若はげの治療の全てをご紹介!若はげ対策はこれでばっちり

若はげ 治療

若年性脱毛症、いわゆる若はげに悩む人は実は意外と多いです。

しかし、その治療にはどんな方法があるのか、どれくらい費用がかかるのかと不安に思い、治療に踏み出せない方も多くいます。

そこで今回は、若はげの治療についてまとめてみました。

この記事では、若はげの治療にはどんな方法があるのかおすすめのクリニックや育毛セット、さらには明日から出来る対策もご紹介します。

0.若はげの定義

若はげとは10代~30代がなる薄毛、若年性脱毛症のことを言います。

一般的に若はげという病名は無く、例えば薄毛の原因が同じだったとしても50代の薄毛を若はげとは呼ばず、10代~30代前半くらいの若そうな人の薄毛を私たちは若はげと呼んでいます。

つまり、年齢に差はありますが若はげの原因は50代や60代と同じ原因で脱毛が起きているのです。

また、薄毛の9割がAGAと言われており、若はげもAGAである事が非常に多いです。

それを踏まえてここから若はげの治療についてご紹介していきたいと思います。

1.若はげの治療法

若はげの治療法には大きく分けて、

  • 自宅でできる治療法
  • クリニックでできる治療法

の2種類があります。

若はげは0章でもご紹介した通り、AGAの確率が非常に高いので、これからご紹介する方法は、AGAの方も出来るような治療法になっています。

2.自宅で出来る治療法

自宅でできる治療法として下記のようなものがあります。

  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリ

育毛剤

薬局やドラッグストアで市販されている育毛剤、真っ先に思いつく人も多いのではないでしょうか。

育毛剤にはきちんと育毛効果はありますが、単体で使用する場合には薄毛を予防する段階か、まだ進行が始まったばかりの症状が薄い場合にしか効果は表れにくいです。

ただ、それは「医薬部外品」として薬局、ドラッグストアで販売されているものの話で、「医薬品」のリアップだけは強い血行促進効果があるので単体でもそれなりの効果を発揮する代わりに、副作用も出てきます。

育毛剤の効果2

若はげと育毛剤の詳しいことはこちらの記事を参考にしてみてください。
「若はげには育毛剤で戦え!育毛剤の効果と若はげへの対策を徹底解説」

育毛シャンプー

育毛シャンプーでは薄毛の根本原因にアプローチすることが出来ませんが、含まれている成分が頭皮環境をきれいに整えてくれるため、育毛しやすい環境を作ってくれます。

また、育毛剤との相性が非常に良いため、育毛剤と併用する人がかなり多いです。

育毛シャンプーの効果2

若はげと育毛シャンプーについての詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。
「育毛シャンプーだけでは若はげは治らない?その理由と若はげ対策」

育毛サプリ

育毛サプリも育毛シャンプーと同じく、頭皮環境を整えるサポート的な役割を果たしてくれます。

ただ、育毛シャンプーと違う点として、飲むことで体内に直接取り入れるので育毛のための成分だけではなく、栄養素の補給をすることも出来ます

育毛サプリも育毛剤と相性が良いので、育毛サプリを服用する場合は育毛剤を一緒に使用しましょう。

育毛サプリの効果2

若はげと育毛サプリについての詳しいことは下記記事を参考にしてみてください。
「自宅で育毛したい方必見!育毛サプリでの若はげ対策を徹底解説」

3.クリニックでの治療

薄毛専門クリニックの治療には下記のようなものがあります。

  • 治療薬による治療
  • 頭皮への注射による治療
  • 増毛や植毛などによる治療

それでは1つずつ紹介していきます、

治療薬による治療 

AGA治療薬、プロペシアミノキシジルなどを使用し根本原因へアプローチする治療法です。

これはAGA治療の現場では第一に考えられる治療法で、薄毛の原因でもある男性ホルモンをプロペシアで抑制し、髪の毛に栄養を与えて育てるためにミノキシジルで血行を促進することで薄毛を改善していく方法です。

