から徐々に浸透していくので効果が出るまでに時間がかかることです。

こちらもメドジェットが使用できるようなので、スピードは遅いですが安心ですね!

ダーマローラー法

ダーマローラー法は極細の針のついた医療用のローラーを頭皮上で転がしHARGカクテルを浸透させる方法です。

この方法は痛みをほとんど感じない上に広範囲に渡りHARGカクテルを浸透させることができますが、HARGカクテルの量や密度が低いのが特徴です。

HARG治療法と言ってもそれぞれ特徴があるので自分にあった治療法がしっかりと選べそうですね!

3.HARG療法のメリット

簡単にイラストを交えて説明したいと思います。

まずはメリットから!

メリット画像

90%以上の高い発毛率

HARG療法の発毛率は90%以上と言われており、治療を受けた方のほとんどが3~4カ月で発毛を確認、6ヶ月ほどで自然に発毛が実感できるほどになっています。

プロペシアなどの治療薬と併用できる

プロペシアなどの治療薬とHARG療法は効果が違うので、HARG療法で発毛したものをプロペシアなどで持続することができます。

ただし、重度のAGAでなければ併用は必要ない場合もありますので、副作用などが気になる方は併用しない方がいいでしょう…。

AGA治療薬について、代表的なもの2つを特集した記事がありますのでぜひ読んでみてください。
「AGA治療の鉄板プロペシア!その効果と範囲、副作用を徹底解説」
「AGAでも髪が生えてくる!ミノキシジルタブレットの効果と副作用」

男女問わず治療することができる

ここがHARG療法のすごいところで、プロペシアなどの治療薬と違い、男女関係なく治療することができます

AGAの進行状況や年齢、性差を含めた個人差を考え、HARGカクテルの量を最適化するくらいで、治療法自体に変わりはないです。

副作用がない

HARG療法による副作用はありません

もちろん、プロペシアなどの治療薬と併用した場合は、治療薬の副作用が表れるかもしれませんが、HARG療法自体にはないのです!すごい!

しかし、デメリットもあります…。

4.HARG療法のデメリット

デメリット画像

施術時の痛み

直接注射することで痛みを伴ってしまいます…

しかしこれには2つの声があり、

「かなり痛かった…!!!」

という方もいれば

「想像より全然痛くないよ?」

という方もいらっしゃるようです。

痛いのが怖い…という方は、施術時に麻酔をしてもらうか、ナパージュ法やダーマローラー法などの痛みの少ないやり方をおすすめします。

費用が高い

詳しい値段などは後述しますが、プロペシアなどの治療薬を用いた治療などに比べ、費用が高くなっています。

感染症のリスクがある

幹細胞を使用することで、そこからの感染症になる可能性があります。

もちろん、治療で使用する薬は厳しい審査やガンマ線で殺菌したものを使用していますが、臨床例も少ないため、将来的にどのような感染症がでるかわかりません…。

効果が出ない人も少なからずいる

これが最悪のデメリットで、メリットで90%以上の高い発毛率と表記しましたが、残りの10%がこちらになります。

失敗する理由は個人差があるので一概には言えませんが、医師の技術力施術される方の体質によって失敗することがあるそうです…。

上記にあげたメリット・デメリットはHARG治療におけるスタンダードなもので、HARG治療法の中にも4つの方法があり、それぞれ特徴があるので必ずあてはまる、というわけでもありません。

それと、メリットかデメリットか、わからないところではありますが、およそ3カ月から半年で発毛効果が表れ半年から1年で発毛が完成されるといわれています。 

5.HARG療法にかかる費用と治療期間

デメリットでもあげたようにHARG療法は費用が高額です…。

また、治療期間も1回注射したら終わりではなく、3~4週間に1回の頻度で6回(1クール)治療していくのでその分、費用も増えていきます。

実施している医療機関によって値段は違いと思いますが、1回およそ150,000円なので、

6回(1クール)で約900,000円になります。

6回治療を行っても効果が出ない方もいらっしゃるようなので、治療状況によってはこれよりも高額になる可能性もあります。恐ろしい…!

ちなみにHARG療法の費用は「日本医療毛髪再生研究会」によって定められていますので受診するクリニックによって多少の違いはあるかもしれませんが、大幅に安い金額で施術している場合は注意が必要です。

6.治療を受けてはいけない人

HARG療法を利用する上で治療を受けてはいけない人がいます。

  • 抗がん剤治療を受けている人

HARGカクテルに含まれる成長因子ががん細胞も成長させてしまうおそれがあります…!

  • 毛穴がない人や毛母細胞が死滅している人

HARG療法は休止期の毛母細胞を刺激するので、毛穴がない場合や、毛母細胞が死滅していると成長因子を注入しても意味がないようです…

7.HARG療法と育毛メソセラピーの違い

育毛メソセラピーという治療方法があるのをご存知でしょうか?

簡単に説明しますと、育毛メソセラピーとは様々な医療薬を頭皮に直接注射する方法なのです!

…あれ?方法は一緒ですね…、じゃあどこが違うのでしょう?

それは注射する成分にあります。

育毛メソセラピーは主にミノキシジルやプロペシアの主成分であるフィナステリドとビタミンやミネラル、アミノ酸などを配合したものを注入しています。

HARGカクテルはそれに成長因子AAPEを加えたものを注入しているのです。

これだけの違いですが、育毛メソセラピーは治療をやめると発毛が基本的にストップしてしまうのに対し、HARG療法は発毛が継続していくのです。

その違いもあり、HARG療法よりも育毛メソセラピーの費用の方が少し安く、6回施術(1クール)で600,000円程度になります。

詳しいことはこちらの記事(育毛メソセラピーの効果と治療法、副作用を徹底解説)で明記していますのでぜひ!

8.クリニックの見分け方

上記で説明したHARG療法、素晴らしいものだとは思いますが、一方で独自の方法で施術を施す悪徳クリニックも存在するようです。

ここでは見分け方について説明したいと思います。

①施術する人が医師か

これは施術の質を確認するものですが、看護師さんが施術する場合は技術が良くなかったりして施術の質が悪い場合があります。

②施術を担当する医師は一人か

これも施術の質を確認するもので、担当医が変わってしまうと施術の質が落ちてしまう可能性があります。

③HARGを打つのは「注射」か「スタンプ式」か

スタンプ式は技術がなくても施術できてしまうので悪徳クリニックではよく採用されているそうです。

④麻酔をするのか

メドジェットを使用する痛みの少ない方法もあるので一概には言えませんが、注射の場合は痛みを伴うため麻酔を使用するところも少なくないようです。

しかし、麻酔にも技術が必要なため、悪徳クリニックでは麻酔なしで施術するところもあるようです…

⑤施術時に使用したHARGカクテルの使用量を確認する

HARGカクテルは非正規品を使わない限りは共通で、1回の治療で1本使用することになっています。

⑥安価なクリニックには注意する

HARG治療の料金は「日本医療毛髪再生研究会」によって定められていますので、もし正規認定施設の料金よりも安い場合、悪徳クリニックの可能性があります。

9.まとめ

いかがでしたでしょうか?

HARG療法は効果も出ない人が少なからずいるようで、費用も安いとは言えませんし、気軽に行える治療法ではないのは確かです…。

しかし、90%以上の高い発毛率を誇り、副作用もなく、男女関係なく施術できるので、施術してもらうなら、信頼できるクリニックに相談したいところですよね。

HARG療法は施術を行っていないクリニックもありますので、お近くのクリニックに確認した後、医師と相談して治療を行うのがベストでしょう!