これってAGA!?AGAと若はげの関係と対策方法

AGA 若はげ

「まだ若いのに抜け毛が。。。」
「最近髪の毛が細くなってきた気がするな~」
「ひょっとしたら若はげかも?」

最初のうちは「危険な気がする」と思いながらも、まだ大丈夫だろうと油断してしまいます。

ただ、AGAという言葉が一般的になった事も含め、「AGAという薄毛の病気なんじゃないか?」と不安になる男性が非常に増えています。

正確に言うと、AGAは病気ではなく生理現象ですが、薄毛になってしまうという事に変わりはなく、自力で治癒するのは非常に難しいです。

そこで今回は、若はげとAGAの関係や若はげの改善方法をご紹介します。

1.AGAは病気ではない

AGAは男性型脱毛症の事で、病気ではなく一種の生理現象と言われています。

若はげを調べると、

  • 若年性脱毛症(20~30代)
  • 壮年性脱毛症(30~50代)
  • 老人性脱毛症(60代以上)

という脱毛症をよく目にするかと思いますが、若年性脱毛症と壮年せい脱毛症は年齢が違うだけで、AGAと考えて問題ありません。

老人性脱毛症とは

老人性脱毛症とは、簡単に言うと老化になります。

何か特定の原因があるわけではなく、細胞が老いてしまうことで、髪の毛が抜けていく症状になります。

2.若くしてAGAになる原因は?

若いのにAGAになってしまう原因は次の5つになります。

wakahagenogennin

原因1.遺伝の問題

AGAは、アンドロゲンリセプターという遺伝子にDHTという男性ホルモンが結びつくことが原因で引き起こされる脱毛症です。

また、AGAの原因となるDHTも5αリダクターゼという酵素と他の男性ホルモンが結びついてできますが、この5αリダクターゼの量も遺伝によって決まります。

このように、AGAは遺伝による影響を強く受けますが、AGAの治療を受けることで改善できるので、「遺伝だから。。。」とあきらめる必要はありません。

若はげが遺伝するメカニズムについてはこちらの記事に詳しく書いてありますので、参考にしてみてください。
「若はげは遺伝のせい?~本当の原因と予防するための方法とは~」

原因2.生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、さまざまな病気に影響しますが、AGAや薄毛も例外ではありません。

次にご紹介するホルモンバランスの乱れや血行不良の原因になることはもちろん、栄養不足や睡眠不足など、頭皮にとってよくない身体になっていきます。

原因3.ホルモンバランスの乱れ

AGAは男性ホルモンの影響を強く受けるため、ホルモンバランスが乱れてしまうと、AGAになるリスクが高まったり、薄毛の進行度合いが早まってしまいます。

原因4.血行不良

頭皮にとって、血行が良いというのは非常に重要で、血行が悪くなると頭皮に栄養が届かなくなり、抜け毛や髪の毛が成長しきらないという問題が生じます。

原因5.ヘアケアの間違い

男性は女性に比べ、どうしてもヘアケアというものに疎い傾向があります。

その結果

  • 髪の毛を十分に濡らさないままシャンプーをする
  • 頭皮への刺激が強いシャンプーを使う
  • シャンプーの洗い残しがある
  • 髪の毛を十分に乾かさない
  • 髪の分け目を毎日同じにしてしまう
    ・・・・

このような髪の毛の負担になる行動をよくとってしまい、薄毛になってしまいます。

3.若はげの対策

これから、自宅でできる若はげの対策方法をご紹介していきますが、すでに若はげの自覚がある場合は、専門のクリニックに行くことをオススメします。

効果的な若はげ対策は次の3つになります。

wakahagenotaisaku

対策1.生活習慣を改善する

可能な範囲で大丈夫なので、今より生活習慣を改善するだけで、薄毛対策をすることができます。

生活習慣をなるべく良いものにできれば、ホルモンバランスの乱れや血行不良など、薄毛の他の原因解決にも繋がるので、薄毛対策の第一歩といえます。

生活習慣が乱れる原因や対策についてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。
「生活習慣でホルモンバランスが崩れる5つの要因と整える方法」

対策2.血流をよくする

しっかり湯船に浸かったり、頭皮マッサージをしたり、肩こりを解消したりして、頭皮の血流を改善します。

もちろん、健康的な食事をすることで、血液をキレイにし頭皮へ多くの栄養を届けるということも重要ですが、まずはできる範囲で血流を改善していきましょう。

血行不良の原因と改善方法は下記記事にてご確認ください。
「男性にも血行不良?原因と改善するための方法」

対策3.対策正しいヘアケアを行う

先ほど、間違ったヘアケアをご紹介しましたが、ああいった点に注意してヘアケアを行うだけでも、だいぶ頭皮へのダメージを軽減することができます。

まずはできる範囲で、ヘアケアに気を使うようにしましょう。

特に髪の洗い方は重要になりますので、下記記事でより詳しくご紹介しています。
「薄毛改善!絶対にやってはいけないヘアケアと正しい頭皮ケア」

4.若はげの改善方法

実際に若はげになっている場合、AGAであってもなくても、専門のクリニックで治療を受けることが最も確実で安全な改善方法になります。

クリニックで受け取ることができる薬を個人的に輸入することもできますが、専門家の診断の基実行することをオススメします。

AGAで使用する薬は、ただ飲めばよいというものではなく、用法用量を守らないと危険な副作用が起こってしまうので、くれぐれも個人的な輸入はしないようにしてください。

5.まとめ

若はげは若年性脱毛症と呼ばれていますが、AGAという認識で問題ありません。

AGAの対策は個人的に行うことができますが、実際にAGAを実感している場合は、専門のクリニックで診断を受け、プロと一緒に解決していくことをおすすめします。