育毛界の期待の星!育毛成分「リデンシル」のすごい効果とその成分!

リデンシルアイキャッチ

髪の毛を生やしたい、育てたいと思う方にとって育毛剤は欠かせないアイテムです。

ただ、育毛剤で思ったような効果が出ない場合も少なくありませんよね。。。

しかし、「リデンシル」の育毛力でなら、その悩みを解決できるかもしれません。

今回は、注目を集めつつある期待の育毛成分「リデンシル」についてご紹介します。

この記事では、リデンシルの成分や効果などの基本情報はもちろん、他の成分との比較や、リデンシルが含まれているおすすめの育毛剤もご紹介したいと思います。

1.リデンシルって何?

リデンシルとはスイスの化粧品メーカーの「induchem(インデュケム)」社が開発した育毛成分で、2014年にドイツのハンブルグで行われた化粧品原料展示会「in-cosmetics(インコスメティックス)」にて銀賞を受賞しています。

リデンシルという成分は、単一の成分ではなく、複数の成分が混ざり合って作られているプレミックス成分となっていて、リデンシルを構成する成分には下記のようなものがあります。

  • セイヨウアカマツ球果エキス
  • チャ葉エキス
  • 塩化亜鉛
  • グリシン
  • ピロ亜硫酸Na

リデンシルを説明する上で欠かせないのがセイヨウアカマツ球果エキスに含まれるポリフェノール成分、「DHQG」とチャ葉エキスに含まれるカテキンの一種「EGCG2」になります。

ポリフェノール成分DHQGとカテキンEGCG2の説明

2.リデンシルの効果

リデンシルには複数の効果があり、それはDHQGEGCG2によって発揮されています。

DHQGとEGCG2の効果説明

それでは、一つずつご紹介したいと思います。

DHQG

DHQG(ジヒドロケルセチングルコシド)には2つの効果があります。

  • バルジ領域にある幹細胞を刺激し、幹細胞を分裂、増殖させ毛母細胞の生成を促す
  • 線維芽細胞の代謝を活発にし、毛髪を定着させる

バルジ領域にある幹細胞を刺激し、毛母細胞の生成を促す

バルジ領域説明画像

バルジ領域は毛根よりも浅いところにあり、ここには幹細胞というものが存在しているのですが、この幹細胞を刺激し、刺激された幹細胞は分裂し、増殖します。

そしてそれは毛母細胞となって、髪の毛の成長に繋がっていきます。

バルジ領域効果フロー

線維芽細胞の代謝を活発にし、毛髪を定着させる

線維芽細胞とは毛乳頭にある細胞の事で、これを活発化させることで、コラーゲンやヒアルロン酸などを生成させます。

年齢を重ねるとコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまい、そうなると頭皮のハリなどが失われ、脱毛しやすくなってしまいます。

しかし、線維芽細胞を活発化させることで、コラーゲンやヒアルロン酸を生成させ、髪の毛をしっかりと定着させることが出来ます。

線維芽細胞の効果フロー

EGCG2

続いてはEGCG2です。

この成分にも2つの効果があります。

  • 頭皮の炎症を引き起こす成分を抑制し、頭皮環境を整える
  • 頭皮の老化を防ぎ、脱毛を予防する

頭皮の炎症を引き起こす成分を抑制し、頭皮環境を整える

炎症性サイトカインであるIL-8(インターロイキン-8)という物質の作用を抑制することで、頭皮の炎症を抑えます。

炎症を抑えることで、頭皮にとって健康的な状態を保ち、髪の毛が育ちやすい環境を作ることが出来ます。

頭皮炎症抑制の効果フロー
~炎症性サイトカインとは?~ 

炎症性サイトカインとは、身体の中で起きてしまった炎症作用を促進する働きのある物質のことです。

炎症を火事に例えると、その火の手を強めるものが炎症性サイトカインになります。

頭皮の老化を防ぎ、脱毛を予防する

人は歳をとっていけば酸化していくものですが、酸化、つまり活性酸素が増えてしまうと頭皮の老化など髪の毛にも影響は出てきます。

EGCG2には抗酸化作用があるので、活性酸素を抑制し、頭皮の老化を予防するので、髪の毛は抜けにくく、また育ちやすいという効果があります。

抗酸化作用の効果フロー

このような効果のあるリデンシルですが、比較的新しい成分ですので、他の成分と比較されることが多いです。

それでは次に、他の育毛成分との違いをご紹介します。

3.他の成分との比較

この章ではリデンシルと、

  • ミノキシジル
  • キャピキシル
  • ピディオキシジル

を比較していきたいと思います。

育毛成分の比較表

ミノキシジル

現在のAGA治療の主軸と言っても過言ではないミノキシジルと比較してみます。

リデンシルとミノキシジルの比較表

リデンシルはミノキシジルの2倍の効果があると言われ、それは実験のデータによって証明されています。

ミノキシジルとリデンシルの比較グラフ

4名のAGA患者に対して、リデンシル1%とミノキシジル%を含む育毛剤を10日間使用し、毛包の成長度を計測したものの結果がこのようになっています。

リデンシルとミノキシジルは毛包へのアプローチの仕方こそ違いますし、4人という少ない人数を対象にした実験ではありますが、このような結果が出たということは無視出来ませんね。