どちらも薬も効果や副作用が強いため医師の処方が必要になります。

治療薬による治療

頭皮への注射による治療

頭皮への注射による治療には下記の2種類があります。

  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法

この二つの違いとしては注入する成分に違いがあります。

配合されている成分自体はクリニックによって差はありますが、ビタミンやミネラルアミノ酸成長因子などが含まれています。

成分以外の違いとしては注入方法(使用する注射器等)くらいしかないので、育毛メソセラピーとHARG療法の違いはあいまいになってきています

頭皮注射による治療2

増毛や植毛による治療

増毛や植毛で髪の毛を増やし薄毛を改善する方法です。

アプローチとしては、かつらに近いような方法ですので根本原因の改善は出来ません。

増毛と植毛の違いとして、増毛は自分の髪の毛に人口網を結び付けたり、人工毛がついたシートを張り付けたりする方法で、植毛は一度施術をするとやり直すことが出来ませんが、自分の髪の毛を移植するのでかなり自然な仕上がりになります。

しかし、若はげに悩むような若い方には、増毛や植毛は最終手段にしてほしいと思います。

理由としては、植毛はかなり値段が高く、増毛はたびたびメンテナンスが必要ですので、まずは治療薬や育毛剤等で治療してからでも遅くはないからです。

増毛や植毛による治療

クリニックの詳細については下記記事にてご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。
「若はげはクリニックで治療しよう!クリニックの選び方やおすすめクリニック」

若はげ治療は保険適用外

若はげをはじめ、薄毛など毛髪に関する治療は保険が効かない自由診療なため、高額な費用がかかってしまいます。

保険適用外になってしまう理由は、生命に直接影響を与えず、容姿の改善を求めた美容整形と同じ「審美目的」とみなされるためです。

医療ローンを組むことも出来ますが、月々の返済額や将来の計画も見据えた上で検討するようにしましょう。

できるだけ費用を抑える方法について、こちらの記事を是非参考にしてみてください。
若はげ治療は保険適用外…!治療費を抑える4つの方法

4.おすすめの育毛セット

ここではおすすめの育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリをご紹介します。

ポリピュアEX

ポリピュアEX画像

ボタン2

ここがおすすめ

  • 1本で約2カ月使える
  • 定期購入した際の費用が一番安い

ポリピュアEXの推しとしては成分量と浸透性のバランスを考え開発された新メソッド「IMBシステム」を採用しているところです。

IMBシステムには下記の3つの特徴があります。

  • 独自成分バイオパップスを濃縮に配合した「IMBシステム-1」
  • 新発想の特徴成分バイオポリリン酸を30%増量した「IMBシステム-2」
  • 独自の浸透設計1/10億分ナノサイズ粒子を採用した「IMBシステム-3」

バイオパップスという新成分は、海洋酵母から抽出された成分でヘアサイクルの成長期に焦点をあてて開発された成分です。

また、前回リニューアル時に30%増量していたバイオポリリン酸がさらに30%増量し濃密に配合されています。

その他にも成分が含まれていますが、届かなければ意味がないという事で1/10億分ナノサイズ粒子を採用し、頭皮の角質層まで届くようになっています。

良いところは成分だけでなく1本で約2カ月使えるため、定期コースの場合送料が無料で1日約113円前後で使用することができ、コスパも非常に良いです。

気に入った人には「スーパー定期」というコースもあり、こちらは3カ月間育毛剤とサプリも付いて20,400円となっており、通常の定期コースと比べてサプリが無料で付いてくるコースもあります。

ボタン2

ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメント 

ボタニストボタニカルシャンプー画像

ボタン2

ボタニストボタニカルシャンプー特徴紹介画像

ここがおすすめ

  • 490mlで税込1,512円なのでお財布にやさしい
  • ダブルフレグランスでリッチな香り

ボタニスト ボタニカルシャンプーの良いところは安価で大容量なのに、成分にもきちんとこだわっているところです。

モイストスムーススカルプという3種類のタイプがありますが、それによって含まれている成分に若干の違いはあります。

しかしボタニカルという名前だけあって、どれもこだわりの植物由来成分を配合しており、弱酸性のせっけん成分になっているので、汚れを落としつつ、やさしく洗えます。

また、ダブルフレグランスという、異なる2種類の香りをミックスすることで今までにない華やかなでやさしい香りを楽しむことができ、この香りの虜になり、リピーターになった人も少なくありません。

ボタン2

IQOSサプリEX 

イクオスサプリEXの画像

ボタン2

イクオスサプリ特徴

ここがおすすめ!

