中学生でも起こり得る!つむじから始まる若はげの原因と対処法とは

若はげ つむじ

【2018/1/18更新】

若い人に起こる脱毛症、いわゆる若はげにはつむじから進行が始まっていくものがあります。

つむじだと自分では見えない分、気が付かない人も多く、人に指摘されて初めて気が付くものです。

薄毛になるタイプには複数あり、前髪が後退するタイプもあればつむじからのものもありますが、どうしてこのように別れるのでしょうか

そこで今回は、つむじから起こる若はげについてご紹介します。

この記事では薄毛のタイプ原因、その対処法までをご紹介します。

0.若はげの定義 

若はげとは10代~30代がなる薄毛、若年性脱毛症のことを言います。

一般的に若はげという病名は無く、例えば薄毛の原因が同じだったとしても50代の薄毛を若はげとは呼ばず、10代~30代前半くらいの若そうな人の薄毛を私たちは若はげと呼んでいます。

つまり、年齢に差はありますが若はげの原因は50代や60代と同じ原因で脱毛が起きているのです。

また、薄毛の9割がAGAと言われており、若はげもAGAである事が非常に多いです。

つまり、つむじから始まる若はげもAGAの可能性が非常に高いです。

1.薄毛のタイプ 

若はげの原因でもあるAGAには下記のようなタイプがあります。

  • M字
  • U字
  • O字

それでは一つずつご紹介していきます。

M 

「M字ハゲ」と呼ばれるこのタイプ、前髪から後退が始まるタイプです。

その後、頭頂部を残しつつ進行していき、最後は後頭部と側頭部しか残らなくなってしまいます

生え際にはもともと血管が少なく治療効果も出にくい他、炎症も起こりやすいのでAGAの中でも特に治りにくいものだと言われています。

M字薄毛の特徴

若はげとM字に関してはこちらの記事でもご紹介していますので、参考にしてみてください。
「若いのにM字薄毛!?若はげのせいでM字になる原因と対策を徹底解説」

U 

このタイプも前頭部から薄くなっていくタイプですが、先ほどのM字と違い、このタイプは中央部に髪の毛を残さず、全体的に後退した後の形が「U」に見えるので、この名前で呼ばれています。

こちらも最終的には後頭部と側頭部にのみ髪の毛を残す形になり、次にご紹介するO型と複合して発生する人も少なからずいるようです。

O 

頭頂部、つむじ付近から始まる薄毛のタイプでその進行の仕方がアルファベットの「O」に見えるのでO字薄毛と呼ばれています。

つむじから始まる若はげもこれに分類され、気付いた時には薄毛がかなり進行しているという事もあります。

また、M字やO字などと結合し進んでいくことも多いので要注意のタイプです。

つむじから始まる若はげに限らず、どのタイプも若はげとして現れる可能性は十分にあります

ではもしも、そうなった時にどうすれば良いのか、その対処法をご紹介します。

2.若はげの対処法~お金をかけない対処法~ 

お金をかけずに行う対処法としては下記のようなものがあります。

  • 生活習慣の改善する
  • シャンプーのやり方を改善する
  • 紫外線をカットする
  • 頭皮マッサージをする

生活習慣を改善する 

生活習慣とは具体的に言うと、

  • きちんと眠る
  • 適度に運動をする
  • ストレスを解消する
  • バランスの良い食事をとる

というようなことになります。

若はげを改善するために生活習慣を見直すことは最も重要な要素の一つで、若い人は生活が昼夜逆転してしまったり、不規則な食生活が続いたりと、何かと生活習慣が乱れがちです。

もちろん予定があってどうしても改善できない日もあるかとは思いますが、なるべく続けることでホルモンボランスも整い、AGAの原因でもあるDHTの発生を抑制することができます。

AGA治療の現場でも生活習慣の改善はAGA治療の基本ともなりますので、ぜひ明日からでもやってみてください。

シャンプーのやり方を改善する 

髪の毛には正しい洗い方があり、間違ったやり方をしてしまうと逆に頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

ポイントとしては、指の腹を使い頭皮を揉んでやるようなイメージで洗うと良いです。

正しいシャンプーのやり方

シャンプーやり方については下記記事にて詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。
「AGAに効果のあるシャンプーってあるの?薄毛とシャンプーの関係性」

紫外線をカットする 

紫外線は頭皮や毛母細胞にダメージを与え、髪が成長せず弱いまま抜けてしまう原因を作ってしまいます。

また紫外線を受けることで糖化という現象が起こり、頭皮が固くなってしまうので血流不良を引き起こし髪の毛に栄養が行き届かなくなります

紫外線をカットするために、帽子を被る日傘を使う等の対策を摂りましょう。

紫外線をカットする

頭皮マッサージをする 

頭皮マッサージをすることで血流を促進することができます。

それにより髪の毛まで栄養が行き届きやすくなり、成長を促すことができます。

欠点としては効果が非常に見えにくいのですが、頭皮を柔らかくし毛穴に詰まった皮脂汚れを浮き出させる効果もありますので、シャンプーを併せて行うと頭皮環境も整えてくれます。

3.若はげの対処法~お金をかけてやる対処法~ 

お金をかけて行う対処法としては下記のようなものがあります。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリメント

上記のような対策を取る場合、男性ホルモンの分泌に関わる成分が含まれている商品は未成年にとっては危険が伴う場合もありますので、ミノキシジルやフィナステリド等の成分が配合されていないものを使用してください。

育毛剤 

育毛剤でつむじから始まる薄毛にも対処することができます。

進行の進んでしまった薄毛に対しては効果が薄いですが、まだ若い人だと新陳代謝が活発なのもあり、育毛剤だけでも場合によっては改善する可能性があります。

ただし進行度合いによっては改善にならない場合もあり、治療費用は比較的安く済みますが、10代の未成年にはおすすめできない育毛剤もありますので注意してください。

若はげと育毛剤について書いた記事がありますのでこちらも参考にしてみてください。
「若はげには育毛剤で戦え!育毛剤の効果と若はげへの対策を徹底解説」

育毛シャンプー 

育毛シャンプー単体では薄毛を改善する力はありませんが、

  • 頭皮環境改善
  • 脱毛防止

といった効果があります、

シャンプー特有の洗い流すという特性上、重要なサポート役として薄毛の人にかなり重宝されており、育毛剤と併用している人が多いです。

若はげと育毛シャンプーについてはこちらの記事に詳しく書いてありますのでぜひ参考にしてみてください。
「育毛シャンプーだけでは若はげは治らない?その理由と若はげ対策」

育毛サプリ 

育毛サプリも育毛シャンプーと同じく、単体で薄毛を改善するのは難しいのですが、

  • 育毛に必要な栄養素の補給
  • 血行を促進
  • 脱毛を抑制

するなどの効果があります。

普段の食生活では摂りきれない栄養素を補給するということにも繋がりますので、健康になるという点でも一役買ってくれそうですね。

育毛サプリの勧め

若はげと育毛サプリに関しては下記記事に詳細がありますので参考にしてみてください。
「自宅で育毛したい方必見!育毛サプリでの若はげ対策を徹底解説!」

「【価格別】抜け毛に効くサプリメント! 5000円以下でコスパ◎」

4.まとめ 

いかがでしたでしょうか。

つむじから始まる薄毛もAGAの症状の一つなので、まずはお金をかけない対処法から始めてみましょう。

薄毛が治るまでに時間はかかるものですが、若いうちですと新陳代謝も活発で効果の実感も早いと思うので、あきらめずにコツコツ続けてみてください。