キャピキシル

リデンシルとキャピキシルの比較表

リデンシルとキャピキシルには共通点があります。

  • 化粧品原料展示会「in-cosmetics(インコスメティックス)」に出展、受賞
  • 複数の成分を混ぜ合わせてできたプレミックス成分
  • ミノキシジルとの比較実験を行っている

張り合っているかのように共通点の多いこの2つの成分ですが、効果としては違うもので、キャピキシルにはAGAの原因でもある5αリダクターゼの抑制が可能ですが、リデンシルにはその効果はありません。

また、リデンシルは髪の毛の成長を促すのに対し、キャピキシルは弱った髪を修復する効果になっており、組み合わせるととても相性が良く、相乗効果が期待出来ます。

ピディオキシジル

リデンシルとピディオキシジル比較表

ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも言われており、リデンシルとも効果は似ているのですが、違いとしては脱毛の有無にあります。

リデンシルは脱毛の抑制の効果もあるのに対し、ピディオキシジルは血流促進育毛の促進のみという効果になっています。

こちらもキャピキシル同様、リデンシルとの相性は良いです。

それでは次に、リデンシルが含まれている育毛剤にはどんなものがあるのが、具体的に紹介していきたいと思います。

4.リデンシルが含まれている育毛剤

リデンシル配合育毛剤比較表

リデンシルが含まれている育毛剤は主にこの3種類あり、上記の表では簡単に比較をしてみました。

それでは一つずつご紹介していきたいと思います。

REDEN

ボタン2

REDEN特徴画像

ここがおすすめ

  • 使いやすいスプレータイプ
  • 返金保証期間が7日間から無期限になった

育毛業界期待の新成分「リデンシル」を3%と、他の育毛剤よりも多分に配合しているのがこのREDENになります。

リデンシルの他にも、

  • セイヨウアカマツ球果エキス
  • チャ葉エキス
  • センブリエキス
  • ハッカ油
  • オウゴン根エキス

等、天然由来にこだわった作られた成分が配合されています。

比較的新しい育毛剤なので口コミはそんなに多くはないですが、スプレータイプで頭皮に塗布しやすく、永久返金保証制度が始まったので、気軽にお試し出来るようになりました。

ボタン2

Deeper3D

Deeper3D紹介画像

ボタン2

Deeper3D特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • リデンシルとキャピキシル以外にも8種類の成長因子やモンゴロイド3代伝承成分を配合
  • 初回購入時限定で10mlのミニボトルが付いてくる

Deeper3Dにはミノキシジルの3倍の効果があると言われている「キャピキシル」、育毛業界期待の新成分「リデンシル」両方とも5%も配合されています。

また、8種類の成長因子や天然由来エキスが配合されており安全性も高いです。

しかし、スポイトタイプで少し使いづらいところや、全額返金保証が14日間しかないのが少しだけネックになります。

ただ、リデンシルとキャピキシルには、例えるとAGA治療薬のプロペシアとミノキシジルのような関係があり、副作用もないため、副作用が怖く治療薬を使いたくない人や、年齢的に使えない人におすすめです。

ボタン2

バイタルウェーブ

バイタルウェーブ紹介画像

ボタン2

バイタルウェーブ特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • 価格が安い
  • 30日間の全額返金保証制度あり

いくつかあるキャピキシル配合育毛剤の中で”一番安価”なのがこのバイタルウェーブになります。

もちろんそのキャピキシルも少量ではなく5%配合されており、その他にも成長因子が2%配合、それに加え注目の育毛成分リデンシルも配合されていますが、リデンシルについてはその配合量を公開していません。

ただ、バイタルウェーブは新技術のC.I.P設計を採用しており、

  • Component:頭皮の専門家が頭皮を健康な状態にするエビデンスに基づいた育毛成分を追求して配合
  • Infiltrate:ジラウロイルグルタミン酸、シクロヘキサン-1、4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール等を配合して作られる独自の浸透ブースターが肌のバリアをすり抜けて、頭皮の角質層へアプローチ
  • Protect:モンモリロナイトという岩石に近い粘土が肌の表面にごく薄い膜を作り、肌を包むので、奥まで届いた育毛成分を逃さず閉じ込める

このC.I.P設計が育毛成分を確実に頭皮に届けてくれます。

それに加え定期コースだと1~2回目は8,200円3回目以降は8,080円7回目以降は7,980円とキャピキシル配合育毛剤の中では一番安価で、いつでも停止・休止ができる上に30日間の全額返金保証がついているので、キャピキシルを試してみたい方にはぜひおすすめです。

ボタン2

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

リデンシルの効果と威力は、まさに育毛の期待の星と言えるでしょう。

今後、その効果がいろいろな人に認められれば、育毛をする上での第一選択肢になるかもしれませんね。