最初の2週間が大事!自毛植毛手術後のシャンプー方法

植毛手術をした後のシャンプーは注意が必要です。

自毛植毛後は頭にたくさんのかさぶたがありますし、植え込んだばかりの髪の毛がまだ定着していないままだからです。

しかし、汗や皮脂で頭がまみれてしまうのは頭皮環境も悪くなるためシャンプーは必要なんですが、「どうやったらいいか分からない…」と不安になりますよね。

そこで今回は、傷が治り、定着するまでの2週間どのようなシャンプーをするべきかをまとめてみました。

1.植毛手術後のシャンプー方法

植毛手術後のシャンプーは、

  • 手術当日
  • 翌日~1週間
  • 1週間~2週間
  • 2週間以降

の経過ごとに意識するポイントが違います。

2週間というのは、移植した部分の大体の傷が治り、毛が定着するまでの期間です。

この2週間での頭皮ケアが定着率を左右するといっても過言ではないので、意識して行ってみてください。

FUE法、FUT法ともにおおよその過程は以下の通りです。

1.植毛手術後のシャンプー方法

手術当日

手術当日

手術当日はドナーとして切り取った部分を包帯で圧迫していたり、移植した部分が腫れているので入浴は禁止です。

夏場など頭が蒸れやすい時期は気持ち悪いかもしれませんが、濡らすと強く痛む可能性がありますし、移植した毛に刺激が加わって抜けてしまうことがないよう注意するようにしましょう。

体を洗うことは可能ですが、蒸気で頭が濡れてしまうこともありますし、なるべく手術前に入浴を済ませておいた方が無難です。

翌日~1週間

翌日~1週間

翌日から包帯が取れ、シャワーを浴びることが出来ますが、濡らす程度にしておきましょう。

まだ頭皮は移植部・ドナー部ともにデリケートですが、皮脂や汗・術中に出て固まった血などは軽く濡らすだけでも十分流せます

注意すべき点は、強い水圧は頭皮の刺激になるのでシャワーは直接患部に当てず、手をあてがうなどしてなるべく水圧を下げましょう

シャンプーに関しては、しっかり流せないと頭皮環境を悪化させることになるので、3日目頃までは控えましょう

使うシャンプーはアミノ酸シャンプーベビー用シャンプーなど、低刺激のものを使い、患部以外の気になる部分を洗うに留めておくと無難です。

シャンプー後は患部をこすらないよう、タオルでやさしく抑え、ドライヤーも温風は控え冷風でゆっくりと乾かすことで、刺激を抑えて定着率をアップさせます。

1週間~2週間

1週間~2週間

1週間すると患部の腫れや傷も回復してくるので、患部へのシャンプーを行えるようになります。

この頃には、頭がかさぶただらけになり痒みもあるかと思いますが、優しく指の腹で洗うことを心掛け、強い刺激をゴシゴシと与える洗い方をしないようにしましょう

シャンプーをすることでかさぶたや植毛した毛が一緒に取れてしまうことがありますが、自然に取れたものであれば気にすることはありません

痛みを感じる際は無理に行わず、適度な力加減で行うようにしましょう。

2週間以降

2週間以降

2週間が経つ頃には患部の傷も回復し、植毛した毛も定着してきますので、いつも通り入浴を行って構いません

シャンプーもいつも通りで構いませんが、ゴシゴシと爪を立てて洗うのではなく指の腹を使って頭皮をマッサージするようにしっかり洗う正しいシャンプーを行うとで、頭皮がより綺麗になりますし、頭皮の血流促進にもなり、定着した髪の毛をしっかり育てていくことが出来ます。

以下の記事では、正しいシャンプーの流れや、話題のシャンプー方法「髪様シャンプー」について詳しく記載していますので、是非読んでみてください。
今日からできる!頭皮を完璧にケアする究極のシャンプー方法

大事をとって、低刺激のシャンプーから通常のシャンプーや育毛シャンプーに切り替えるのも、これくらいからにしましょう。

しかし、通常のシャンプーに戻して皮膚トラブルが起こった場合には、まだ頭皮が敏感な状態なので低刺激のシャンプーに戻すとともに、クリニックで移植部の様子を見てもらう方がよいでしょう。

ショックロスが起こった時は

植毛手術後から数週間すると、植毛した部分やそれ以外の部分の毛が一時的に抜け落ちてしまう「ショックロス(初期脱毛)」が起こることがあります。

ショックロスが起きると「失敗したのかもしれない」と不安になるかと思いますが、植毛手術で受けたダメージを回復し、ヘアサイクルを整えるための正常な脱毛といわれているので、焦らず様子を見てみてくださいね。

ショックロスはAGA治療や育毛剤でも起こることがあり、ショックロスへの対応はこちらに書いていますので是非ご覧ください。
AGA治療開始後すぐに起こる「初期脱毛」は効果が出ているサイン

2.パーマやカラーは術後1か月から

植毛手術後のパーマやカラーは1か月後から可能です。

しかし、すぐに2回目の植毛を受ける予定がある場合は髪の毛を傷めてドナーとして優秀な髪の毛を採取することが難しくなってしまう可能性があるので避けましょう。

カラーやパーマ自体、頭皮に強い刺激を与えるので、薄毛予防を考えるのなら極力行わないようにするのがよいでしょう。

パーマとはげの関係については、以下の記事をご覧ください。
パーマをかけるとはげやすくなるというのは本当か?

また、その他にもヘルメットや喫煙・飲酒などが植毛手術後には規制されるので、以下をよく確認しておきましょう。

植毛手術後に規制されるもの

仕事等で、早めにヘルメットやかつらを着用しなければならない事情がある際には、必ず植毛手術を受けたクリニックで確認を取りましょう。

3.まとめ

いかがでしたか?

植毛手術を受けた当日は気持ち悪くてもシャンプーは避け、傷の治りや定着を待ってからシャンプーを行うようにしてくださいね。

パーマやカラーは術後から一定の期間をおいて行い、頭皮の状態をよく考慮してみてください。

しばらくはしっかりと頭皮を休ませ、これから生えてくる毛の為の頭皮環境を整えていってください。