あなたは大丈夫?若はげを防止するための7つの方法と自分の状態を知る

若はげ 防止

近年、若年性脱毛症、いわゆる若はげに悩む人の数は増加傾向にあります。

しかし、誰にでも起こる可能性があるとしてもできれば若はげにはなりたくないですよね。。。

そこで今回は、若はげを防止するという事に焦点を当ててみました。

この記事ではまず、自分の状態を知り、若はげになりやすいかどうかを知った後で、具体的な若はげの予防策についてご紹介します。

0.若はげの定義 

若はげとは10代~30代がなる薄毛、若年性脱毛症のことを言います。

一般的に若はげという病名は無く、例えば薄毛の原因が同じだったとしても50代の薄毛を若はげとは呼ばず、10代~30代前半くらいの若そうな人の薄毛を私たちは若はげと呼んでいます。

つまり、年齢に差はありますが若はげの原因は50代や60代と同じ原因で脱毛が起きているのです。

若はげに関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてみてください。
「若はげの全てがまるわかり!~原因・対策や、今似合う髪型まで~」

1.自分の状態をチェック 

まずは自分の頭皮環境がどのような状態なのか、いくつかの項目を用意したので簡単に診断してみてください。

チェックボックス










いくつ当てはまったでしょうか?

それでは診断結果を発表したいと思います。

2.こんな人は要注意! 

0~3項目当てはまった方 

今の状況ではそんなに若はげを心配することもないでしょう!

しかし、自分で少しでも気になる点があれば頭皮ケアに力をいれるようにしましょう。

4~7項目当てはまった方 

怪しい状況です。

このままの生活を続けていくといつか薄毛になってしまう可能性もありますので、一つでもチェックできる項目を減らせるように頑張ってください。

8~10項目当てはまった方 

いつ薄毛になってもおかしくないような状況です…!

チェック項目を一つでも減らせるようにしつつ、頭皮や抜け毛等で気になったことがあればすぐにでも行動を起こせるように準備しておきましょう。

また上記のセルフチェックは簡単なものですが、実際に若はげになる人には下記のような特徴があります。

  • 親族に薄毛の人がいる、遺伝による薄毛の人
  • 食事や睡眠時間など、生活習慣の乱れによる薄毛の人
  • パーマやカラーリングなどを頻繁にする、頭皮への負担による薄毛の人

・・・

これ以外にも薄毛の原因はあるので、上記のチェック項目に当てはまらなくても薄毛になってしまう可能性はあります。

3.若はげの予防方法お金をかけずにできる方法

お金をかけずにできる予防方法としては下記のようなものがあります。

  • 生活習慣の改善する
  • シャンプーのやり方を改善する
  • 紫外線をカットする
  • 頭皮マッサージをする

生活習慣を改善する 

生活習慣とは具体的に言うと、

  • きちんと眠る
  • 適度に運動をする
  • ストレスを解消する
  • バランスの良い食事をとる

というようなことになります。

もちろん、できない日もあるかとは思いますが、なるべく続けることでホルモンバランスも整い、AGAの原因でもあるDHTの発生を抑制することができます

生活習慣の改善方法

シャンプーのやり方を改善する 

髪の毛には正しい洗い方があり、間違ったやり方をしてしまうと逆に頭皮を傷つけてしまう可能性があります。

ポイントとしては、指の腹を使い頭皮を揉んでやるようなイメージで洗うと良いです。

正しいシャンプーのやり方

シャンプーやり方については下記記事にて詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。
「AGAに効果のあるシャンプーってあるの?薄毛とシャンプーの関係性」

紫外線をカットする 

紫外線は頭皮や毛母細胞にダメージを与え、髪が成長せず弱いまま抜けてしまう原因を作ってしまいます。

また紫外線を受けることで糖化という現象が起こり、頭皮が固くなってしまうので、血流不良を引き起こし髪の毛に栄養が行き届かなくなります。

紫外線をカットするために、帽子を被る日傘を使う等の対策を取りましょう。

紫外線をカットする

頭皮マッサージをする 

頭皮マッサージをすることで血流を促進することができます。

それにより、髪の毛まで栄養が行き届きやすくなり、成長を促すことができます

欠点としては効果が非常に見えにくいのですが、頭皮を柔らかくし毛穴に詰まった皮脂汚れを浮き出させる効果もありますので、シャンプーを併せて行うと頭皮環境も整えてくれます。

頭皮マッサージをする

そして、親指は固定したまま残りの4本の指の腹でゆっくり上下したり、円を描くようにしてマッサージをすると良いでしょう。

4.若はげの予防方法~お金をかけて行う方法~

お金をかけて行う予防方法としては下記のようなものがあります。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリメント

それではこちらも一つずつご紹介します。

育毛剤 

育毛剤は薄毛になってしまった人が使うイメージをお持ちかもしれませんが、実は予防する目的で使っている人もたくさんいます

ドラッグストアや薬局などで市販されている育毛剤は「医薬部外品」に分類されており、これ単体ではしっかりした育毛は出来ませんが、予防するなら医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

ただ、「医薬品」に指定されている育毛剤に関しては、「医薬部外品」よりも効果が強く副作用も現れる危険性があるため、薄毛予防というよりかは薄毛改善に向いています

おすすめの育毛剤

若はげと育毛剤について書いた記事がありますのでこちらも参考にしてみてください。
「若はげには育毛剤で戦え!育毛剤の効果と若はげへの対策を徹底解説」

育毛シャンプー 

育毛シャンプー単体では薄毛を改善する力はありませんが、

  • 頭皮環境改善
  • 脱毛防止

には最適のアイテムになります。

シャンプー特有の洗い流すという特性上、単体では薄毛の完全は難しいですが、重要なサポート役として薄毛の人にかなり重宝されています。

育毛シャンプーの勧め

若はげと育毛シャンプーについてはこちらの記事に詳しく書いてありますのでぜひ参考にしてみてください。
「育毛シャンプーだけでは若はげは治らない?その理由と若はげ対策」

育毛サプリ 

育毛サプリも育毛シャンプーと同じく、単体で薄毛を改善するのは難しいのですが、

  • 育毛に必要な栄養素の補給
  • 血行を促進
  • 脱毛を抑制

するなどの効果があります。

普段の食生活では摂りきれない栄養素を補給するということにも繋がりますので、健康になるという点でも一役買ってくれそうですね。

育毛サプリの勧め

若はげと育毛サプリに関しては下記に関連記事に詳細がありますので参考にしてみてください。
「自宅で育毛したい方必見!育毛サプリでの若はげ対策を徹底解説!」
「【価格別】抜け毛に効くサプリメント! 5000円以下でコスパ◎」

4.まとめ 

いかがでしたでしょうか。

まだ若はげになっていない人でも、今後なってしまう可能性は十分にあります。

なかなか難しいかもしれませんが、小さなことから始めるというのでも良いので、この記事でご紹介した予防法をぜひ実践してみてください。