  • 圧倒的な成分数
  • 定期購入だと比較的安い値段で購入することが出来る

2016年にリニューアル、他の育毛サプリと倍以上の差をつける程の圧倒的な成分量と、定期購入することによる価格の安さが1位の理由になります。

発毛促進効果のある成分はもちろん、抜け毛対策のための成分やアミノ酸、ビタミン類など、髪の毛のための成分が多く配合されており、しかも他の育毛サプリと違う点として、その分量まで記載していることが信頼できますね。

さらに、+2,600円で育毛剤のイクオスもついてくるプランもありセットで買えばかなりお得になります。

もちろん育毛サプリ単体でもかなり良いサポートをしてくれますので、育毛剤と一緒に使えばよりはやく薄毛が改善するのではないでしょうか。 

ボタン2

5.おすすめのクリニック

AGAスキンクリニック 

AGAスキンクリニック画像

ボタン2

AGAスキンクリニック特徴画像

ここがおすすめ

  • 全国に医院があり、情報を共有しているためどこにいても通院出来る
  • 様々なキャンペーンを行っているため、割引サービスが充実

このAGAスキンクリニックは全国に49の医院があり、患者の情報は全て共有しているので非常に通いやすく、例えば出張で遠方に行かなければならなくなった場合でも、その遠方で治療の続きを受けることが出来ます。

また、大きな特徴としてオリジナル発毛薬「Rebirth」(内服薬+外用薬)というものを処方しており、この発毛薬には

  • フィナステリド
  • ミノキシジル
  • ビタミン
  • 酢酸トコフェロール
  • 亜鉛

など、その他の有効成分をバランスよく配合しており、これ一つでAGAの根本原因を抑制しつつ発毛・育毛へのアプローチも出来る画期的な治療薬になります。

ボタン2

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック画像

ボタン2

AGAヘアクリニック特徴画像

ここがおすすめ

  • 治療にかかる費用が安い
  • 遠方の方も少ない通院回数で済む

AGAヘアクリニックの特徴としては、遠方の方もテレビ電話やスマホアプリで診察が受けられ、処方薬も配送してもらえるので通院回数はかなり少なくすることが出来ます。

これは日本どこにいても出来るので、通院が難しい場所に済んでいる方には最適なクリニックです。

また、初診料・再診料がかからないので純粋に治療にかかる代金のみを支払う形になるのも嬉しいですね。

ボタン2

ヘアメディカル 

ヘアメディカル画像

ボタン2

ヘアメディカル特徴画像

ここがおすすめ

  • 大学病院と共同研究や医療提携をしているため、最新の治療を受けられる
  • 症例数が豊富なので、自分に似たタイプの薄毛の治療法が分かる

ヘアメディカルは日本で初めて薄毛を治療し始めた頭髪治療専門クリニックとして、3万症例以上を手掛ける専門医師と大学病院との頭髪研究や医療連携などを行い、常に薄毛治療の最前線を行くクリニックです。

治療院数は東京、名古屋、大阪、福岡にしかありませんが、この薄毛治療を求めに遠方からでも人が通院することも、実績を見れば頷けますね。

また、来院ごとに治療費を払っていく明朗会計を取り入れているので悪質なローンへの勧誘がないのですが、その反面、医療ローンの取り扱いもないので、その点は注意が必要です。

ボタン2

6.明日から出来る対策

「治療」とまではいきませんが、明日からでも出来る対策をご紹介します。

生活習慣の改善

不規則な生活習慣は薄毛を引き起こす要因の一つとして、クリニックの医師も必ずといっていいほど注意しています。

生活習慣とは主に、

  • 睡眠
  • 食生活
  • 運動
  • ストレス
  • 飲酒、喫煙の制限

などになります。

簡単に言うと、しっかり睡眠をとるバランスの良い食事をする遠回りして帰る、などちょっとしたことで良いので改めていくだけで、若はげによる脱毛を抑えることが出来ます。

髪型を変える

髪の毛を短くしたり、たばねて隠したりと、髪型を変えることで薄毛の部分を隠すことが出来ます。

これはごまかしになってしまうかもしれませんが、ストレスを減らすことにも繋がりますし簡単に出来ることなので、髪の毛を切っても良いなと思える人はぜひやってみてください。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

治療法には様々な種類があり、若はげの進行状況によって選べる治療法も異なってくるとは思います。

治療には即効性がなく、費用もそれなりにかかってきますので、治療する際は無理せず出来る方法を選びましょう。