AGA治療は効果なし!…と判断する前に確認したい4つの事

アイキャッチ画像

AGA治療を始めても、1日や1週間で効果が出るわけではないので治療の効果がないと勘違いしてしまう方も少なくありません。

そんな不安をなくすために、今回はAGA治療の効果スピードについてをまとめてみました。

この記事では、効果が出ないと言われる要因や、AGA治療の効果を早く出すためにすべきことAGA治療の効果が出る前の兆候についてもご紹介します。

0.AGA治療の目的

AGAの原因は5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって強力な男性ホルモンが発生し、それが原因で脱毛するのですが、AGA治療の基本となる治療薬「プロペシア」は5αリダクターゼの発生を抑制する働きがあります

つまり、発毛や育毛の促進ではなく、脱毛の原因を抑制することが目的となりますが、抜け毛を抑制した結果健康な髪の毛が生えてくるのです

AGAの詳しい仕組みについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
「AGAによる薄毛の原因と対策の総まとめ」

1.効果が出ない要因

プロペシアを服用して効果が出ない要因としては、下記の4点が考えられます。

髪 悩み-min

それでは、詳しくご紹介していきます。

薄毛の種類

薄毛の原因がAGA以外なら、AGA治療の効果は表れません。

薄毛にはAGAの他にも様々な種類があります。

例を挙げると、

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 粃糠性脱毛症
  • 牽引性脱毛症

この他にも様々な脱毛症がありますが、これらの脱毛症はそれぞれ原因が異なりますが、
脱毛症の原因として5αリダクターゼが関わっているものは一つもありません

治療を始めてからの期間

AGA治療には即効性がなく、効果が出るまでは最低半年~1年は治療を継続して続けなければならず、治療を始めて半年も経過していない場合ですとAGA治療の効果は見られないかもしれません

これにはヘアサイクルというものが深く関わっており、髪の毛には1本1本、成長のサイクルがありま

AGAが発症してしまうとヘアサイクルの成長期が極端に短くなってしまい、しっかりと成長する前に退行期、休止期を経て脱毛してしまいます

AGA治療はこのヘアサイクルを正常に戻す役割があるので、そのためには一度脱毛し、新たに正常のヘアサイクルで生え変わる必要があるので、即効性が見られないのです

ヘアサイクルについての詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。
「ヘアサイクルの乱れとAGAは関係あるの?ヘアサイクルを整える方法」

遺伝による体質

遺伝による体質によってはプロペシアが効きにくい人がいるため、AGA治療の効果の出方が遅い可能性があります

これにはアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモンの受容体の感受性が高いほど、プロペシアが効きやすく、感受性が低いほどプロペシアが効きにくくなっています

これを知る方法として、アンドロゲンレセプター遺伝子検査があり、クリニックでの採血自宅で検査キットを使用して調べることができます。

効果1-min
~アンドロゲンレセプターとは~

別名「男性ホルモン受容体」と呼ばれ、身体の中で分泌される男性ホルモンを受け取り、利用できるように変換する物質のことです。

この感受性は父や母から受け継がれる遺伝によって決定されます。

これについては下記記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。
アンドロゲンレセプターの働きと薄毛の遺伝の真実とは!

5αリダクターゼの種類

AGAの原因でもある5αリダクターゼには「1型5αリダクターゼ」と「2型5αリダクターゼ」があります。

大抵の方は2型5αリダクターゼが原因でAGAになるのですが、まれに1型5αリダクターゼが原因であったり、または両方が原因でAGAになる人もいます

しかしプロペシアは2型5αリダクターゼにしか効果はありません

つまり、プロペシアが効かない人の中には1型5αリダクターゼ、または両方が原因でAGAが発症している可能性があります

リグターゼ-min

5αリダクターゼについてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみて下さい。
「5αリダクターゼの役割と抑制する方法~食事やサプリ・薬の使用法~」

この4つの要因のどれかに当てはまっていれば、治療効果が出ないと感じても不思議ではないでしょう。

2.AGA治療の効果を早く出すためにすべき事

AGA治療に即効性はないのですが、それでも早くAGA治療効果を早く出したいという方はAGA治療と並行して下記のどれか一つでもやってみると良いでしょう。

  • 育毛剤を使う
  • 育毛シャンプーを使う
  • 育毛サプリメントを使う

育毛剤を使う

AGA専門クリニックで治療をしている方の中にはプロペシアと一緒にミノキシジル外用薬の育毛剤を併用する方もいらっしゃると思いますが、発毛、育毛を促進するためには育毛剤を併用すると良いでしょう

育毛剤で有名な「リアップ」にはミノキシジルという成分が配合されており、この成分には血行促進作用があります

血行を促進することで、髪の毛に栄養をたくさん運び、育毛や発毛を促進することができます。

AGA効果-min

育毛剤についての詳しいことはこちらで説明していますので参考にしてみてください。
「育毛剤の効果と真実と絶対にオススメの育毛剤」

育毛シャンプーを使う

育毛シャンプー単体ではAGAを防ぐことは出来ませんが、育毛をサポートするという点に関しては素晴らしい働きをしてくれます

市販されているシャンプーの強すぎる洗浄力に比べ、育毛シャンプーは頭皮の脂分を不必要な分だけ洗浄するので、頭皮の環境を整え、抜け毛や薄毛の原因の一つを阻止してくれます

育毛シャンプーと育毛剤を併用することで、さらに発毛、育毛がしやすくなると思うのでぜひ試してみてください。

シャンプー-min

育毛シャンプーについてはこちらで詳しく説明していますので参考にしてみてください。
「育毛シャンプーでAGA対策は出来ない!本当の効果とは?」

育毛サプリメント

髪の毛の届ける栄養素をしっかりと摂取するためには、育毛サプリメントはおすすめです。

髪の毛に大切な多くの栄養素は、日々の食生活に気を付けていればある程度は摂取することができますが、食生活の乱れやストレスなどで、摂取できなかったり、髪の毛に届く前に消費されてしまうことがあります

それでは発毛のための施策も効果が半減してしまいます。

こちらも育毛剤と併用すると、サプリメントの効果を最大限に引き出せますので、ぜひ一緒に使ってみてください。

育毛サプリメント-min

育毛サプリメントについての詳細はこちらを参考にしてみてください。
「栄養不足は育毛サプリメントでの摂取がおすすめ!」

3.AGA治療の効果が出る前の兆候

これからAGA治療の効果が出る人にとっては重要な効果の前兆ですが、下記の3点で判断することができます。

逃避改善で起こる変化-min

初期脱毛

育毛や発毛をするときに脱毛が起きるのですが、AGAのヘアサイクルにある髪の毛が抜け落ちる現象で、まずはこれこそがAGA治療効果の一つと言えます

初期脱毛は長ければ1カ月にも及ぶことがありますが、抜け毛の量がかなり増え、不安になる人も多いようですが、健康な髪の毛が生えるために必要な現象です。

産毛が生える

AGA治療を始めて3~6ヶ月くらいから産毛が生え始めます

これはヘアサイクルで言う「発毛」で、ここから「成長期」になっていく前触れです。

頭皮環境改善による変化

これは育毛シャンプーや育毛サプリメントなどの頭皮ケアなどで起こる現象ですが、頭皮環境が改善されていくことで、身体にも変化が出るケースがあります。

これらの症状はおよそ1~3カ月ほどで出てくるようなので、頭皮ケアを始めたら、これらも意識してみてください

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

AGA治療の効果は個人差が大きく現れるため、人によっては全然効果がないと考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、労力をかけて治療するのですから不安なく薄毛を解消したいですよね。

この記事が少しでもその不安を解消できると良いなと思います。