ミノキシジルタブレットのジェネリックって何?ミノタブの種類と購入方法

薄毛が気になってAGAの治療について調べていると、ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)という薬をよく目にすると思います。

ミノタブの効果や副作用についてなんとなくわかったとしても、ジェネリック医薬品はどんなものがあるのか気になりますし、そもそも正規医薬品が何なのかもよくわかりませんよね。

今回の記事ではミノタブの正規医薬品やジェネリック医薬品の種類、安全な購入方法について説明します。

ミノキシジルタブレットという薬の種類をきちんと理解できれば、安全かつ効果的にAGAの治療をすることができます。

1.ミノキシジルタブレットは製品名ではない?

ミノキシジルタブレットという言葉はよく聞くと思いますが、実は製品名ではありません。

正規医薬品はアメリカのファイザー社から発売されたミノキシジルが主成分となるロ二テンで、その後に開発されたロニテンのジェネリック医薬品にあたるタブレット型の飲み薬すべてがミノキシジルタブレットと呼ばれています。

現在、日本のクリニックやネット通販で正規医薬品であるロ二テンの購入は困難で、専門クリニックでは輸入したジェネリック医薬品や、クリニックで開発されたオリジナルのミノタブが処方されています。

正規医薬品 ロ二テン   100錠(主成分の含有量:5mg) 11,980円

主成分の含有量が1錠10mgの薬もありますが、基本的には5mgの錠剤を飲んで治療します。

2.ジェネリック医薬品

ロ二テンのジェネリック医薬品は以下のようなものがあります。

※価格はクリニックや通販サイトによって異なります。

3.ミノタブの副作用

ミノタブは、正規医薬品とジェネリック医薬品のどちらを使用しても低血圧や多毛症などの発症率の高い副作用がおこる可能性があります。

ミノタブの副作用についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

AGAでも髪が生えてくる!ミノキシジルタブレットの効果と副作用

ミノタブの使用を考えている人は、副作用についても必ず確認しておきましょう!

4.ミノキシジルとミノキシジルタブレット2つの違いとは?

ミノキシジルとミノキシジルタブレットの2つの違いについて説明します。

① 主成分と薬

ミノキシジルは血流を良くして発毛効果を促す主成分で、ミノキシジルタブレットは飲み薬の呼び名です。

ミノキシジルはAGAの治療の有効成分として育毛剤や注射などでも使われています。

② 厚生労働省の許可の有無

ミノキシジルは発毛効果のある主成分として厚生労働省でも認められ、育毛剤として日本の薬局などでも購入が可能です。

しかし、ミノタブは降圧剤としての認可はされているものの、発毛剤として許可されている国はありません。

ミノタブは許可のない薬ではありますが、発毛効果があることでクリニックからも信頼されていますので、AGA専門クリニックで診察を受けて使用するのであれば問題ありません。

5.ミノタブを安全に購入するには?

ミノタブはインターネットでの輸入購入も可能ですが、安全に使用する場合は専門クリニックで医師と相談し、AGAの進行状況や体の具合などを確かめてからクリニックで購入することをおすすめします。

しかし発毛効果のある薬として許可されていないこともあり、この記事で紹介した薬品を取り扱っているクリニックは多くはありません。

1章でも説明しましたが、ミノタブはクリニックが輸入したものを患者に処方したり、クリニックで新たに開発されたミノキシジル配合の錠剤を処方したりします。

不安もあるかもしれませんが、専門医師の判断のもとで処方されるようでしたら問題はありませんので、効果的に発毛するためにミノタブを使用しましょう。

6.まとめ

今回はミノキシジルタブレットの種類や安全な購入方法について説明させていただきました。

ミノタブには種類がいくつかあり値段も違いますが、AGA専門クリニックで医師と相談してから処方される薬を使用することをおすすめします。

ミノタブの種類や値段が気になる場合は、事前にクリニックに電話をしてどんな薬があるかを確認すると良いかもしれませんね。