若いのにM字薄毛!?若はげのせいでM字になる原因と対策を徹底解説

アイキャッチ

【2018/1/18 更新】

若い人がなってしまう若年性脱毛症、いわゆる若はげには様々なタイプがあります。

その中でも生え際が後退し、M字薄毛になってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、そんなM字薄毛を改善するためにやるべきことをまとめてみました。

この記事では、若はげでM字になってしまうその原因と、無料で出来る対策、お金をかけて行う対策などについてもご紹介します。

0.若はげの定義 

若はげとは10代~30代がなる薄毛、若年性脱毛症のことを言います。

一般的に若はげという病名は無く、例えば薄毛の原因が同じだったとしても50代の薄毛を若はげとは呼ばず、10代~30代前半くらいの若そうな人の薄毛を私たちは若はげと呼んでいます。

つまり、年齢に差はありますが若はげの原因は50代や60代と同じ原因で脱毛が起きているのです。

また、薄毛の9割がAGAと言われており、若はげもAGAである事が非常に多いです。

それを踏まえてここから若はげとM字薄毛についてご紹介していきたいと思います。

1.M字薄毛の原因 

生え際が後退し、M字薄毛になってしまうのには下記のような原因があります。

  • AGA
  • 牽引性脱毛症

それでは、一つずつ説明していきたいと思います。

AGA 

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれており、成人の薄毛男性の9割がAGAだと言われています。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の影響により非常に強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になるのですが、このDHTが脱毛シグナルを発信し、脱毛をしていくというのがAGAになります。

AGAにもタイプがあり、どこから脱毛していくのかという違いがあるのですが、その中の一つに前髪の生え際が後退していくタイプがあり、若はげのM字薄毛の原因の一つはこれになります。

AGA説明イラスト

牽引性脱毛症 

髪の毛が引っ張られるような髪型をしている人に起こる脱毛症で、強く引っ張られている部分が抜けてしまいます。

この脱毛症は女性に多く、ポニーテールのような髪型を長時間していると、引っ張られている部分の血流が悪化し、髪の毛がうまく成長せずに抜けやすい髪の毛が増えていきます。

特にボンパドールオールバックのようなおでこを出すヘアアレンジはM字部分に関係してきます。

牽引性脱毛症説明イラスト

2.自分の症状を把握しよう 

自分がM字はげであるかを知る方法として、生え際と頭頂線との長さが2cm以内であるかどうかで判断することが出来ます。

生え際後退の判断基準

これは現在でも薄毛治療専門のクリニックの医師の多くが使用している「ハミルトン・ノーウッド分類」に基づいた判断方法になります。

その他にも、

  • 頭皮の硬さを調べる
  • 前髪から抜けた毛の毛根を調べる

なども方法もありますが、上記イラストの方法で確認するのが一番確実です。

~ハミルトン・ノーウッド分類とは?~ 

アメリカのハミルトン医師が薄毛の度合いごとに分類したものを、後にノーウッド医師がⅠ型~Ⅶ型までの7段階、頭頂部から薄毛が進むvertex型を含めて9つの進行タイプに分けたものです。

AGAによる薄毛がどれくらい進行したのかを判断する基準として、今でも多くの医療現場で使われています。

hamilton-norwood

M字のほかにも、「O字」「U字」の薄毛があります。

それぞれの見分け方は、写真で解説しているこちらの記事を見てみてください。
若はげの見分け方とその原因・対策まとめ【写真あり】

3.M字薄毛への対策~無料で出来るもの~ 

対策として無料で出来るものには下記のようなものがあります。

  • 生活習慣の改善
  • 頭皮マッサージ
  • ストレスを発散する

生活習慣の改善 

これはどんな薄毛の症状にも共通していることですが、生活習慣を改善することで、脱毛を抑制することが出来ます。

生活習慣の方法としては、

  • 食生活の改善
  • 睡眠時間の見直し
  • 運動不足の解消
  • 飲酒、喫煙の制限

などがあります。

生活習慣の改善説明イラスト

頭皮マッサージ 

頭皮マッサージで血流を促進することにより、育毛を促します。

効果は見えづらいかもしれませんが、頭皮を柔らかくし、皮脂汚れを浮き出させる効果もあります。

頭皮マッサージ説明イラスト

ストレスを発散する 

ストレスを溜め込むことでそれが抜け毛にも繋がってしまうので、定期的にストレスを発散しましょう。

現代社会を生きる上で、ストレスと無縁のまま生きていくのはなかなか難しいです。

ですので、ストレスを溜め込まないように、自分のための時間を作り、ストレスを発散しましょう。

ストレス解消説明イラスト

4.M字薄毛への対策~お金をかけて出来るもの~

無料ではできない、お金をかけてやる対策としては下記のようなものがあります。

  • 育毛剤の使用
  • 薄毛治療専門クリニックを受診する

育毛剤の使用 

薬局やドラッグストアで市販されている育毛剤でも、M字薄毛を改善することが出来ます。

育毛剤には育毛効果だけではなく、脱毛を予防したり、血行を促進する効果のあるものもあります。

ドラッグストアなどで売っている医薬部外品のものなら副作用も少なく、手軽に使用出来るので、お手軽に使ってみたいという場合は医薬部外品の物を試してみてください。

育毛剤説明イラスト

ちなみにおすすめの育毛剤として、「プランテル」というものがあり、これはM字薄毛に特化した育毛剤として発売していますので、参考にしてみてください。

「プランテル」公式サイトへ

また、若はげと育毛剤についてを詳しく書いた記事が下記にありますのでこちらも参考にしてみてください。
「若はげには育毛剤で戦え!育毛剤の効果と若はげへの対策を徹底解説」

薄毛治療専門クリニックを受診する 

クリニックで見てもらうことで原因や、それにあった治療法を的確に提示してくれます。

また、医師の処方がなければ服用出来ない治療薬などもクリニックを受診することで購入することが出来ますので、一番安心出来る対策方法です。

ただ、薄毛治療には即効性がなく平均で6ヶ月ほど治療期間が必要になるため、その間受診費用がかかってきますし、通院しなければなりません。

経済的に余裕があり、安心・安全に薄毛を治療していきたい人にはおすすめです。

クリニックを受診する説明イラスト

若はげとクリニックに関しての詳細はこちらの記事に書いてありますので参考にしてみてください。
「若はげはクリニックで治療しよう!クリニックの選び方やおすすめクリニック」

5.まとめ 

いかがでしたでしょうか。

薄毛を改善するという事はある程度時間がかかるものなので、この記事でご紹介した対処法を継続して行うことが大切になります。

また、若はげを治療するにあたって、生活習慣の改善はどのクリニックでも指導されるものですので、明日から出来ることでも良いので少しずつ始めてみてください。