ホルモンバランスが乱れやすい年齢とは?薄毛の原因と対策

アイキャッチ

最近イライラしやすかったり、ニキビや肌荒れ、髪の毛が薄くなったかもと、悩んでいませんか?

それはもしかしたらホルモンバランスが崩れているせいかもしれません。

それにはきちんとした原因と対策があります。

今回はホルモンバランスが乱れやすい年齢と薄毛の関係、そしてその原因と対策を説明したいと思います。

これを読めば今すべき対策がしっかりと分かります。

0.ホルモンバランスが乱れやすい年齢と薄毛の関係 

結論から言うと、ホルモンバランスが乱れやすい年齢はあります。

それは思春期更年期です。

思春期とは女性なら10歳~18歳頃まで、男性なら11歳~18歳頃までのことを指します。

更年期女性なら45歳~55歳頃まで、男性なら55歳~65歳頃までのことです。

人生の中でこの2つの期間はホルモンバランスが増えたり、または減ったりが顕著に見える期間です。

薄毛の原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがありますので、この期間に薄毛になり始めても不思議はないでしょう。

思春期 更年期
女性 10歳~18歳 45歳~55歳
男性 11歳~18歳 55歳~65歳

1.原因 

それでは、まずは原因について説明していきます。

思春期

思春期

思春期の薄毛の原因として脂漏性脱毛症の可能性があります。

脂漏性脱毛症とは、思春期によるホルモンバランスの増加のせいで皮脂が多く分泌され、それが髪の毛に悪影響を及ぼし、抜けてしまう、という現象です。

思春期の方はニキビで悩んではいないでしょうか?

実はそれも同じ原理で、皮脂が過剰に分泌され、毛穴がつまってしまいニキビになります

思春期の薄毛の原因は脂漏性脱毛症の他に、AGAの可能性もあります。

AGAの発症は近年、低年齢化してきており、10代後半でも発症してしまう可能性があります。

思春期薄毛の原因

更年期

更年期

更年期の薄毛はホルモンバランスの乱れが一番の原因になります。

女性の場合は、女性ホルモンが減少してしまうことにより髪の成長期が短くなります。

その結果、1つの毛穴から生える髪の毛の本数が減ったり髪の毛が細くなったりします

男性の場合、更年期を迎えると男性ホルモンが減少するため、性ホルモンによる薄毛にはなりません。

ですが、男性更年期障害の症状には男性の精神を不安にさせるような症状が多くあるため、精神が不安定なことによるストレスなどで薄毛を進行させてしまいます。

また、こちらも男女ともにAGAが原因の場合もあります。

男女別更年期の薄毛原因

それでは原因がわかったところで、対策を説明したいと思います。

2.対策 

思春期 

思春期の脂漏性脱毛症については、一定の期間が過ぎると勝手に回復するケースがほとんどです。

ですので、対策をしなければ治らないわけではないですが、あえて対策をあげるなら、

  • 脂っこい食事を摂り過ぎず、栄養バランスのよい食事を心がける
  • 睡眠を十分にとる
  • シャンプーを見直す

などです。

基本的に思春期は新陳代謝が良いので生活習慣の見直し改善で良くなるでしょう。

また、シャンプーについては、シャンプーの強い洗浄作用が頭皮への刺激になって薄毛を促進させている可能性があるので、中性や弱酸性の頭皮にやさしいシャンプーを使うと良いでしょう。

更年期 

更年期の薄毛の原因は男女によって違いますので、対策も変わってきます。

女性の場合、女性ホルモンの減少が原因なので、

  • 大豆イソフラボンを摂取する
  • マッサージなどで血行を促進する

などです。

大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあるので、摂取することで女性ホルモンの減少を抑えることができます。

また、マッサージで血行を促進すると、髪の毛まで栄養がきちんと行き渡り、育毛の助けになるでしょう。

男性の場合はストレスをためない為に

  • 趣味に時間を費やす
  • 一人で悩まない
  • 落ち着いて深呼吸

などで、リラックスしている状態を心がけましょう。

男性のストレスに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

男性必見!ホルモンバランスがストレスで崩れる要因と解決方法

3.その他の症状 

この章は補足的な感じにはなってしまいますが、その他の症状について説明していきたいと思います。 

思春期

思春期のその他の症状として、

思春期その他症状

などがあります。

思春期はこころも身体も大人に近づく時期で、ストレスを受けやすいため、このような症状が起こりやすいのです。

更年期 

更年期のその他の症状として、

更年期その他症状

などが起こります。

もちろん個人差があるので、あまりこういった症状をあまり自覚しない方もいらっしゃるようです。

4.まとめ 

いかがでしたでしょうか?

思春期と更年期、それぞれ年齢も特徴も違いますが、人生でホルモンバランスが乱れやすい時期、としては共通するものです。

症状に自覚は無くても、避けては通れないものなので、今この記事を読んでいる思春期や更年期を迎えている方は、ぜひこの対策を実施してみてください。